2020年のハロウィーンは?

アメリカ、ハワイでは毎年10月に入ると、家の周りのディスプレイはもちろん、スーパーマーケットやレストランなどでもハロウィーンの飾りつけを見かけるようになります。ご存じのとおり、ハロウィーンは10月31日に行われるお祭りのようなもの。もともとは秋の収穫を祝い悪霊を払う宗教的な意味を持つ行事なのだとか。けれど今では、大人も子どもも仮装して楽しんだり、イベントに参加したりして過ごす方が多いようです。

けれど、パンデミックが始まった2020年のハロウィーンのイベントは、様々な場所で中止となりました。仮装した子どもたちがお店や家々を回ってお菓子をもらう「トリック・オア・トリート」も自粛要請。子どもたちにとっては年に一度の楽しみが自粛で、子どもたちだけでなく親までが残念に思ったものです。

2021年のハロウィーンはどうなる?

2021年こそハワイのハロウィーンを楽しみたい!そう思っているロコはたくさんいます。スーパーマーケットでもカボチャのディスプレイがハロウィーン仕様に!今の時期は食用としてはもちろん、家の飾りつけとして購入する方たちも多いようです。この時期はホテルやレストランなど、おどろおどろしいけれど、どこか愛嬌のあるハロウィーンの飾りつけがされ、何だか楽しくなってしまいます。

お洒落に飾り付けているハロウィーンの雰囲気も素敵ですが、あるナチュラルフード専門店の棚にはこんなディスプレイがありました。なんだかハロウィーンっぽいアイテムを適当に並べてみました、というユル~イ雰囲気がハワイらしくてホッとします。

ホノルル市内のウォールマートでは、ハロウィーン用のお菓子がずらりと並んでいます。小分けにされたお菓子がたくさん詰まったバラエティパックのようなものがこの時期の売れ筋です。「トリック・オア・トリート」で配るためのお菓子です。ハワイ州保健局からも「トリック・オア・トリート」では接触を避けるためにも、個別包装のお菓子を・・との呼びかけがあり、特に人気が高いようです。それにこの時期は、子どもたちは学校でハロウィーン用のお菓子を交換したり、プレゼントしたりするので、小さな小袋のお菓子を学校に持っていったりもします。

今年は仮装する?

2021年は昨年と違い「トリックオアトリート」の自粛要請などは出ていません。もちろん感染対策を行いながらではありますが、今年は2020年よりも楽しいハロウィーンになりそうです。CDC、アメリカ疾病対策センターからは、少人数で行動し、混乱したハロウィーンパーティーなどは避けるようにとしながらも、屋外での活動が承認されました。お店にも仮装用のアイテムやグッズがたくさん売られています。大人用はもちろん、赤ちゃん用のものまで!今年は、アメリカらしい雰囲気でいっぱいです!

仮装を一番楽しみにしているのはやはり、子どもたちでしょう。女の子ならお気に入りのプリンセスのドレスが人気のようです。定番のシンデレラや美女と野獣のベルなどなど、女の子であれば胸がおどりますよね。また男の子ならアメリカンヒーローに変身!というのもおススメです。パパやママが一番楽しめるかもしれませんね。

少し前進していると感じる今年のハロウィーン。そしてハロウィーンが終われば、あっという間に年末です。次なるお楽しみはクリスマスです。一日も早く、パンデミック前のようなイベントや行事を楽しめる日がくるようになると良いですね。

関連するまとめ

ハワイの新型コロナウイルス感染者と経済の動きは今!

ハワイ州当局は5月8日、新型コロナウイルスの新規感染者がゼロになったことを発表。9日には再びゼロではなくなっ…

心に元気と癒しをくれる!ハワイで「パステルアートヒーリング」体験♡

パステル画を描きながら、相手の心の状態や思いのエネルギーを感じ、それを色や形に表現する「パステルアートヒーリ…

関連するキーワード

アロハ☆ガール編集部

ハワイ好き女子の為にハワイローカル情報を日々取材しております♡♡♡