観光客、ハワイの人々の足として誕生したbiki システム

アロハガールズ編集部のえりです。
近年、日本でも自転車シェアリングというサービスが始まって、話題となりましたが、ここハワイでもシェアリング自転車が手軽なものになりました。

そのサービスがbiki(ビキ)と呼ばれる自転車シェアリングサービスです。今日はこの便利なシステムをご紹介したいと思います。

自転車シェアリングサービス、biki を上手に使いこなして、ハワイの隅々まで。

ハワイ、特にワイキキ内は駐車スペースを探すのが大変。アメリカでレンタカーを借りて運転するのは不安だけど、いろいろ行きたいところがある、そんな皆さんに朗報です。

「Bikis hare Hawaii」という自転車シェアリングサービスが2017年6月末より始まりました。東はダイヤモンドヘッド付近から、西はチャイナタウンまで、100箇所の駐輪場、1,000台の自転車を完備したこのシステム。利用するのに必要なのはクレジットカードのみ。これを利用しない手はないですね。

借り方がわからくて不安、、、という方のために今日はbikiの借り方をご紹介します。

ブルーの自転車が並んでいたら、それがbiki stop. 駐輪場です。

ホノルルの街をちょっと歩いてみれば、すぐに目につくのがbikiの駐輪場です。
綺麗なブルーの自転車がロックで固定された状態で停まっています。
横にはコインパーキングに設置されているようなボックスの支払機が置いてあります。
ここで自転車を借りるための手続きをはじめてください。

借り方は二通り、30分で3.5ドル、300分で20ドル。

自転車を借りる場合、2種類の選択肢があります。30分間のレンタル、または300分(5時間)のレンタルです。短時間、ちょっとサイクリングを楽しみたい、近場まで行ってみたい、という方には30分のレンタルがオススメです。滞在中、何度もこのシステムを利用したい方は、後者の300分レンタルがオススメです。一度に300分を使うというわけではなく、通算、300分間自転車に乗ることができます。

借り方を選択してカードで支払いをすると、機械の下から暗証番号が出てきます。その暗証番号を自転車ロック左手にあるキーパッドを押して入力すると、ロックが外れて自転車が取れるシステムになっています。

300分契約で一度駐輪場に返した場合、次に使うときには、支払いしたクレジットカードを機械に入れると新しい暗証番号がもらえます。また、このときに残っている利用時間が表示されます。

緑のライト、それが GO と BACKのサイン。

暗証番号を入れて自転車を取り出すときには、ロックが解除されたサインとして緑のライトがつきます。また、自転車を返却したときにロックがかかったサインとしても緑のランプがつきます。ライトを確認したら超過料金を加算される心配もありません。

ステーションのマップは、支払機の隣に隣に置いてあります。

安全運転で、青空の下、風を切ってサイクリング。ハワイの新しい楽しみ方がまた一つ増えました。気軽に挑戦してみてくださいね!

関連するまとめ

111 HAWAII AWARD 日本人が選ぶハワイ1位のお店が決定!【ファッション…

111ハワイアワードのファッション・ビューティ・レジャー部門のトップ3を発表します。

ハワイのホテル公式インスタがすごい!おすすめInstagram5つ

「ハワイ旅行に行きたいな~」とか「日本にいてもハワイを感じたい」と思っている方は多いはず。そんな女子におすす…

ワイキキ・カイマナビーチでハワイアンモンクシール(アザラシ)の赤ちゃんが生まれました…

絶滅危惧種のハワイアンモンクシールのロッキーちゃんがカイマナビーチで赤ちゃんを産みました!一躍人気者となった…

関連するキーワード

アロハ☆ガール編集部

ハワイ好き女子の為にハワイローカル情報を日々取材しております♡♡♡