移民文化とチャイナタウン

ハワイの新旧100年の歴史が溶け合うスポット、チャイナタウン。そしてすぐお隣にあるのがダウンタウン。この界隈はハワイの移民文化が今なお色濃く残る場所です。この辺りには1900年代に建てられた歴史的に貴重な建物が残っているのですが、中国の移民の方たちがハワイに入ったのは、1850年代と言われているので、そんな移民の方たちがハワイでビジネスを軌道に乗せ、徐々に文化を築いていった証と言えます。

変わるチャイナタウン

ハワイに現存する最古の劇場「Hawaii Theatre(ハワイシアター)」です。パンデミック前はノスタルジックな雰囲気が残るこのシアターの前で、ブライダル写真を撮る日本人カップルがたくさんいらっしゃいましたが、今はその風景を見ることができません。そしてシアターでは、以前のような公演は行われていないものの、今は少しづつステージでパフォーマンスを行われたり、その様子をリモートで視聴できるコンサートなども行われるようになってきました。

変化するチャイナタウンのなかでも、コロナ禍の新しいお店のオープンは、多くのロコたちに希望を与えてくれるものです。若いハワイアンたちが2021年の夏にオープンしたカフェ「ポオアイ」。

このカフェの特徴は、ハワイの素材と文化にこだわっていること。お店でいただけるスイーツは全て小麦粉を使わず、ハワイのブレッドフルーツやタロを使用し、乳製品も使っていません。シンプルですが、昔ながらのハワイの素朴な美味しさが味わえます。

変わらないチャイナタウン

パンデミック前と比べると、様々な部分で変化しているチャイナタウンですが、今も昔も変わらない風景もあります。

中国語で書かれた看板がどこか懐かしさを感じさせてくれるレイショップ。ご存じのようにハワイではお祝いや記念日などにレイを贈る習慣がありますが、ロコ御用達のレイはやはりチャイナタウンのレイ専門店。

店に入ると甘い花の香りに包まれます。そんな店のなかで、中国人のおばあさんが、器用にレイを手作りしている風景はいつも変わりません。レイを贈るというハワイに残る美しい文化と、その文化を支えているレイショップは今も変わらずそこにあります。

ハワイへの移民たちが作った街に今も現存する、歴史的な建物の続く街並み。乾物屋さんや、八百屋、雑貨店などの楽しいお店が連なり、ハワイに暮らす中国人やアジア人の方たちが買い物を楽しんでいます。

チャイナタウンから少しアラモナア方向に移動し、ダウンタウンに入ってきました。ハワイを代表する歴史的な名所が点在する場所でもあるダウンタウン。ハワイ州の政治と経済の中心の地です。ここにも昔から変わらない風景があります。

現在、最高裁判所としても使われているアリイ・イオラニ・ハレ。この建物の前にあるカメハメハ像は今もハワイアンたちの誇りとしてここにあります。

ハワイの新旧100年の歴史が溶け合うスポットは、コロナ禍、そしてこれからも変化し続け、そして同時に変わらない風景が続くのだろうと思います。そんなハワイの場所を、アロハガールはこれからもご紹介していきます。

関連するまとめ

ハワイファンに朗報!JALのマイル交換で日本でハワイを応援しよう!

コロナ禍、ハワイに来たくても来ることができない・・・そんなハワイファンに嬉しいニュース!日本にいながらハワイ…

絶景ここに極まる! オアフ島第6のピルボックストレイル「カエナポイントピルボックス」…

今や大人気のピルボックストレイル。その中でも最も人に知られておらず、かつ最も雄大な景色を楽しめるトレイルが、…

関連するキーワード

アロハ☆ガール編集部

ハワイ好き女子の為にハワイローカル情報を日々取材しております♡♡♡