初めてハワイ不動産を買う人は必読の記事!

日本からハワイに遊びに来たお友達やお客様によく聞かれるのが、、、

「ハワイに別荘持っている人って芸能人やお金持ちばかりでしょ?」

「高いんじゃない?」

「使っていないときはどうすればいいの?」

などなど

そうですよね、日本で不動産を持っている人でも、海外に買うとなると勝手が違うので、ちょっとドキドキします。わからないことだらけですよね。

とにもかくにもまずハワイに不動産を買う前に知っておいて欲しい基本的なことを5つお伝えします。

① 物件探しは、どうやってするの?

ハワイはもとよりアメリカ合衆国の殆ど*の売り物件は、MLS (Multiple Listing Service) というデータベースを利用して検索することが出来ます。

MLSとは、各不動産ブローカーがそれぞれの売り物件を1つのデータベースに登録する事で、常に新しい物件情報をシェア出来るようにしたものです。みんなこのMLSからデータを引っ張ってきているので、どこのサイトで検索しても実は同じ結果がでてきます。各不動産会社のウェブサイトで検索もできますが、この全米不動産協会オフィシャルサイトでも検索ができます。(英語です

え〜、そんな〜!! 

大丈夫です。安心してください。

そんなときに助けてくれるのが、不動産免許をもつエージェント(リアルターと呼びます)なんです。不動産エージェントにお願いすれば、物件探しも内見のコーディネートも全てやってもらえます。

*不動産会社を通さずに自分で家を売りに出している売り手もいます。これをFor Sale By Owner (FSBO)と言います。このような物件は不動産会社を通していないため、MLSのデータに含まれていないのです。

② 物件選びと同じくらい大事なのが、エージェント選び

私が勝手に考える理想的なエージェントとは:

・豊富な経験がある(年数ではなく、取り扱い物件件数)
・地域情報に詳しい
・時間に正確
・対応が早い
・連絡がまめ
のんびりハワイ、長く住んでいると日本人でも立派なハワイ人に変貌している人が少なくありません。

「私、ハワイアンタイム〜♬なんです〜』なんて言ってるエージェントさんは×

まず会ってみること。そして最終チェック事項が、、、

お客様の立場になって考えられるかどうか(その物件の購入を決めるのは、あくまでお客様なのです!)
そんなエージェントに出会えたら、ハワイでの物件探しも大船に乗ったつもりで楽しめること間違いなしです。

③ 不動産売買に欠かせないのが、エスクロー

アメリカの不動産売買には『エスクロー』という名義書換代行会社を利用します。日本の方にはなじみがない言葉かもしれません。

エスクローとは政府の認可を受けた会社で、売り手と買い手の間にたち、契約書の履行、金銭の受け取り及び管理、各種条件の履行、ローン手続き、名義変更、登記、その他売買に関わる手続きを代行してくれます。

ものすご〜く簡単に言ってしまうと、

買い手から代金を受け取る
売り手の持つ権利証書を確認する
権原保険(title insurance)を発行する
問題がなければ(あれば解決して)、買い手に名義を変更した権利書を渡し、売り手に代金を渡す
役所に登記をする
これらのことを中立の立場でやってくれます。

もちろん費用がかかります。購入価格の1〜2%ですが、エスクロー会社によって異なります。この費用は買い手と売り手で折半します。

権原保険(title insurance)って何?

例えば、不動産購入後に自称オーナーが突然現れ、「これは私の物件だ!」と言ってきたとします。そんなとき、掛けた保険金額によって、買い手(現オーナー)と貸主(銀行やローン会社)に金銭的補償をしてくれるのです。安心ですね。

エスクローにはどのくらい時間がかかるものなの?

大体、30日から45日かかります。これは、売り手と買い手が物件価格に合意してエスクローを開設(オープン)してから、登記(クローズ)までの期間をさします。

④ 仲介手数料はいくら?

ハワイでは、通常、売り手が6%の手数料を売り手側不動産会社に支払います。これを買い手と売り手の不動産会社が折半します。
エスクロー会社を通して支払いが行われますので、直接不動産会社に支払うことはありません。

⑤ 現金がないのだけど、、、。ローンは組めるの?

日本在住の方でも、(各種条件がありますが)ハワイでローンが組めます。投資物件または別荘として買われる場合、金利は1~1.5%高くなる場合があります。

[詳しいローンの話は、また後日ブログで紹介します]

ハワイには日本語が出来る経験豊富なローンオフィサー(ローンの専門家)がいます。ぜひ、不動産エージェントに聞いてみてください。信頼出来るローンオフィサーを紹介してもらえますよ。

とにかく、見てみよう!

今やネットで何でも調べられる時代。

ハワイの物件の検索も、日本にいながらサクサクできてしまいますよね。でも、や〜っぱり、実際見てみると違います。同じような間取りのお部屋でも、『気』のようなものが違うんですね。

もしハワイに来る予定があって、近い将来、ハワイに家を買ってみようと思っているのなら、まず見てみてください。

ハワイで評判のリアルター

関連するまとめ

必見!ハワイのホテル以外のお得な3つの滞在方法

最近、ワイキキのホテルの宿泊代が高くなっているとよく耳にします。限られた土地にこれ以上ホテルの部屋数を増やす…

~ハワイ不動産ミニ辞典~

ハワイの不動産に興味があるけど、専門用語が分からず、何のこっちゃ?とおもっているそこのあなた~、、、。 とり…

みるみる分かる!ハワイの家『賃貸VS購入』どちらがお得?

知っていますか? ハワイで3ベッドルームを借りた場合の家賃。 なんと平均月2,691ドル!もします。 …

kanaehawaii

東京生まれ。小学校時代を鎌倉七里ガ浜(この頃に海と山がそばにある暮らしに魅せられる)、中学高校を東京で過ごし、高校最後の1年間をミシガン州の田舎で送る。学校ひいては村唯一のアジア人だったため、生きるため死に物狂いで英語を身につける。

帰国後、テンプル大学日本校(新宿区落合)に進学し2年がたったころ、ハワイに住みたくなりハワイ州立大学へ転校する。サーフィン、テニス、BBQ、キャンプとハワイの自然を思いっきり満喫しつつ、経済学専攻で卒業。

卒業後は、インターナショナルメディカルマーケティング、通訳翻訳、法律事務所を経て、ハワイ州不動産取引免許を取得する。ハワイ在住25年。元々、人助けが好きなことから『この仕事は天職だ!』と思ってやまない、オアフ島を知り尽くす日本人リアルター(不動産取引士)のひとりである。

ハワイ州、及び全米不動産協会会員。不動産上級課程修了(GRI)。全米不動産取引士のうち5%しか取得していない住宅スペシャリスト (Certified Residential Speciarist: CRS)に合格。他に、売り手代理人スペシャリスト (Seller Representative Specialist: SRS)、シニア専門不動産スペシャリスト (Seniors Real Estate Specialist: SRES) の資格を有する。

趣味:(実はもう25年続けている)フラ、(高校生からやってるのにちっともうまくならない)サーフィン、(まあまあの)ボディボード、(剥離骨折した)スノーボード、(なんちゃって1級の)スキー、(最初は左、次は右と、アキレス腱断裂をした)テニス、(怪我ない安全♪な)キャンプ、スピアフィッシング、素潜り、ハイキング、読書、映画鑑賞、編み物

これから挑戦したいこと:油絵、陶芸