ブランドにこだわらず、本当にお肌にあったものを選べるシステム。

ハワイアンコスメももちろん素敵ですが、ハワイだからこそ買える日本には入荷されていない世界のコスメも魅力ですよね。

おススメなのは、大型コスメ専門店「Sephora(セフォラ)」。

デパートなどで化粧品を買おうと思うと、一つのブランドで化粧水からクリーム、ファンデーションなど全てをそろえてしまいがち。

でも、せっかく何万円も使って同じラインでそろえてみても「化粧水は好きだけど、アイクリームは肌にあわないみたい・・。」なんて経験をしたガールズはたくさんいるはず・・・。

けれど、セフォラのコンセプトは「ブランドの垣根を超え、それぞれに一番あったものを選ぶ」というもの。

だから、「化粧水と乳液はAブランド、保湿クリームはBで、ファンデと日焼け止めはCブランドのもの。」という風に選べ、同じブランドでそろえる必要がないのです。

だから、自分のお肌やライフスタイルにあったもの、予算にあったもの、を店内のおよそ900を超える商品の中から見つけることができるのです。

スタッフのサポートがすごい!あなたにぴったり、を選んでくれます。

でも「そんなにあったら、どれを選んでよいかわからない!」って思いますよね。
だからこそ、セフォラなんです。スタッフがプロの目でぴったりの商品を選んでくれます。
例えばこの日、私はリキッドファンデーションを購入したかったので、スタッフの方に手伝って頂きました。

まずは、私の肌質をチェック。

そのあと
1 仕上がりがナチュラルになるカラー。(白すぎないこと)
2 カバー力あり。
3 マット系
という私の希望を考え、スタッフの方が選んでくれたのが「Giorgio Arman(アルマーニ)のものと「Dior(ディオール)」のもの。どちらも実際にメイクして、肌になじむかどうかを見せてくれました。

そして、色がより私の肌に合っていたのが、ディオールの「フォーエバー」というファンデーション、21番。カバー力はあるのにナチュラル。
納得してお買い物ができました。

家に帰って実際、以前のものと比べてみた写真がコレ!

少しわかりにくいかもしれませんが、以前のものでは私の今の肌に、少しダークすぎたんですね。
選んでもらったディオールのもの、今は全く首の色との違和感なく使えています。

セフォラだけのオリジナルパッケージがお得!!

「ブランドの垣根がない」ので、こんなアイテムが売られていたりします。
「Sephora Favorite(セフォラフェイバリット)」。
人気の10ブランドの保湿クリームを集めたお試しセット。セフォラのオリジナルパッケージです。

使ってみて本当に気に入ったものがあれば、その通常サイズを買えばよいので、無駄にすることがありません。

ちなみに私は、ウワサに聞いていた「Dr.Jart +(ドクタージャート)」の「Water Drop(ウォータードロップ)」という、本当に水のようなテクスチャーの保湿クリームが気に入りました!

ちなみにドクタージャートは、韓国の21人の皮膚科医たちによって開発されたコスメライン。ウワサどおりの優秀コスメでした。
これはのちほど大きなサイズをお買い上げするつもりです。

しかもお値段もグンとお得!
保湿クリームの他にもシーズンによって、リップのセットや、パフュームのセットなどなど販売されるので、マストチェックですよ

ハワイのセフォラは、コスメ好きにはたまらないワンダーランド。色々お試ししながら、日本未発売ものや日本よりはるかにお得なコスメが買えるのも嬉しいし、自分では使わない色のアイカラーやリップを、スタッフに選んでもらうのも楽しいですよ。

ぜひ、ハワイで自分らしい綺麗、見つけてみて下さいね。


ハワイからMahalo.
ノリエ ヴォイノヴィッチ

関連するまとめ

ハワイ アバサスパに行ってみました!みなさんにレポートです。

ハワイのアバサスパに行ってみました。とてもよかったので、今度行かれる方にアバサスパの御紹介です。

肌美人の常識!化粧ノリが悪い時にすべき5つの事

時間がない朝でも外出する時に化粧は必須。 でも何だか化粧ノリが悪い・・・そんな日ありますよね。 1日の始…

【後編】芸能人にも大人気!ハワイに来たら絶対欲しいコスメ土産『Belle Vie(ベ…

最新のコスメや日本未発売の話題の化粧品をいつも取り揃えている、ハワイのコスメショップが『Belle Vie(…

関連するキーワード

ノリエ・ヴォイノヴィッチ

Norie Voinovich(ノリエ ヴォイノヴィッチ)プロフィール

ハワイ唯一のコスメライター。アナウンサー。
ハワイの素材を使ったハワイアンコスメをこよなく愛し、農園まで取材に行き、生産者へインタビュー。自らが生活の中で使って、本当に良いと思ったコスメだけを記事にするスタイルにこだわる。

JTBハワイストのコスメコラムを長く担当。
ハワイスタイル、ハワイ本、ホノルル本など、コスメ、美容に関する記事、自らのライフスタイルを書いたエッセイなど掲載雑誌は多数。
またアナウンサーとして、美容、ライフスタイル、コスメについてのセミナーなどでも活躍。

2005年、国連ハビタットを支援するボランティア団体「ハビタットフレンズ仙台」を設立。日本で初めて国連組織を民間が支援、ボランティアに関わる組織団体代表として就任、アジア各国の孤児院やアフリカプロジェクトに携わる。
2011年より日本ハビタット協会理事に就任、現在に至る。

プライベートでは2016年、ヨーロッパ人男性と3度目の結婚。