すし匠ハワイ@リッツカールトンワイキキの感動の全品を一挙公開します♡

2016年夏にオープンした話題のリッツカールトンワイキキレジデンスの目玉テナントの『すし匠』に行って参りました。

既に何ヶ月も先まで予約でいっぱいという噂もありますが、突然のキャンセルが出たりするそうなので、こまめに連絡を入れるとラッキーなことに入店出来るかも知れません。
諦めないで連絡するとラッキーがあるかもしれません。

ロコの間でも「すし匠行った?」なんて会話を良く聞きますが、既に多くのメディアでも話題となっております。

GOETHEの記事は秀逸です。
↓ ↓ ↓

フジテレビのザ・ノンフィクションでのすし匠ハワイ特集
↓ ↓ ↓

厳選された食材から生まれる「すし匠ワールド」ネタ一挙公開!

店内の写真は他のお客様がいらっしゃったので掲載出来ませんでしたがネタに関してはほぼほぼ完璧に撮影することができました。

後半あまりにも日本酒、焼酎を飲み過ぎたので曖昧な部分がありますが、ほぼほぼ体験したお寿司を掲載出来ていると思います。

いただきます〜!

いただきます〜!

寿司下駄はなんとハワイの高級木材コアウッドを使用!

寿司下駄はなんとハワイの高級木材コアウッドを使用!

まずはオイスター、牡蠣からスタート!

まずはオイスター、牡蠣からスタート!

すし匠風ポキ:オナガダイ、サーモン、バチマグロと3つあったのですが、バチマグロ以外を食べてしまいました。。。

すし匠風ポキ:オナガダイ、サーモン、バチマグロと3つあったのですが、バチマグロ以外を食べてしまいました。。。

イカとヤシの木の根

イカとヤシの木の根

シアトルからのミル貝

シアトルからのミル貝

ハワイの魚オパ(アカマンボウ)

ハワイの魚オパ(アカマンボウ)

オノ:結構ねかしておくそうです。

オノ:結構ねかしておくそうです。

ラウラウ(タロイモの葉っぱ)とシャケ

ラウラウ(タロイモの葉っぱ)とシャケ

小鯛のおぼろ漬け

小鯛のおぼろ漬け

ミル貝の舌のワタ

ミル貝の舌のワタ

ロブスターの紹興酒漬け

ロブスターの紹興酒漬け

ホワイトサーモン

ホワイトサーモン

マグロの赤身漬け

マグロの赤身漬け

日本酒みやさかをペアリング

日本酒みやさかをペアリング

枝豆のすり流し

枝豆のすり流し

モイ:コハダっぽい

モイ:コハダっぽい

昔はハワイの王族しか食べられなかった魚です。

オパ

オパ

ピクルストマト

ピクルストマト

ホワイトサーモンと松前漬け

ホワイトサーモンと松前漬け

マグロのヒレ下

マグロのヒレ下

ガリは角切りですが、美味しくておかわりしちゃいました。笑

ガリは角切りですが、美味しくておかわりしちゃいました。笑

サンマ

サンマ

サバのあぶりと生

サバのあぶりと生

ウニと黒キャビア&白キャビア

ウニと黒キャビア&白キャビア

10日間熟成したエイジングぶり

10日間熟成したエイジングぶり

サンマの磯辺焼きだったかな?

サンマの磯辺焼きだったかな?

アジ

アジ

幻の銘酒『十四代』これは飲みやす過ぎます。

幻の銘酒『十四代』これは飲みやす過ぎます。

チェリーストーンクラブ

チェリーストーンクラブ

火を入れたスモークたくあん

火を入れたスモークたくあん

すし匠名物おはぎをこのハワイでも!

すし匠名物おはぎをこのハワイでも!

すし匠限定のハワイの焼酎波花:氷はなんと波花の原酒で作られているとか。

すし匠限定のハワイの焼酎波花:氷はなんと波花の原酒で作られているとか。

すし匠限定波花のボトルを見せて頂きました♡

すし匠限定波花のボトルを見せて頂きました♡

ハワイ産芋焼酎『波花』は以下の記事をご確認下さい。
↓ ↓ ↓

マグロの血合いの漬け

マグロの血合いの漬け

青柳ダシマキ、タロイモ甘エビ

青柳ダシマキ、タロイモ甘エビ

イサキ

イサキ

サンタバーバラの焼きウニ

サンタバーバラの焼きウニ

締めは中トロ

締めは中トロ

大将の中澤さんとのコミュニケーションが一番のご馳走

中澤さん、すし拓の拓さんのコンビが織り成すお寿司をハワイのリッツカールトンという夢のような場所で頂くのは至福だと思います。

中澤さんは常にお客様とのコミュニケーションを大切にしています。
せっかくお金を払って美味しい物を食べるんだから、リラックスして楽しんで帰ってもらいたいという想いがあるそうです。

中澤さんがおっしゃっていたのですが、ハワイでお寿司屋さんを始めて大発見だったことがあったそうです。
通常お寿司屋さんはシャリは古米か古々米を使うんだそうです。
この古米、古々米に実はもの凄く似ているお米がアメリカにあったそうで、それは何かというと、『カリフォルニア米』だそうです。

カリフォルニア米がお寿司のシャリのお米としては非常にあっているということを発見できたのは、寿司を知り尽くしている中澤さんだからこそだと思います。
まだまだ色々挑戦中という中澤さんのお寿司がハワイで食べられるなんて本当に夢の様です。
一度お試しあれ!

※最後に、写真とネタの説明がもしかしたら違っているかも知れません。あまりにも酔ってしまったので。。。笑
実際にお試しされた方是非ご指摘下さい。アロハ!

予約はいますぐこちらからどうぞ!
808-729-9717

関連するまとめ

ハワイの地元住民が選んだオアフ島で一番美味しいベストスコーン❤︎

ローカルで賑わうコーヒーショップのスコーンのレポートです。

関連するキーワード

アロハ☆ガール編集部

ハワイ好き女子の為にハワイローカル情報を日々取材しております♡♡♡