ハワイの海洋深層水で育てられているアワビ

アロハ〜、スタッフのゆいです。
今日は、私がちょっとハマっているものを紹介します。

それは、アワビ丼!アワビと言えば、高級食材ですよね。高いんでしょうねと思われる方もいるかもしれませんが、私がハマっているということは、お手頃ってことなのでご安心ください。

まず、ハワイのアワビについてご説明します。このアワビは、ハワイ島にある「ビックアイランド・アバロニ」(英語でアワビを「アバロニ」と言います)で養殖されていいます。こちらの会社の代表は、日本人の新井さんです。やっぱり、アワビの味を知っているのは、日本人ですね!そしてここには、美味しいアワビを育てるための深いこだわりがあるんです。

”Big Island Abalone Corporation (BIAC) はハワイ島の Kona Coast (コナ・コースト) で最高級品質のエゾアワビを養殖しています。カイルア・コナ国際空港にほど近いケアホレ・ポイントにある陸上施設は10エーカー(約40,500㎡)の広さを誇り、世界でも最大級の養殖施設です。 BIACで養殖しているアワビは日本特産のエゾアワビです。生でお刺身にしても、あるいは火を通して調理してもとても美味しいアワビです。このエゾアワビは、コナ・アバロニのブランドとして、東京、ワイキキ、ラスベガス、ロサンジェルス、サンフランシスコ、ニューヨークなどの高級レストランのシェフ達から、その品質に対して高い評価を受けています。

ここのアワビは、海抜900メートルから組み上げた海洋深層水で育てられているそうです。そして、アワビが、快適に育つように温度調整も年間を通して欠かせないそうです。お水は、いつもかけ流し!贅沢ですね。美味しいアワビが成長するのに、最高の環境を用意しているんですね。

さて、ではどこでこの「アワビ丼」が食べられるのかというと、アラモアナショツピングセンター内にあるフードコード「マカイマーケット」です。

私がハマっている「アワビ丼」は、こちら! 11ドルです。ご飯の上に海藻、その上に刻んだアワビがのってます❤︎この味付けが、また美味しくて、つるっと食べちゃいます。

そして、お味噌汁には、アワビが丸ごと!

その他のメニューです。アワビの炊き込みご飯も美味しそうです。フードコートで気軽に食べられるところがいいですね。

焼きアワビ。ポン酢をかけると最高です。この焼きアワビは、ホノルル近辺のファーマーズマーケットでもよく見かけます。

ショーウィンドウには、殻付きのアワビが並んでいます。

お土産用のアワビの缶詰も売ってます。開けてすぐ食べられるようになっています。

こちらもお土産にいいかも。ハワイ島、コナのお塩とふりかけ。

食べてみてくださいね!

Big Island Abalone
Ala Moana Shopping Center, Makai Market
1450 Ala Moana Blvd.
tel:808-941-4120
open: 9:00am – 21:00pm (月〜土)
   10:00am – 19:00pm (日)

関連するまとめ

ハワイで数多くの取材&撮影してきた料理の中でいちばん衝撃をうけたのはコレ!

雑誌などのメディア撮影で数多くのレストラン・カフェに取材撮影をした中で、最もインパクトのあった逸品を紹介いた…

スタッフランチ情報ー丸亀うどんワイキキ

丸亀うどんワイキキは、現地スタッフが頑張っています。

ドルフィン&ユー

ドルフィン&ユーは、手つかずの自然とたくさんのパワースポットが混在するオアフ島のウェストサイドにて、海の天使といわれる野生のイルカや海の守り神と崇められるホヌと一緒に泳ぐツアーです。元祖「野生のイルカと泳ぐツアー」として、1989年にハワイで初めて開始してから今年で25周年。10万人以上のお客様に笑顔と癒しをお届けしてきました。ハワイの海を知り尽くしたロコのクルーと日本語対応のガイドたちが一生に一度の思い出作りをナビゲートします。