パン好きロコに大人気の本格派

こんにちは、アロハガール探検隊のゆきです。私はどちらかというと米大好き女子なのですが、時々食べるパンは、たまにしか食べないんだから絶対美味しい物が食べたいです。特に、ヨーロッパ風のずっしりしたパンが好き。ハワイは気候のせいか文化のせいか、日本風のふわふわしたパンが主流のようです。でも、今日ご紹介するブレッドショップは超本格派欧風ブレッドが最高に美味しいお店です。

最近の私のブームエリア、カイムキにあります。店の外からもパンを作っている工程が見えます。

入ったらすぐに中でパンを焼いているのが見えるコンパクトなお店です。パンが一つ一つ丁寧に作られている様子を見ることができますよ。

オーナーでパン職人クリスさんの職人っぷりがすばらしい

今日はオーナーのクリスさんに直接お話を聞くことができました。とっても職人っぽい方で、パンを焼くのが好きなんだなあというのがすごく伝わってきました。

スタッフのみなさんがパンを作っているのを間近で見せてもらいながらお話を聞けるという幸運!

クリスさん、若いころから料理が大好きで、大学を卒業した後は、カリフォルニアやニューヨークのレストランで腕を磨きました。その後はハワイの有名レストランのシェフとして働いていたのですが、2016年にこのブレッドショップをオープン。

「小麦粉と水と塩という基本の同じ材料なのに、分量やプロセスを変えるだけで全く違うパンが焼きあがるってすごいことだし、すごく面白いことなんだ。」と真剣な表情でパンのすばらしさを語るクリスさん。たしかにその通りです。「パン種を発酵させるイースト菌も生き物だから、毎回違うものなんだよ。」そう言われるとパンって生き物なんですよね。

生きてる、生きてる~。

クリスさんと話しているとパンに対する情熱がびしばし伝わってきます。こんなクリスさんが焼くパンだから、絶対おいしいに違いありません。その証拠に、ブレッドショップは毎日お客さんが絶えず、早く行かないと売切れちゃいます。私が行ったのは午後だったので、ほぼ売り切れに近い状態でした。

どれもこれもおいしそう!

ブレッドショップで毎日愛情を込めて焼き上げられる、おなじみの田舎パンや、ライブレッド、サワードウが毎日お客様を待っています。

田舎パン。名前は。。。。おいしすぎて思わず名前を忘れてしまいましたがずっしり重くて、ちょっと酸味が効いていて最高。

食べ応えあり!でも、おいしくていくらでも食べたくなります。バターやオリーブオイル、スープとの相性抜群!こういう本格派のヨーロッパ風ブレッドを作っているところで、ハワイではなかなかないので本当に貴重です。こんなに美味しい欧風ブレッドが食べれて幸せ。

パンだけではなく、ペストリーもすごくおいしいと評判です。クロワッサン、ブリオッシュなどなど、どれもこれも美しい。

定番ブレッドももちろん最高においしいですが、ちょっと手が加わっていつもとは変わったものもあったりします。全部食べたくなります。

私が今日食べてみたのは、クロワッサンの中にほうれん草、チーズ、ともう一つなんだろうこれ?と思うものが入っていました。ちょっと遊び心が入って楽しい。

外側がパリパリ、なかはしっとりで、これぞクロワッサンって感じ。この美味しさは焼き立てならではです。

この何層にもなったクロワッサン!美しい~。

パンを入れてくれる袋も、シンプルだけどセンスがいい。こんな袋に入れてもらうと、パンがより一層おいしく感じるかも。

とにかく食べたらわかります。一つ一つ本当に心を込めて焼き上げたんだなとわかるブレッドショップのパンたち。クリスさんは今でも十分忙しいそうですが、今後もパンに対する飽くなき追及と挑戦をしていきたいと語ってくれました。

ハワイでの素敵な朝ごはんにぜひブレッドショップのおいしい焼き立てパンをどうぞ!

Breadshop
ブレッドショップ

3408 Waialae Ave, Honolulu, HI 96816
Wednesday-Sunday: 10am-5pm

関連するまとめ

チョコレートの最高峰「ピエールマルコリーニ」のスイーツをカジュアルに!

アラモアナショッピングセンターでのショッピング途中に立ち寄る高級チョコレート専門店「ピエールマルコリーニ(P…

アラモアナでハワイ産の本格コーヒーを♪「Island Brew Cofeehouse…

ロコに愛されるコーヒー専門のカフェ「アイランド・ブリュー・コーヒーハウス」をご紹介します。

ロコに愛され続けるブレックファースト店、パンケーキアンドワッフルがリニューアルオープ…

ローカル率99%?カリヒにある、ローカルなら誰もが知るレストラン、パンケーキアンドワッフル。お店が広くなって…

関連するキーワード

アロハ★ガール探検隊

アロハガール編集部の先鋭達がさらに突っ込んだディープなハワイネタをご紹介します。