アラモアナショッピングセンターにある2つのフードコート

アメリカの食の話になると、楽しいのがフードコート!私(ゆい)もアメリカの語学学校へ行っていた時は、フードコートが大好きでした。安いし、いろんなものがあって、毎日が食べ物のお祭りみたい!

と言うことで、今日は、ハワイの代表的なフードコートがあるアラモアナショッピングセンターに潜入してきました。

アラモアナショッピングセンターには、2つのフードコードがあります。

マカイマーケット

まずは、マカイマーケット!「マカイ」は、ハワイ語で「海」。海側にあるマーケットってことです。一階のビーチ側にあります。ここは、バラエティーに飛んだいろいろな物が食べられます。

では、ちょっとだけランダムに紹介していきます。

まずは、ハワイの人達、みんな大好きだと思います。PANDA(パンダ)ここに行ったらオレンジチキンを食べてくださいね。

ハワイ伝統料理のPOI POWL(ポイボール)! ポイはタロイモを発酵させて作ったペーストみたいなものです。お味は、好き嫌いがあるかもですが、とってもヘルシーで身体にもいいと思いますよ。その他、カルアピッグ(蒸豚)やロコモコもありますよ。

ハワイ島産のアワビのお店です。アワビと言うと高いイメージですが、ここではリーズナブルなアワビが食べられます。私は、よくアワビポケ丼を食べます❤︎

こちらはアメリカの定番ステーキのお店。アメリカ人の旦那を持つ私は、月に2〜3回はここでリブアイステーキをお持ち帰りして、夕食を作るエネルギーをセーブしています(笑)

そして、アメリカを味わうならここもいいかも。ステーキのサンドイッチです。フレンチフライの種類もチーズがけとかチリがけとかザ・アメリカです。

他にもタイ、韓国、中華料理、チキンやガーリックシュリンプ、ハーゲンダッツパフェ、シナボン、などなど、いろんなものが味わえます。

マカイマーケットは、こんな感じです。始めてアラモアナショッピングセンターに来た人は、こちらがおすすめだと思います。外国の雰囲気を味わえるし、ローカルの食べ物はやっぱりこっちかなと思います。

白木屋

では、白木屋へ移動してみましょう。白木屋は、アラモアナショッピングセンターの一番東側にあります。始めて行くとちょっと探しにくいのですが、デパートのブルーミングデールズを目指して行き、そこから1Fに降りるとすぐ見つかります。白木屋は、その名の通り、いろんな日本のお店がたくさんあります。

店内もこんな感じで、まさに日本です。

こちらもランダムに紹介します。

創業60年の「満一威風堂々」とんこつラーメンのお店です。

トンカツは、ここでしょ「ヨシダミート」

モチモチの麺と濃くのあるソースをまぜて食べるまぜそば「ONO-YA」

ビールのおともは餃子!「濱松たんと」

ビールと言えば、白木屋の目玉「1ドルビール」です!これを目指してローカルの人達も集まります。

旅行中、日本のものが恋しくなったら白木屋でいろいろな日本食が食べられます。また、ちょっと豪華に和牛の料理が食べられる「和牛プラザ」もあります。

そして、パスタや美味しいシーフートを食べられる「シーフードプラザ」もあります。

この辺で、お腹が空いたので、白木屋でランチを食べることにしました。

あれっ、せっかく日本食がまわり中にあるのに、韓国冷麺を選んじゃいました。私、韓国冷麺が大好きなんです。酸っぱいスープがたまらないですね。

そして、デザートに「ずんだもち」
実は始めて食べました。ハワイで日本の文化を初めて味わうこの不思議。

と言うことで、その時の気分に合わせて、どちらのフードコートがいいか選んでみてくださいね。

関連するまとめ

ハワイのシェイブアイスが乗っているベトナムのフォーが食べられるお店

ワイキキに新しく登場した『AGALICO Oriental Bistro』早くも話題になっています。

いつもお客さんでいっぱい人気のビーガンカフェ「Ai Love Nalo」で rebo…

オアフ島の東、ワイマナロにある人気のビーガンレストランでドルフィン&ユーの機密ミーティングがありました(笑)

ダウンタウンのあの名店の味が、Farmer’s marketで味わえる!

Farmer’s marketに出店しているダウンタウンの名店、The Pig and The Ladyをご…

関連するキーワード

ドルフィン&ユー

ドルフィン&ユーは、手つかずの自然とたくさんのパワースポットが混在するオアフ島のウェストサイドにて、海の天使といわれる野生のイルカや海の守り神と崇められるホヌと一緒に泳ぐツアーです。元祖「野生のイルカと泳ぐツアー」として、1989年にハワイで初めて開始してから今年で25周年。10万人以上のお客様に笑顔と癒しをお届けしてきました。ハワイの海を知り尽くしたロコのクルーと日本語対応のガイドたちが一生に一度の思い出作りをナビゲートします。