コクアマーケット復活!

こんにちは、アロハガール探検隊のゆきです。アロハガールでも何度も何度も取り上げてきた、超地元密着型のローカルストア、コクアマーケット。ハワイにも押し寄せる資本主義の波に勝てず、去年、皆に惜しまれながら50年以上もの歴史の幕を閉じたわけですが。。。

今年になって、なんと、パロロ地区という閑静な住宅街に小さな規模で復活したとのニュース!

自称、ハワイ一コクアマーケットに詳しい日本人であるアロハガール探検隊、早速偵察に行ってまいりました!

ハワイらしい、シンプルなお家が立ち並ぶパロロ地区の一角にあります。

こちらが入口。一見何のお店かわからないので、ちょっと足を踏み入れにくいですが、

こんな感じでさりげなーく、コクアマーケットだよ、とアピールしてます。

店内は広々、ローカルな雰囲気満載

店内はこんな感じで、広くてモダン、でもなんだか懐かしい素朴な雰囲気も漂う
生まれ変わったコクアマーケット。

カフェになっている分部は、ローカルのお肉屋さんが直営するカフェになる予定とのことで、現在は、土曜日にほっぺが落ちるほどおいしいハンバーガーを提供しているとのこと。そちらも楽しみですね!

他では見れない産地の食材!

コクアマーケットならではの、地元農家さんから直接仕入れるフレッシュな野菜、果物はここでも健在!他のスーパーでは見ることのない、ハワイならでは、地元の農家さんがほんの少ししか生産していない採れたて野菜、果物が手に入るのがコクアマーケットの特徴です。

バナナも、オレンジも、パパイヤも、レモンも、どれも形はちょっと不格好ですが、自然にのびのびと育てられた食物ってそういうもの!

見たこともない、味が想像つかない果物もあって、興味深々ではあるが、今日はまだ買う勇気が出なかったりして。

一体これは何なんだろう?どういう風に生ってるんだろうと、じーっと見つめながら考え込んでしまったりして。

これは知ってる!たぶんバタフライピーという花かな?これでお茶をいれると、真っ青なお茶ができて綺麗なんですよね~、とお茶の青さを想像してみたりして。

規模はかなり小さくなりましたが、だからこそ、以前にも増して地元の食材が並んでいるようです。地元を愛し、地元産のものが食べたい私みたいな人にはうれしい限り!

まだ復活を遂げて間もないコクアマーケット、小さくて素朴な生協型のお店なので、これからもいろいろなチャレンジがあると思います。しかし、地元の農家さんが直接やってきて、それをすぐに購入できる、本当の意味で作っている人の顔がわかるハワイのアロハがたくさん詰まったシステム。すべてが機械的になってしまいがちなこの世の中、すごく貴重だと思いませんか?

1歩足を踏み込むと、その素朴さ、シンプルさ、ゆっくりした時間の流れにほっとしてしまう、復活版コクアマーケット、現在電話すらありません!それすらなんだか懐かしい感じ!

人混みからちょっと離れてパロロ地区、そしてそこでのコクアマーケット、次のハワイ観光に組み入れてみてはどうでしょうか?


Kokua Market
1720 Palolo Ave, Honolulu, HI 96816
現在は毎日10時―6時Open

関連するまとめ

悲報! ラニカイピルボックストレイルが一時閉鎖...

インスタ映えなトレイルとして人気急上昇の「ラニカイピルボックス」が一時閉鎖されます。春休み&ゴールデンウィー…

ハワイで野生のイルカと泳げる理由

ハワイのオアフ島ウエストコーストには、たくさんの野生のイルカが生息しています。イルカはスピリチュアルで人間を…

燃油サーチャージ代が過去最高に!秋のハワイ便は往復で74,800円

ガソリンなどの燃油価格が世界で高騰しています。その影響で飛行機の燃油サーチャージもぐんぐん上がっており、つい…

関連するキーワード

アロハ★ガール探検隊

アロハガール編集部の先鋭達がさらに突っ込んだディープなハワイネタをご紹介します。