復活はいつになるの?Hawaiiのスポーツイベントの現状

2021年に復活を期待していたハワイのスポーツイベントですが、大会が今年前半は大部分が中止、延期となってしまいました。理由は、ハワイでの感染者が落ち着いてはいるものの、次の開放ステージへ進むほど感染者が減っていないということです。

COVID-19 Epidemic Curve

COVID-19 Epidemic Curve

ホノルル市ではtier1-4という再開プランがあり、現在は1週間の新規感染者数の平均が50-100名という再開プランtier2の段階におります。2月5日現在、1週間の平均が86名なので、なかなか次のステージtier3へ進めないでいるのが現状です。

感染を抑えつつ経済を立て直さなければならないのでビジネスが優先され、平和産業といいますかレジャーやエンターテイメントなどのイベントは一番最後になるわけです。ですので、スポーツコミュニティーの大会主催者やユーススポーツチームなど運営ができずに皆苦労していますが、5月以降ホノルルトライアスロンなど開催予定のイベントが、どうなるのか現在ハワイ州、ホノルル市当局と情報交換しています。

Honolulu Reopening Strategy

Honolulu Reopening Strategy

そこで今回サポートアロハでは、相次ぐハワイ諸島のスポーツイベントやコミュニティーをサポートするために、またまた立ち上がりました。

第3弾は、走ることRUNをテーマとした『#RUNSTRONG(ランストロング)』!

「#SupportAloha(サポート・アロハ)」とは昨年以降、観光客訪問者数が9割減という経済的なダメージを受けているハワイのコミュニティーを支援することを目的としたプロジェクト「#SupportAloha」(https://supportaloha.com)。昨年8月から12月までの5か月で、合計$10027ドル(日本円で約105万円)の寄付を達成(目標は$20000ドル)。

これまでのラインナップや、10月からスタートしたフラコミュニティーをサポートする「#HULASTRONG」に続き、2月より「#RUNSTRONG」という新ラインを発表しました。これまでの人気ロゴグッズに加え、ジョガーパンツ、サンバイザー、ウェストポーチ、バックパック、タオルなどアクティブな方におススメのアイテムもリリースしました。スポーツ関連グッズを販売し、スポーツイベント、スポーツクラブなどスポーツコミュニティーを支援します。

「#RUNSTRONG」売り上げの一部はスポーツイベントやスポーツコミュニティに寄付!

現在サポートアロハでは、マウイマラソン、カウアイマラソンなど隣島のマラソン大会や、ホノルルトライアスロン、ハワイサッカーアカデミーなどあらゆるスポーツ関連の主催者、団体を支援しています。

また、大会ロゴグッズの売り上げの10%を、主催者やクラブ、企業などの団体に寄付。「#RUNSTRONG」オリジナルグッズの売り上げの10%は、食糧を必要としている人たちへの援助を行っている「HAWAII FOODBANK」というチャリティー団体に寄付します。

「#SupportAloha(サポート・アロハ)」とは昨年以降、観光客訪問者数が9割減という経済的なダメージを受けているハワイのコミュニティーを支援することを目的としたプロジェクト「#SupportAloha」(https://supportaloha.com)。

昨年8月から12月までの5か月で、合計$10027ドル(日本円で約105万円)の寄付を達成しました(目標は$20000ドル)。

これまでのラインナップや、10月からスタートしたフラコミュニティーをサポートする「#HULASTRONG」に続き、2月より「#RUNSTRONG」も加わりさらにパワーアップしたサポートアロハ。

ハワイの観光は少しずつ再開してきていますが、経済が立ち直るにはしばらく時間がかかると思います。しかしお互い助け合い、明るく前向きに進んでいきたいと思いますので、もしご共感いただいたかたは、このプロジェクトを一人でも多くのハワイファンへシェアお願いします。

https://supportaloha.com/