こんにちわ、Kanaeです。

知っていますか?

ハワイで3ベッドルームを借りた場合の家賃。

なんと平均月2,691ドル!もします。

ワイキキやダウンタウンに近いと3,000ドルは超えるところも。

『買った方が得なのか?』

果たして、そうなのでしょうか?

だとしたら、何がどうお得なのか?

今回は、『賃貸VS購入』をレポートしてみました。

賃貸VS購入:特徴の違い

まず、購入VS賃貸の特徴を比較してみます。

(個人で家を買った/借りた場合)

*エクイティとは:不動産の時価からローン残高を差し引いた残りのことを指します。

ここで注目して欲しいことが2つあります。

①家賃はいつか値上がりします。

でもローンは毎月支払額が一定です。

ライフプランが立てやすくなりますね。

②ローン返済は『定期貯金』と考えてみる。

ローン完済とは『定期貯金』の満期!

評価額がupしていれば、『満額』プラスαもあるかも。

ハワイ不動産の評価額は年々、平均4.5%UP!

『ハワイの不動産は値上がりする?』の記事はこちらから読めます。

もちろん、満期になる前に売ることもできます。



一方、賃貸していた場合は、支払った家賃は戻ってきません、、、^^;

家賃と購入の違いはわかりましたね。

では、実際にどのくらいお得か見てましょう。

ここからがおもしろい!

賃貸VS購入:支払い額の違い

ワイキキの2寝室のコンドミニアム。

今買うといくらでしょう?

3月の中間価格によると、40万ドル(4,360万円)でした。

このコンドの2寝室は約40万ドル前後で売買されています。

これを借りると、だいたい2400ドル前後。

買った場合と借りた場合。

3年後に売ると仮定して比較しましょう!

まずは、支払い額

①住み始めにかかる経費

買う人:$96,000 (頭金20%+エスクローなどの諸経費)

借りる人:$2,400 (セキュリティデポジット)



当たり前ですが、買う方がお金かかりますね〜


②住み始めから3年目までの支払額

買う人:$70,556

=毎月のローン+固定資産税+管理費+保険

ローン利子部分と固定資産税は税金控除の対象ですので、節税相当額は差し引いてあります。



借りる人:$89,316

=毎月の家賃+テナント保険



おやおや、、、。

3年分の支払い額を見ると、借りる人の方が多く払っていますね。

税金控除が効いてますね。

買う人の方が安く済んでます。



③機会費用 (opportunity cost)

機会費用とは:最初に支払った頭金や諸経費を、他の投資に使ったと仮定した時、手に入れていたであろう利益を(実際は手に入れていないので)損失額として計算したもの。

買う人:$12,538

借りる人:$3,283

それはそうです。

買う人は頭金と諸経費で8万ドル以上も使ってしまっていますからね。



④3年目で売った場合の経費

買う人:$326,687

=残ったローンの支払い+不動産手数料+エスクロー代

借りる人:--------



【買ってから売るまでの支払い額の合計①〜④】

買う人: $505,781

借りる人: $94,999

いいえ。

物件を売ったお金をまだ計算に入れてませんよ〜

3年後に戻ってくる金額

売ったのですから、売ったお金が入ります。

借りてた人には『セキュリティデポジット』が戻ってきますね。

買う人: $424,483(3年後の物件の評価額。3年で6%up予測。ちなみに2012~2015年は約15%UP)

借りる人: $2,400

3年間の実質支払い額

3年間で支払った合計から戻り金を引きます。

買う人: $81,298 ($505,781-$424,483)

借りる人:$92,599 ($94,999-$2,400)

3年間で実質支払った金額は買う人の方が少ないことがわかります。

3年で$11,301節約したことになりますね!



ちなみに、、、。

10年経つと実質支払い額はこんなに違います

買う人: $208,940 ($696,537-$487,597)

借りる人:$372,081 ($374,481-$2,400)

買う人は借りる人よりも、10年で $163,141も節約できるのです!

この賃料VS購入のシュミレーションは

ご自分でもできます。

リンクは下記、↓ です。

コンドミニアムの賃料、

売値によっても多少差が出ます。



今、賃貸している方。

買ったら何年でどのくらい節約できるか?


知りたくなったら、

kanaeabe808@gmail.comへメール下さるか

808−228−1716までご連絡ください。

ご相談はいつでも無料です!

関連するまとめ

この記事を読まずにハワイ不動産を買ったら損するかも?

ハワイに不動産を買う前に知っておいて欲しい基本的なことを5つお伝えします。

なぜハワイの不動産は時代を問わず人気なのか?の理由

世界中に素敵なリゾート地が山ほどあるのに、沢山の有名人、芸能人の方たちさえも別荘としてハワイの不動産をお持ち…

いつかは泊まりたい!リッツ、トランプなど高級コンドに特化したバケレン会社のお話♡

話題のリッツカールトンワイキキ、トランプ等の高級コンドのバケレンを多く持つGaia Resortのご紹介です…

関連するキーワード

kanaehawaii

東京生まれ。小学校時代を鎌倉七里ガ浜(この頃に海と山がそばにある暮らしに魅せられる)、中学高校を東京で過ごし、高校最後の1年間をミシガン州の田舎で送る。学校ひいては村唯一のアジア人だったため、生きるため死に物狂いで英語を身につける。

帰国後、テンプル大学日本校(新宿区落合)に進学し2年がたったころ、ハワイに住みたくなりハワイ州立大学へ転校する。サーフィン、テニス、BBQ、キャンプとハワイの自然を思いっきり満喫しつつ、経済学専攻で卒業。

卒業後は、インターナショナルメディカルマーケティング、通訳翻訳、法律事務所を経て、ハワイ州不動産取引免許を取得する。ハワイ在住25年。元々、人助けが好きなことから『この仕事は天職だ!』と思ってやまない、オアフ島を知り尽くす日本人リアルター(不動産取引士)のひとりである。

ハワイ州、及び全米不動産協会会員。不動産上級課程修了(GRI)。全米不動産取引士のうち5%しか取得していない住宅スペシャリスト (Certified Residential Speciarist: CRS)に合格。他に、売り手代理人スペシャリスト (Seller Representative Specialist: SRS)、シニア専門不動産スペシャリスト (Seniors Real Estate Specialist: SRES) の資格を有する。

趣味:(実はもう25年続けている)フラ、(高校生からやってるのにちっともうまくならない)サーフィン、(まあまあの)ボディボード、(剥離骨折した)スノーボード、(なんちゃって1級の)スキー、(最初は左、次は右と、アキレス腱断裂をした)テニス、(怪我ない安全♪な)キャンプ、スピアフィッシング、素潜り、ハイキング、読書、映画鑑賞、編み物

これから挑戦したいこと:油絵、陶芸