こんにちは。ハワイ在住 ”水中”フォトグラファーのマルです。

突然ですが来年の年明けの1月3日〜30日まで、ホノルルのワード地区にある「Canon U.S.A Photo Gallery 」にて写真展を開催します。



タイトルは「The ”DEEP BLUE” of Honolulu」。

ホノルル近海、とりわけワイキキ沖で撮影された水中写真をメインに展示構成しています。

「The ”DEEP BLUE” of Honolulu」

私はハワイに来るまでは日本のスクーバダイビングの雑誌のカメラマンとして仕事をしていました。

ハワイに移住してからも定期的にダイビングを続けており、水中撮影の依頼もいただくようになってきました(主にテレビの撮影だけど)。

でもハワイに遊びに来てくれる皆さんにとって、ハワイのスクーバダイビングってまだ馴染みがないんじゃないかなって思うのです。

過去に

「ハワイのスクーバダイビングってどうなの!?」

「ホノルル在住者がスクーバダイビングをするべき5つの理由」

の記事で、ホノルルのダイビングは実は素晴らしいポテンシャルを持っているということを訴えてきました。

今回は実際の写真プリントをご覧いただきながら、ホノルルの水中世界を少しでも感じていただければと思います。そしてホノルルで潜ってみたいなって人が増えてくれたらいいなと。

写真展は入場無料です

会場となる「Canon U.S.A Photo Gallery 」の場所等は下記をご確認ください。

写真展は入場無料です。

また1月3日の11時〜13時に行われるオープニングレセプションでは私も在廊します。

レセプションでは軽食も用意されています(無料です。キャノンさん太っ腹!)。

ホノルル在住者の皆さん、年始にハワイに訪れる皆さん、ぜひご来場ください。

写真展で展示する写真の一部。ぜひプリントを見てください (PHOTO/Tomohito Ishimaru)

(PHOTO/Tomohito Ishimaru)

しかし自分は普段の仕事はNIKON、動画はSONYのカメラを使ってて、今までCANONさんはほとんど使ったことない。なのにこんな機会を与えてくれて、「Canon U.S.A Photo Gallery 」さんに感謝! あ、プリンターはCanonです。



そして、私のホノルルでの水中撮影活動をサポートしていただいている「Breeze Hawaii」さんにも大感謝! シンさん、ヒデキさん、いつもありがとうございます!

ホノルルでダイビングをしてみたいなって思ったら、下記のホームページにまずアクセスよろしくお願いします。

Photo & Text by TOMOHITO ISHI”MARU” 石丸智仁

※本記事の写真及び文章の転載は一切禁止です

★★★★ ハワイ・オアフ島で写真好き、ハワイ好きの方のためのツアー形式の写真撮影講座を開催中 ★★★★

↑ ↑ ↑ ↑
現地在住プロカメラマンがオアフ島のフォトジェニックなポイントを1日かけてご案内し、現地で直接撮影方法を指導します。一眼レフはもちろん、スマホ参加も大歓迎。

関連するまとめ

アラモアナ・ショッピングセンターのサンデー・ファーマーズマーケットに行って来ました

アラモアナショッピングセンターで日曜日の午前中に開かれるファーマーズマーケットのレポートです。

野生のイルカと泳ぐツアー『ドルフィン&ユー』が新ブランド『アンド・ユー・クリエーショ…

イルカと泳ぐツアーのドルフィン&ユーが新ブランド『アンドユークリエーションズ』を立ち上げました!そのご紹介と…

フォトグラファーMaru

ハワイ・ワイキキ在住フォトグラファーのTOMOHITO ISHIMARU(石丸智仁)です。
こちらでは”Maru”と呼ばれています。
東京で13年間の出版社カメラマン生活を経てハワイに移住。
現地で日本やローカル向けの雑誌、広告等の撮影をメインに活動しています。
日本の書店に並んでいる女性誌や男性誌のハワイ特集、旅行雑誌、ガイドブックなどで僕の写真が使われていますのでぜひチェックしてみてください。

撮影活動と同時にハワイ好き、写真好きな観光客の方向けに参加者ご自身にハワイのステキなシーンを撮影していただくツアー「ALOHA PHOTO Academy&Tours」を開催しています。
現地在住カメラマンがオアフ島のフォトジェニックなポイントに1日かけてご案内し、
直接現場で撮影のコツを伝授。一眼レフからスマホの方まで参加可能です。

ALOHA PHOTO Academy & Tours ホームページ
http://apt-hawaii.com