新型コロナウイルスによる大打撃!

ハワイの「自宅待機、在宅勤務」命令が発令された後、3月23日から休業を余儀なくされていた「アラモアナセンター」。世界最大規模のオープンエア、屋外型のショッピングモールです。

ハイエンドなブランド、小売店、レストランなどが軒を並べる、バラエティ豊かなモールは、観光客の方たちはもちろん、ロコたちにとっても人気の場所です。3月23日以降は、テイクアウトのサービスで、一部のレストランがで営業していたり、小さなクッキー屋さんがテイクアウト用にお店を開いていたりしたものの、2か月近くの間、ほぼ全てのテナントが休業をしていました。2か月もの間の休業で閉店をしてしまった店舗もあり、経済面での大打撃を受けましたが、ようやく5月15日に再開が許可されました。再開からさらに1か月が過ぎ、現在の「アラモアナセンター」は以前とずいぶん様変わりしていました。

以前に比べ、込み合っているという感じはなく、どの店舗もソーシャルディスタンスを十分に保てる感じなのですが、その中で長い行列ができていたお店がありました!アップルストアです!今までは生活に必要な食料品の買い出し等しか許されていなかったため、ようやく許可された大型モールでのお買い物はやはり、何はともあれiPhoneやパソコンなのでしょう。数時間待ちの行列。ソーシャルディスタンスを促すため、スタッフの方の誘導付きの待ち時間のようです。

今がお得!セールも多店舗で!

以前と違っていたところはここにも!多くの店舗でセールが行われていました。長い間の休業で、旧シーズンのものをセールにしているアパレルのお店や、再開セールを行っている店舗などもありました。

こちらは大型デパート「メイシーズ」の化粧品売り場。ブランドによっては何と50%オフのものも!取材中も、セール品を多くのロコの女性たちが手に取っているのを見かけました。またブランドに限らず、この日は売り場の全商品が15%オフ!化粧品売り場だけでなく「メイシーズ」のシグニチャ―とも言える靴売り場でもブランドによりかなりの売り出し品が!休業中の遅れを取り戻すかのように、各店舗が工夫しながらセールを行っているのも特徴的でした。

店内飲食が可能になったケーキ屋さんでは・・・

「アラモアナセンター」には、多くのレストランやカフェもそろっています。けれど、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、3月20日から、ホノルル市内のバーやクラブは閉鎖、レストランなどもテイクアウト、ドライブスルー、デリバリーのみでの営業となりました。モール内でのレストランも休業や営業スタイルの変更を余儀なくされたというわけです。しかしそれもようやく解禁!カフェとしても人気のケーキ屋さんでも店内での飲食が可能になっていましたが、以前と比べると様々な変化がありました。

カウンターの写真。よく見るとシールドのようなカーテンがかけられているのがわかると思います。店員さんはカウンターごしでも、シールドがかけられた状態での接客となり、店員と客双方の安全を守る工夫がされています。

店内飲食用のテーブルにも消毒薬が!手を清潔にしてからお茶やケーキを楽しむことができます。安心ですね。正式には「自宅待機、在宅勤務」命令は解除されているわけではないのですが、ハワイの経済再生は確実に進んでいます。アラモアナセンターも以前とは違った営業形態となりましたが、各店舗ごとに様々な工夫をし、今までの遅れを取り戻すべく努力している様子が伺えます。今後もマスク着用などを順守しながらも、ようやく再開したモールでのショッピングを楽しみましょう。なお現在、センター内のテナントの営業時間は各店舗に任せられているそうですので、お出かけの際は電話確認などをおすすめします。

Ala Moana Center
アラモアナセンター

1450 Ala Moana Boulevard
Honolulu, HI 96814
808-955-9517

関連するまとめ

【ホノルルフェスティバル2019】花火&映画も!無料で楽しめるイベント3つ

ホノルルフェスティバル2019が、2019年3月8日(金)~10日(日)の3日間にわたり開催されます。この3…

ハワイで運転免許を取ろう!日本の運転免許で筆記&実技試験が免除に

ハワイで運転免許証を取得するとき、現地で筆記試験や実技試験を受けなければなりませんでしたが、2018年12月…

関連するキーワード

アロハ☆ガール編集部

ハワイ好き女子の為にハワイローカル情報を日々取材しております♡♡♡