ハワイアン航空が2023年から無料機内WiFiサービスをスタート

ハワイアン航空は2022年4月、フライト中の機内で高速WiFiを利用できるサービスの導入について発表しました。それによると、ハワイアン航空は宇宙開発企業のスターリンクと提携。スターリンクが提供する衛星インターネットサービスを利用して、フライト中でも無料で高速WiFiを使えるようになるというのです。

スターリンクは、1万基以上ある人工衛星を使ってインターネットサービスを提供している会社。それによって、都市部でも人里離れた地でも、同じように高速インターネットが使えるというサービスなんです。そんな同社が初めて大手航空会社と提携したそうです。

日本ーハワイ間の便でも導入予定

ハワイアン航空がこの無料機内WiFiサービスを導入するのは2023年の予定。導入が予定されているのは、ハワイとアジア、アメリカ本土、オセアニアを結ぶ路線で、以下の機体での導入が発表されています。

・エアバスA330
・エアバスA321ネオ
・ボーイング787-9S

ハワイアン航空のフライト情報には、日本ーハワイ間のフライトの機体はエアバス330と記載されています。そのため、日本からハワイ旅行するときにハワイアン航空を利用すれば、いずれ無料WiFiサービスが使えるようになるようです。(※詳しくは、ハワイアン航空のフライト情報等でご確認くださいね)

無料で機内でWiFiを使える時代がやってくる?

これまでの機内WiFiサービスといえば、ファーストクラスのみだったり、利用料が有料だったりするケースが多いもの。でも無料でWiFiを使える時代がもう、すぐ近くまで来ているのかもしれません。

日本からハワイまでのフライト時間は6時間以上。そんな長い時間に、インターネットを使えるようになったら便利ですよね。ハワイ旅行の過ごし方も変わっていくかもしれませんね。

関連するまとめ

15分で陰性証明書がもらえる!ワイキキ&アラモアナにPCR検査施設がオープン

ハワイのワイキキとアラモアナの2か所に、最短約15分で検査と陰性証明書発行が終わる新型コロナのPCR検査施設…

カポレイに新しくできたショッピングモールに行ってきました!

カポレイに新しく出来た巨大ショッピングモールに行ってきました!

ホノルルマラソン2022 第1期エントリーが始まりました!

日本のランナーに憧れる人も多い「ホノルルマラソン」。ワイキキなどの観光名所をめぐるマラソンコースで日本人参加…

M

ハワイで暮らしてます。海が大好き。