多くの人が短期留学で来るハワイ・・・

比較的治安も良く、日本から気軽に行きやすい、皆に馴染みのあるハワイは、多くの人が語学留学先に選びます。

さて、大学や大学院など正規の学士、修士号取得のための留学でない短期語学留学の場合、語学習得の効果はあるのか・・・と気になるところですよね。

1ヶ月未満の短期留学の場合は正直『体験型』です。海外へ行き、現地の暮らしを体験し、ちょっと語学学校で英語も勉強してみようかな・・・という人には1ヶ月未満の体験型留学も良いと思います。

ただし、学校や、クラスメイト、先生に慣れるまで少し時間がかかりますから慣れた頃に『はい、終了!』となります。ww

日本人以外の様々な学生と触れ合ったり、一緒に出かけたりということはなかなか日本では出来ないのでこういう機会を利用して自分の友達の輪を広めることも出来ますよね。

ハワイの語学学校はアメリカの本土の語学学校に比べ授業もゆるいです。

昔見学に行った学校の先生に『宿題はどの位出しますか?』と聞いたところ
笑いながら、『宿題なんか出したってやらないわよ。テキスト持って午後にはサーフィンに行っちゃうんだからー』と話していました。

ハワイという土地柄、勉強もするけどバケーションも楽しむよー!というヨーロッパ勢も多いです。特にスイス人。不思議とハワイはスイス人の学生が多いのよー。日本人と同じくらいの数居ますよ。びっくりね。

この体験型留学の場合は語学力の向上はあまり期待できません。期間が短すぎるのでカバーできる範囲が少なすぎるからです。恐らく1ヶ月程度ではテキストも1章くらいでしょう。大抵テキストは10章から15章くらいまではあるのでその10分の1くらいしか出来ないからそこは期待しないほうが良さそうです。

それよりも、先生やクラスメイトとFacebookを交換して帰国後もみんなをフォローしたり、メッセージを送りあったりする相手が出来た!という『出会い』は持って帰れますね。

この体験型留学をするか、語学学校は行かずにホームステイをするか、いずれかである程度『海外生活体験』はできます。自分がどんなスタイルのほうが過ごしやすいか・・・ということを考えて検討しましょう。

関連するまとめ

ファーマーズマーケットだけじゃない!KCCのすごいところ

土曜日になると開催されるKCCのファーマーズマーケット。新鮮な野菜や、出来立ての地元の料理が食べられると話題…

クムフラの資格を持つ日本人Mari Hayesによる整体コアフラタヒチクラスとは?

整体コア、フラ、タヒチダンスをミックスしたダンスクラスのご紹介です。

あのサザンの◯◯さんが校長先生のカラカウア通りにあるウクレレスクール

ハワイで人気のウクレレ・フラスクールです。日本で先生をやっている人が習いにきます。講師陣が秀逸です。

michi_kailua

東京出身。現在6歳になるゴールデンレトリーバーのTIKI(息子くん)とHANA(娘ちゃん)2匹のママ。現在カリフォルニア出身のダンナさんとオアフ島のカイルアに住んでいます。

東京、フィラデルフィア、サンディエゴ・・と暮らしてきた後にたどり着いたのは、ここハワイ。
ハワイ州認定不動産取扱士のライセンスを取得し現在は夫婦で日本とハワイのお客様に向けてハワイ不動産売買のサポートをしています。

アロハガールでは「いつか私もハワイに住みたい!」と日本で頑張る女子に向けて「本音のハワイ」「ハワイ移住へのステップ」をお話ししちゃいます。

ごくごく平凡な私が実現できた「ハワイ移住」、私が出来れば皆も出来る!

大切なのはアクションを起こせるか・・・です。自分を信じてハワイを引き寄せましょう♡

その他、カイルアステイプログラムのウェブサイトはこちらです。
www.hawaiilifesgtyles.net
(4泊6日のショートステイ カイルアステイプログラム)