こんにちは。ハワイ在住”違いの分かるフォトグラファー”のマルです。

ハワイ土産の定番といえば 「コーヒー」でございます。

旅行者のみなさんもお土産としてほとんどの人が買ってますよね。

スーパーやお土産屋さんにに行くとコナコーヒーをはじめとしたハワイアンコーヒーがずらり並んでますね。迷うくらいに。

さてみなさん、コーヒーをお土産で買ってちゃんと飲んでますか?

日本に帰って飲んでみて「あれ? ハワイで飲んだ時の方が美味しかったな。。。」なんてことはありませんか?

そんでもってその理由として「やっぱりハワイのあの空気の中で飲むから美味しく感じたのかな?」 なんてよく考えずにコーヒーを濁して、じゃなくてお茶を濁していませんか? でもちょっと考えてみましょう。

それ、コーヒーの淹れ方に問題があるんじゃない?

自己流の淹れ方では、コーヒー本来の味や風味が損なわれる可能性が高い。

そりゃそうですよね、コーヒーに限らずどんな良質な素材も適切に扱わなければ本来のパフォーマンスは望めません。



でも正しいコーヒーの淹れ方ってどうやるの?

ネットをググればそれらしいハウツー記事はいくらでも出てくるでしょう。

でもせっかくですから、淹れ方をバリスタに直接習いませんか?

しかもハワイで。それも日本語で!

ALOHA COFFEE LABでコーヒーの淹れ方を教わってきたよ〜

ワイキキのほど近くで、日本人バリスタから直接コーヒーの淹れ方を教わることができるのが ALOHA COFFEE LAB です。

ここに最初に訪れたのは取材だったのですが、撮影しながら講義を聞いていてムクムクと「俺もちゃんと習いて〜」的気分が爆発し、撮影後にその場で予約してその2週間後くらいにプライベートで受講してきました。

撮影でハワイのいろいろ場所を訪れてますが、その場予約はなかなかないです(笑)

ALOHA COFFEE LABの内観。講座は全て少人数なので椅子も少なく、教室というより友達の家のキッチンに来たみたいな雰囲気 (Photo/Tomohito Ishimaru)

バリスタの桑原さん。ALOHA COFFEE LABは桑原さん夫妻が経営してて、講座はお二人が直接教えてくれます(Photo/Tomohito Ishimaru)

ALOHA COFFEE LAB はワイキキのエリアからアラモアナ方面に一本入った場所にあります。センチュリーセンターというガラス張りのビルの6階にあります。かなり目立つビルなんでわかりやすいです。

センチュリーセンターの場所はここです。

DFSから歩いたら20分くらいかな。ハワイコンベンションセンターの向かいのビルです。

ドン・キホーテから歩いてすぐなので、ここでコーヒーを勉強してからドンキに行ってお土産コーヒーを選ぶのもよいですね。

そして講義の内容ですが、現在ALOHA COFFEE LAB では3つのコースが用意されています。

美味しいコーヒーの淹れ方教室 Ⅰ 90分/料金1名 $38+Tax

※基本的なコーヒーの知識と淹れ方を学ぶ



美味しいコーヒーの淹れ方教室 ⅠⅠ 90分/料金1名 $38+Tax

※カフェラテ、カプチーノの作りのコース。ラテアートも習えます



美味しいコーヒーの淹れ方教室 ⅠⅠⅠ 90分/料金1名 $45+Tax

※上記 ⅠまたはⅡをマンツーマンで受けるコース

美味しいコーヒーの淹れ方教室 Ⅰを受講してみたよ

僕は最も基本的な「美味しいコーヒーの淹れ方教室 Ⅰ」を受講しました。

講座はコーヒーの起源と歴史、世界の産地とその特徴などの説明からスタートします。

テレビ画面で図解などが展開されてわかりやすいです(Photo/Tomohito Ishimaru)

講義にはテキストが用意されてます。もちろん持ち帰りOKなので必死にメモる必要もありません。家に帰ったらこのテキストを見ながらコーヒーを入れればバッチリです(Photo/Tomohito Ishimaru)

いやもうスタートからして濃いです。いや、出されたコーヒーではなく授業の内容がですよ。「へぇ」とか「がってん」ボタンがあったら30回くらい押してたんじゃないかな。

例えばコーヒーって、赤道近辺の地域で作られますが、そう考えると実はハワイのコーヒーって先進国で唯一作られているコーヒーなんですって。先進国ならではの品質管理を考えたらハワイのコーヒーが多少価格が高くていのも納得ですよね。

奥が深いコーヒーの世界、でも知れば知るほど楽しいのです。

桑原さんが産地別、淹れ方別に分けて淹れてくれたコーヒーを飲み比べる。見た目は大差ないのに風味が全く違うことに驚きます(Photo/Tomohito Ishimaru)

そしてひと通りの講義が終わると、実際の淹れ方の実習です。

コーヒーフィルターの処置の方法、豆の量、お湯の注ぎ方と時間配分。

詳しくは皆さんも実際に講義を受けてもらって実感してもらいたいのですが、お湯の注ぎ方ひとつ、注ぐ時の時間配分ひとつでコーヒーが全然違ってくるんです。

もうびっくりしますよ。そりゃ適当に淹れてたらうまく淹れられないのは当たり前だし、毎回違う味になっちゃうよな〜 ってことを実感。

桑原さんが目の前で注ぎ方を教えてくれます(Photo/Tomohito Ishimaru)

お湯を入れたときに泡が立つのはコーヒーが新鮮な証拠なんですって。講座はそんなコーヒートリビアの連続です(Photo/Tomohito Ishimaru)

いやもうあっという間の90分でしたよ。たかがコーヒー、されどコーヒー。

ちゃんと学べば奥が深いし、その価値のあるものです。

知識なくやれば毎朝コーヒーを淹れる作業はただのルーティンです。でもしっかり学んでわかっててやれば、コーヒーを淹れるのは作業ではなく楽しみになります。

何というか違いがわかる感じ?(笑) ←若い人にはわからないかな。。。

翌日の朝、いつもと違ってじっくりコーヒーを淹れてみたら、なんか男の格が上がった気さえしてきましたよ。たぶん気のせいだけど。



しかしそんな大充実の90分の講座がひとり38ドルってめちゃ安くないですか??

しかもマンツーマンコースでも45ドルですよ。これでは人件費はもちろんこの場所の維持費もでるのか?? と心配になってしまう。。。



桑原さんはバリスタですが、ハワイや日本のたくさんの喫茶店&レストランをクライアントにして「コーヒーコンサルタント」をしています。それぞれのお店の特性や客層を分析して、どのコーヒーをどの器具を使ってどの淹れ方で提供するかなどを提案したり、コーヒー豆を卸したりしているビジネスマン。

ですから僕が思うにALOHA COFFEE LABで儲けようとは考えてないのでしょう。

いちユーザーと向き合って、コーヒーのことを学んでもらってコーヒーをもっと好きになってもらって。それが悦びなんじゃないかなと。

だって本当に楽しそうなんですよ。桑原さんも奥さんもコーヒーのことを話している姿が。講座のときも、新しい豆が入ってその風味はどうこうでとか、夫婦でコーヒーの話をしているのを見ていると、なんだかこちらも楽しくなってくるほど。

夫婦のどちらかがコーヒー好きで、どちらかがそれに付き合って支えてるとかじゃないんです。どっちもコーヒーが好き。だからこそ出せるその雰囲気なんでしょうね。

講座はホームページから申し込めるよ〜

ALOHA COFFEE LAB の講座は下記のホームページから直接申し込めます。

講座はフレキシブルに開講してくれるので、ぜひ気軽に参加してみてください。

わずかなお金と時間で毎朝自分で淹れるコーヒーが楽しみになります。本当にオススメですよ。お土産のハワイコーヒーの味わいが格段にアップすること確実です。

またALOHA COFFEE LAB さんが手がけているコーヒーが楽しめるお店はハワイと日本にあります。そのうち幾つかを紹介します。

【ハワイ】

ドンキ近くで Aloha Coffee Lab PanAm Kiosk

ワイキキなら Coffee Shop 831

カイムキならCafe Delight



【日本】

埼玉に 埼玉ホリデーコーヒー

大阪に リノアンドアイアコーヒー

ハワイにしばらく行くチャンスがないという方や、講座を受ける時間が取れない方は、まずはこれらのお店でコーヒーを楽しんでみてはいかがでしょうか?

Photo & Text by TOMOHITO ISHI”MARU” 石丸智仁

※本記事の写真及び文章の転載は一切禁止です

★★★★ ハワイ・オアフ島で写真好き、ハワイ好きの方のためのツアー形式の写真撮影講座を開催中 ★★★★

↑ ↑ ↑ ↑
現地在住プロカメラマンがオアフ島のフォトジェニックなポイントを1日かけてご案内し、現地で直接撮影方法を指導します。一眼レフはもちろん、スマホ参加も大歓迎。

関連するまとめ

アロハ的ロコファミリーのアメリカ独立記念日の過ごし方♡

ロコの友達の家庭の独立記念日のパーティに呼ばれて行ってきました。

変わるワード・カカアコエリア!ここがおススメスポット!

話題のカカアコ・ワードエリアの最新情報をご提供します。

モアナルアガーデンで「この木なんの木」を見るだけじゃもったいない!

もうお馴染みの日立の木ですが、歴史を知るともっとハワイと繋がれます。

フォトグラファーMaru

ハワイ・ワイキキ在住フォトグラファーのTOMOHITO ISHIMARU(石丸智仁)です。
こちらでは”Maru”と呼ばれています。
東京で13年間の出版社カメラマン生活を経てハワイに移住。
現地で日本やローカル向けの雑誌、広告等の撮影をメインに活動しています。
日本の書店に並んでいる女性誌や男性誌のハワイ特集、旅行雑誌、ガイドブックなどで僕の写真が使われていますのでぜひチェックしてみてください。

撮影活動と同時にハワイ好き、写真好きな観光客の方向けに参加者ご自身にハワイのステキなシーンを撮影していただくツアー「ALOHA PHOTO Academy&Tours」を開催しています。
現地在住カメラマンがオアフ島のフォトジェニックなポイントに1日かけてご案内し、
直接現場で撮影のコツを伝授。一眼レフからスマホの方まで参加可能です。

ALOHA PHOTO Academy & Tours ホームページ
http://apt-hawaii.com