新型コロナウィルス拡大に負けなかった「ジッピーズ」!

次々とハワイのレストランが閉店、休業に追い込まれた今回のパンデミック。観光の島ハワイの飲食業界は計り知れない打撃を受け、今も影響は大きいままです。ロックダウン後、どのレストランも店内飲食が禁止となり、テイクアウトやデリバリサービスのみの営業となりましたが、そんな時期でも圧倒的な強さを見せたのが「ジッピーズ」でした。

1966年の創業以来、ローカルに愛され続けてきたレストラン「ジッピーズ」。ハワイで展開されるレストランチェーンです。半世紀以上にわたり、ローカルコンフォートフードを提供してきたこのレストランは、今では親子3世代にわたってジッピーズファンというロコファミリーも珍しくありません。半世紀を超え、ローカルに愛され続けてきたレストランは、コロナ禍でもテイクアウトのお客さんたちがあとを絶ちませんでした。

安心して食べてほしい!感染対策もしっかり!

今もしっかりと感染対策が行われています。店内に入ると足元にはソーシャルディスタンスを促すマークが貼られ、客はマークのもとでオーダーやピックアップの順番を待ちます。また、オーダーや受け取りをするカウンター前にもシールドで仕切られ、一定距離以上、カウンターに近づくことができないように工夫されています。

お客さんが途絶えることのなかった「ジッピーズ」ですが、今まで、店内飲食が許可されてもテイクアウトのみで営業を続けてきました。店舗にもよりますが、ようやく、待ちに待った店内飲食を開始しました!

夜は午後6時や7時にはクローズしてしまう店が多いなか、夜10時まで営業している「ジッピーズ」は貴重です。ちなみにパンデミック前まではハワイで珍しい24時間営業でした!さて、今回店内飲食を開始したのはホノルル市内の数件。今のところマキキ店、バインヤード店、ニミッツ店、カハラ店、カネオヘ店、ワイアウ店、そしてカイルアとパールシティ店です。ロコ御用達のレストランらしく、車での移動でなければ行きやすい場所とは言えないのですが、観光客の皆さんにとってはアラモアナセンターからも近いマキキ店が便利だと思います。

マキキ店の店内です。モダンに改装され、落ち着いた雰囲気の店内となっています。つい長居をしてしまいそうになるゆったりとしたソファー席です。ではもちろん、ここでおすすめメニューのご紹介です!

お店で熱々を食べることができる幸せ!おすすめメニューはこれ!

ハワイ発祥のローカルフード「サイミン」。とにかく定番のメニューです!テイクアウトもできたとはいえ、この熱々の「サイミン」はやはり出来立てをほおばりたいもの。日本のラーメンの感覚で食べることができますが、お味はぐんと優しく、油っぽくないのが特徴。コシのある麺をからめて食べる和風スープが美味しいのです。子どもから大人まで大人気のおすすめメニューです。

実は「ジッピーズ」は卵料理も美味しい!一日中食べることができる朝ごはんメニューもおすすめです。中がふんわりしたオムレツも、焼き立てをお店で食べてこそ!白ご飯やフライドライスなど付け合わせも選べ、こちらもおすすめです!

移民の国ハワイで、半世紀にわたって愛され続けている「ジッピーズ」。ボリューム、手軽さ、そしてアジア人だからこそわかるどこか懐かしくなるその味。そんな全てが「ジッピーズ」の魅力。これからは次々と店内飲食のレストランも増えそうだとのこと。パンデミックに負けない地元企業「ジッピーズ」!応援しています!

Zippy’s Makiki
ジッピーズ マキキ店

1222 S King St, Honolulu, HI 96814
808-594-3720
Open 24/7

関連するまとめ

ハワイで食べる!ロコが大好きな朝ごはん!パート1

ハワイに暮らすロコたちは、お休みの日は朝からボリュームいっぱいの朝ごはんを楽しむもの。今年の夏、ハワイに来る…

関連するキーワード

アロハ☆ガール編集部

ハワイ好き女子の為にハワイローカル情報を日々取材しております♡♡♡