"No Bananas!" ハワイに限らず各地で船長や漁師が信じている迷信

ALOHA!

イルカ大学、マンタ大学のANNAです。

今日、私が紹介するのは船に乗る前に知っておきたい大事な話。

バナナ!

おやつにはぴったりですよね〜。

でも、実はこのフルーツは海の人間は絶対に船に乗せないNGフルーツです。

漁師ほど迷信を信じる者はいない…その真相。

何世紀にも渡り、容赦のない海に出て漁をする漁師に運は一番大事だと言われています。

何事も起きて欲しくない… 危険が伴うこともある漁師は安全に家族の元へ、陸へ戻ることを望むため迷信を信じる他ないのです。

バナナは船に不吉を呼ぶ… 絶対船長や漁師が乗せたくない理由

その最大な理由はいたってシンプル。

バナナは不吉を呼ぶ、と言われています。

バナナを運ぶような船は漁をしない。この話の始まりは1700年代のカリブ海まで遡る。当時の木造帆船はバナナが腐る前にバナナを届けなければならない。漁師は快速の船で曳き縄をしなければならないからという。バナナが沈没の原因となったという話もある。この迷信が生まれてから人々はバナナを積まなくなったのだという。
むかしバナナには毒グモが付いている事が多かったらしい。このクモに噛まれると、激痛だけではなく運が悪ければ死に至ったとの事。
釣りを目的としている場合は不漁になってしまうし、
レジャー等であっても船にバナナを持ち込むのは
ハワイの人々は縁起が悪いとして避けています

などなど…バナナを船に積むといいことがないと信じられる理由がたくさんあるのです。

現役漁師がツアーボートの船長であるイルカ大学の船も、バナナは禁止です!

ローカルから海の伝説とも言われるイルカ大学一のイケメン、キャプテン・ヘンリー。

半世紀以上を海で過ごし、プロの漁師でもある彼が船長を務めるイルカの船はバナナ、厳禁!

バナナの果物自体ではなく、バナナ風味も禁止(笑)

アメリカ各地で信じられている迷信の一つですが、ハワイの住民は特に迷信を強く信じている方が多いので、その文化を尊重するのが私たち旅行者の役目でもあります。

ハワイといえば海。

船に乗って思いっきりENJOYする方、バナナはくれぐれもホテルに置いていってあげてください。

帰ってきた時のおやつにしましょう!

関連するまとめ

アロハ的ロコファミリーのアメリカ独立記念日の過ごし方♡

ロコの友達の家庭の独立記念日のパーティに呼ばれて行ってきました。

ハワイで人気!3つの『ナル』(Naru, Nalu, Nalu)のお話♡

ハワイで「ナル」と名乗るお店はどこも人気というお話です。

関連するキーワード

名門イルカ大学

「いつもまえむき」一生感動、一生青春をモットーに、ハワイの大自然とからたくさんのことを学ぶアクティビティツアー!