朝ごはんをもっと美味しく!

ハワイ州は「自宅待機」命令から「自宅待機推奨」令に移行しました。けれど依然、できるだけ外出を控える方が多いようです。そんななか、スーパーマーケットで購入できる食材やアイテムを使って、自宅で美味しいものを食べることが市民のお楽しみです!今回は日本ではあまりお目にかかれない、アメリカやハワイで購入できるおすすめのジャムやペーストをご紹介します。美味しいジャムやペーストで、ブレックファーストや自宅でのクッキングをもっと楽しみましょう!

女性におすすめアーモンドバター

アメリカらしいペーストと言えばピーナッツバター。ハワイの子どもたちもピーナッツバターを乗せたブレッドが大好きです!ただ、今回ご紹介するのはそんな定番のピーナッツバターではなく「アーモンドバター」。その名の通りピーナッツのバターのアーモンド版です。アメリカやハワイで人気があるのが「ジャスティンズ」のもの。ハワイでは様々なスーパーマーケットで見ることができる人気のブランドです。2004年に創業なので比較的新しいブランドですが、ナチュラルでありながら濃厚なフレイバーであっという間にポピュラーになりました。アーモンドにはミネラルやビタミン類が豊富に含まれているので、特に女性におすすめしたいアイテムです。パンに塗ってももちろん美味しいし、グラノーラなどに入れてもボリューミーで栄養価たっぷりのブレックファーストになりますよ。

アメリカの定番ジャム!

「ナッツベリーファーム」と言えば、世界で最初につくられたテーマパークとして有名です。もともとベリー農園を営んでいたナット夫妻によって作られたジャムが評判となり、それに平行して、ご夫妻が営業していたレストランが大人気に!テーマパークはそのレストランのあとにできたものなのだとか。ベリーファームと名前がついているように、シグニチャ―はベリーのジャム。日本人には少し甘いかな?と思う方もいるかもしれませんが、お子様には好評のはず!またベリーのジャムを、プレーンのヨーグルトに入れて食べたり、ロシアンティーに入れてみたりと、甘さをいかして楽しんでください。

100年を超える歴史を持つブランド!

アメリカの食卓で、トーストやお菓子作りに欠かせないジャムと言えば「スマッカーズ」。100年以上愛され続けているアメリカの代表的なブランドです。様々なフレイバーがありますが、保存料や着色料は使われていないので、お子様にも安心して食べさせてあげることができます。アメリカやハワイの家庭では、「スマッカーズ」のジャムをお料理に使うことも多く、ベリーのジャムを肉料理に利用したり、アプリコットのジャムをローストポークに合わせたり、お好みにより使われているようです。日本のお料理好きの方へのお土産にもぴったりですね。

ハワイ産のジェリーと言えばこれ!

1952年にホノルルに誕生した「ハワイアンサン」は、グアバネクター、リリコイなどハワイのジュースブランドとして有名です。もともとはパパイヤ農園から始まった会社ですが、今やジュースだけでなく、パンケーキミックス、パンケーキシロップなど、ハワイらしさ一杯のアイテムがそろっています。ジェリーと名付けられていますが、日本の感覚のジャムとほぼ変わりません。ただフレイバーによっては、ジャムより少し固めのものがあります。ハワイの老舗レストランでは、「ハワイアンサン」のグアバジェリーをパンケーキに塗り込んだメニューもあったりして、ハワイの美味しさを倍増させてくれるアイテムです。

ハワイらしいリリコイやマンゴーなどのフレイバーがそろっていて、レトロ感のあるパッケージでハワイ土産にもおすすめです!「ハワイアンサン」のパンケーキミックスなどと一緒に味わいたいハワイの美味しいジェリーです。

ハワイやアメリカで人気で、スーパーマーケットで気軽に買える美味しいジャムをぜひ一度お試しください。

関連するまとめ

ローカル産のおいしいオーガニックチーズを求めて!

オアフ島のリゾート地コオリナを越えて向かった先は、緑がたくさん残された土地のワイアナエ。そんな大自然の中で生…

ようやく店内飲食がOKに!ロコに人気のタピオカティー屋さん!

ウォールマートの向かい!最高のロケーションのタピオカティー専門店「ウェンズティー」。店内飲食も可能になり、お…

関連するキーワード

アロハ☆ガール編集部

ハワイ好き女子の為にハワイローカル情報を日々取材しております♡♡♡