アイランド&ユー オアフ島周遊ツアーの新スポット

2017年にスタートした アイランド&ユー 「ハワイのパワースポット&ローカルグルメ食べ歩き」オアフ島周遊ツアーは、この度、ツアーの見直しをしてルートを少し変更させていただきました。今まで以上にハワイをたくさん楽しんでいただけると思います。

オアフ島をめぐる新ルートは、こちらです

ピックアップは、こんな可愛いツアーバスでお迎えにあがります。(指定のワイキキホテルに集合)

ツアーのスタートはレナーズのマラサダ(新スポット)

ハワイの名物と言えば、これを見逃してはいけません。ハワイのベストマラサダにも選ばれた「レナーズ」のマラサダは、柔らかい生地をカラッと揚げた揚げパンのようなものです。揚げたてを食べるのが最高です。ココヘッドマリーナにあるレナーズのフードトラックに立ち寄ります。

ハロナブローホール(新スポット)

ハロナブローホールは、自然が作り出した潮吹き岩で、岩の隙間から海水が噴き上がる場所です。タイミングが良ければ、迫力満点の潮吹きが見られます。

マカプウアウトルック

東海岸の絶景ポイントの一つです。目の前には、ラビットアイランドと呼ばれる島が見え、少し先には、マカプウヒーリングプールというパワースポットも見渡せます。

ヘエイアステートパーク(新スポット)

ハワイの歴史が感じられる州立公園です。600 年の歴史を持つフィッシュポンドがあったり、古代のヘイアウ(神殿)があった場所でもあります。

マカダミアナッツファーム

オアフ島で唯一のマカダミアナッツファームに立ち寄ります。ここでは、いろいろな種類の味のマカダミアナッツが試食できます。お土産にもぴったりのものが見つかると思います。

クアロアビーチパーク

ハワイで最もパワフルな場所と言われているクアロア渓谷。その前にあるのが、クアロアビーチパークです。ここから見えるチャイナマンズハットと言われる小島はインスタスポットしても人気の美しい島です。

ガーリックシュリンプランチ

「全米で食べたいランチ、ベスト5」にも選ばれたことがあるFUMIZU で、ノースショア名物のガーリンクシュリンプをいただきます。美味しいですよー。海老が苦手な方には、チキンカツのチョイスもあります。また、ドールのパイナップルアイスクリームも売ってます。

カフクランドファーム

ローカルのおばちゃん達が営んでいるフルーツショップに立ち寄ります。ハワイのトロピカくフルーツは、すっごく美味しいです。

ノースショアのビーチを車窓から見ながら次のスポットへ向かいます。サンセットビーチやバンザイパイプライン、ワイメアビーチなど、有名なビーチがたくさんあります。

プアエナポイント

ハワイでは、海亀を海の守り神として崇めています。その海亀たちがよく見られるビーチに行きます。ビーチ沿いでゆらゆら海藻を食べていたり、ビーチで甲羅干ししているウミガメの姿が見られます。(100%見られる保証はありませんが、かなり高い確率です)

ハレイワタウン

古き良きハワイを感じるノスタルジックな雰囲気を楽しめるハレイワタウンで休憩します。有名な松本シェイブアイスもあるので、食べたい人はすぐ並んでくださいね。

ポハクラナイバランシングストーン(新スポット)

巨大な石が二つバランスをとって置かれているこの不思議な場所です。ハワイでは、石にパワーが宿ると言われていて、ここもパワースポットの一つです。岩と岩の間に手を入れてお願い事をすると願い事が叶うそうですよ。これは、行かないとですね!

11 箇所を巡り、 最後にコーヒーファーム「ワイルアエステートコーヒー&チョコレート」に立ち寄り、ワイキキに戻ります。1日たっぷりいろいろなハワイを味わえる日になること間違いなしです。皆様、どうぞハワイを感じて味わってくださいね。

関連するまとめ

コロナ禍!これからのハワイ

アメリカ本土はもとより、ハワイでも増加し続ける新型コロナウイルスの新規感染者数。今までの流れとこれからのハワ…

ハワイ州観光局の動画が癒される~「ハワイがもっと好きになる」おすすめ動画3つ

自由に海外旅行ができなくなって2年近くがたちました。ハワイに行きたくてたまらない人もきっと多いはずですよね。…

ハワイのドルフィンスイムツアーが来年にも全面禁止!? 実際のところどうなのか

ハワイの人気アクテビティである野生のイルカと泳ぐドルフィンスイムツアーが、来年にも全面禁止になるかもしれない…

ドルフィン&ユー

ドルフィン&ユー は、「野生のイルカと泳ぐツアー」を1989年にハワイで初めてスタートしてから今年で32周年を迎えるハワイの元祖ドルフィンスイムツアーです。その間、延べ30万人以上のお客様に笑顔と癒しをお届けしてまりました。2022年12月からは、NOAA(アメリカの自然保護団体)の規定により野生のイルカと泳ぐことが難しくなり「野生のイルカウオッチングツアー」へと変更させていただいております。