それでもやっぱりコスメが好き・・・。

こんにちは。アナウンサー、ユーチューバー、そしてコスメライターのNorie Greenです。コロナ禍、ライフスタイルの変化により、皆さんのメイク方法や美容法にも変化があったのではないでしょうか?どんな時も私のコスメ愛は変わりませんが、今の時期にヘビロテしているおススメコスメ、ご紹介します!

ハワイ産ソープのニューフェイス!「Blosswaves」

柔らかな色合い、お洒落なフォルム、ほのかなハワイの香り・・・。見ているだけで幸せになるハンドメイドのソープ「Blosswaves」。まだほとんど知っている方はいないのでは?と思う、ハワイ産コスメのニューフェイスです。

子育て中のママが手作りするこのソープは、自然素材のみで作られています。ヨーグルトやマカデミアミルクなどを使ったユニークなソープ。子どもたちにはナチュラル素材のものを使わせたい・・・。そんなママの優しさにあふれたソープは、とにかくとっても可愛い!プレゼントやお土産に差し上げたら喜んでいただけそうです。ゆったりとしたバスタイムにぜひ使ってほしい大好きなソープです。

毎日持ち歩いています!「Lanikai Bath and Body」

コロナ禍、外出時に必ず持っていくものの一つに、ハンドサニタイザーが挙げられるでしょう。ラニカイビーチの美しさにインスパイアされ生まれた、ナチュラル&オーガニックにこだわるスキンケアブランド「ラニカイ・バス・アンド・ボディ」。

オーナーでコスメ製作者であるブルック・グラマンさん。インタビューをさせて頂いた時も、本当にハワイを愛していて、ハワイの香りをみんなに伝えたい、という想いが伝わってきました。そんなブルックさんがつくる自然素材を使ったハンドサニタイザー。毎日持ち歩いています!

ネイルケアをお家で・・・。「Kapa Nui Nails」

普段はネイルサロンでお手入れしてもらっていても、このコロナ禍、自宅でセルフお手入れをしたり、自分でネイルをぬったり・・・という方も増えているのでは?

お部屋でセルフケアであったも、マニキュアの匂いが気にならない、無害無臭のハワイ産のマニキュアがあるってご存じでしたか?ハワイに暮らすドクターのリンさんと、医療専門のソフトウェアやITの仕事を長く続けてきたテリーさん。そしてスタッフの方たちは化学者、という医療のプロたちが作ったネイルカンパニーがあるんです!それが、25年もの月日をかけ研究を重ね生まれた「Kapa Nui Nails」です。

家族のためにも無害なマニキュアを作りたかったと言うリンさん。ネイルケアもしたいけれど、赤ちゃんがいたり、子育て中のママたちは、匂いが強く、ケミカルなネイルを避けている・・・。ということ、ありますよね?そんなママたちも安心して使える「100%Toxin-Free(100%無害)」の「カパヌイ・ネイルズ」。ノリエグリーンがコロナ禍に出会った、大おすすめのマニキュアです!コロナ禍でもやっぱりコスメが大好き!ハワイの素敵なコスメや美容法などなど、これからもご紹介していきます。お楽しみに。

関連するまとめ

全米で絶賛!ハワイで買える日本未発売コスメ「ナターシャ・デノナ」

全米のビューティーユーチューバー達からも大絶賛されているコスメ、日本未発売ブランド「ナターシャ・デノナ(Na…

【オンラインショップ限定】ベルヴィーから$18相当のプレゼントがもらえるキャンペーン…

コスメショップ「ベルヴィー・ハワイ(Bell-Vie)」では、『痛み緩和ジェル/エハ(ミニサイズ)』+『リッ…

もっとキレイにならなくっちゃ♥「ベルヴィー」のバレンタイン特別プレゼント!

ハワイで大人気のコスメショップ「ベルヴィーハワイ(Belle Vie)」で、バレンタインデーのキャンペーンが…

関連するキーワード

ノリエ・グリーン

Norie Green(ノリエ グリーン)プロフィール

ハワイ唯一のコスメライター。アナウンサー。
ハワイの素材を使ったハワイアンコスメをこよなく愛し、農園まで取材に行き、生産者へインタビュー。自らが生活の中で使って、本当に良いと思ったコスメだけを記事にするスタイルにこだわる。

JTBハワイストのコスメコラムを長く担当。
ハワイスタイル、ハワイ本、ホノルル本など、コスメ、美容に関する記事、自らのライフスタイルを書いたエッセイなど掲載雑誌は多数。
またアナウンサーとして、美容、ライフスタイル、コスメについてのセミナーなどでも活躍。

2005年、国連ハビタットを支援するボランティア団体「ハビタットフレンズ仙台」を設立。日本で初めて国連組織を民間が支援、ボランティアに関わる組織団体代表として就任、アジア各国の孤児院やアフリカプロジェクトに携わる。
2011年より日本ハビタット協会理事に就任、現在に至る。

プライベートでは2016年、ヨーロッパ人男性と3度目の結婚。