ローカル男子がデートで行く絶景スポットをご紹介

海外でマッチングアプリを活用するメリットのひとつは、ローカルの人が知っている、オススメスポットに行けること!

ただデートを楽しむだけでなく、お相手がボディーガード、通訳、ツアーガイドの役割を果たしてくれるのもうれしいポイントです。

今回は、前回に引き続きハワイ男子とのデートで行った、ローカルおすすめの絶景スポットをご紹介。地元人は普段デートでどんな場所に行くのか?!

観光やデートのご参考に、ぜひチェックしてください♡

絶景スポットの先にある、秘密の場所「スピッティングケーブ」

実は、前回の「ハワイ男子と行く!オアフ島絶景スポット ②」でお伝えした、チャイナウォールズの先に、さらなる秘密の隠れ絶景スポットがあるのです。

場所はチャイナウォールズと同様、ワイキキから車で約30分ほど行ったハワイカイの高級住宅街の先。
(詳細は、別見出し「スピッティングケーブの行きと注意点」をチェック!)

目の前に広がるは、ダイナミックな岩壁とコバルトブルーの美しい海!!

海の向こう側には、ダイヤモンドヘッドが見えます。

チャイナウォールズより、海との間の距離は離れている感じ。
岩場でのんびりする人や崖に腰掛けて海を眺めている人が多いです。

ここでも崖から飛び降りるクリフジャンプをする人がいますが、波が高く、岩壁に打ち寄せる強さもハンパないのでけっこう危険!

武勇伝にはなりそうですが、安易にチャレンジしない方が良さそうです。

崖の下には、「スピッティングケーブ」の名前の由来となった場所があります。

スピッティングとは「唾吐き」、ケーブは「洞窟」の意味。

唾吐き洞窟ってどういうこと?

でもしばらく様子を見ていると納得。

波に押されて海水が洞窟に入っていき、洞窟の奥でぶつかって跳ね返ってくるのです。

海水が勢い良く跳ね返ってくるその様子が、まさしく洞窟が唾を吐いているように見えることから、この名前がついたそう。

実はこの洞窟付近は有名なダイビングスポットでもあるそうです。

流れが速いので(確かにたまに渦巻いてる!)、上級者向けとのこと。

海では、運が良ければ亀やハワイアンモンクシール(アザラシ)、冬には鯨が見られます。

チャイナウォールズより岩場が広いので、メインは鑑賞スポットという感じ。

海に相当慣れたごく一部の猛者たちがアクティビティを楽しむ、といったような場所です。

サンセットもとっても綺麗!!

ガイドブックには載っていないので、人も少なく、プライベート感満載の超穴場スポットです!

「スピッティングケーブ」の行き方と注意点

ワイキキからだと車で約30分、高級住宅街、ハワイカイエリアにあります。

チャイナウォールズ同様、公共のバスでも行けますが、一番近くのココマリーナセンター前からは徒歩40分ほど。

ハナウマ湾の裏側にあるカワイホア岬の先端にあるため、住宅街の中をより長く歩くようになります。坂道も多いので、歩きだとけっこうな体力が必要です。

戸建ての家が並ぶ住宅街に入ったら、ポートロックエリアまで進みます。

チャイナウォールズへ向かう、ハナぺぺ・ループ(Hanapepe Loop)通りから、坂を上がって、ルマハイ(Lumahai) 通りへ。

こちらも住宅街のため、駐車場はなく、ルマハイ(Lumahai) 通りの突き当たり辺りで路上駐車。周りは閑静な住宅街ですので、住民の方の迷惑にならないよう、気をつけて行きましょう。

注意書きの標識が立っている小道が、秘密の絶景スポットの入り口です。

これは知らなかったら、この先へは行かないかも?!

最初は緩やかな下り道も、進むうちにどんどんと傾斜がきつくなっていきます。

天気にもよりますが、うららが行った日は小道の土が乾燥していて、砂埃で滑りやすくなっていました。

足元要注意で進んでいきましょう。

下ってしばらくすると道が拓けてきます。

その先に見えるは、壮大な崖と大海原!!!

岩場は広く、段差も緩やか、崖は高さがあって海とは少し離れているため、濡れる心配もなく、景色を観ることができます。

青春を取り戻した!「スピッティングケーブ」デートの思い出

こちらは、6歳年下の日系ハワイ男子、A君が案内してくれました。

休日昼から待合せしてのドライブデート。

「どこ行きたい?」と聞かれたので、せっかくなら…と普段なかなか行けないハワイの絶景が見られる場所をリクエスト。

運転しながら「チャイナウォールは行ったことある?」と確認するA君。

「そこは前に行ったことあるよ!(別のデートで)」

もちろんカッコの箇所は言わずに答えるうらら。

「ふーん…」

何かを察したA君。

「…じゃあ、もっと奥にある隠れスポットに行くね!」

とニヤリ。

かっ、かわいい!!!
もしかして対抗意識を燃やしてくれたのか?!
A君、意外と負けず嫌いなのか?!!

年下男子の言動にキュン♡
なんだか青春だなぁ…(しみじみ)

車内にかかるは、心地良いハワイアンレゲエ。

「スピッティングケーブって知ってる?」

という会話から始まり、向かう途中にA君が現地の説明をしてくれました。

ただ、ここにきて英語力足りず、途中で何を言っているのか分からなくなる瞬間も…。


「???」

ポカンとするうららに気づいたA君。

「ちょっと待って」

スマホをGoogle翻訳アプリの画面に切り替えて、ゆっくり英語を話し、日本語に変換された文章を見せてくれました。

スピッティングケーブの名前の由来についてだった!
A君に教えてもらったことを、今回の記事ではたくさん書かせていただいています。

現地に着いて車を降りる時も、車のドアを開けに来てくれるA君。

こ、これがレディファーストの世界なのですか?!

年下ハワイ男子、可愛いいい(涙)

心の中で嬉し泣きをしながら、入り口の小道へGO。

緩やかな下り坂から徐々に傾斜が急になる小道。

「ケガしたらあかん!!」

運動神経鈍い芸人のうらら。ここでも、「いのちだいじに」モードを発揮し、そろりそろりと降りていきます。

「大丈夫?」

前を歩いていたA君が手を差し伸べてくれました。

徐行歩行ながら、まだ余裕があったので、A君の厚意に甘えることに。

こういうふとしたことをきっかけに、人って手を繋ぐのね…。

改めて青春を感じました。

小道を抜けると目の前に広がる大海原!!!

風が吹き抜けてめちゃくちゃ気持ちいい!

思わず両手を広げて叫びたくなるほどの爽快感!

勢いよく波が洞窟に向かって打ち寄せては跳ね返る様子はかなり迫力があって、「自然ってすごいな…」と改めてそのパワーに圧巻されました。

隠れスポット故、人もかなり少なく、カップルと4人組グループが岩場に座って、波の様子を眺めている感じ。

「今日は時間が早いけど、サンセットもすごい綺麗なんだよ。また一緒に来たいな!」

と、A君が夕方のスピッティングケーブの写真を見せてくれたのですが、それもまたかなりの絶景でした!

同じ場所なのに時間帯によって、雰囲気や景色の見え方がガラリと変わるのも素敵。まだまだ奥が深いなぁ、ハワイ!

「じゃあ、そろそろ次の場所に行こうか」

帰り道も、再びうららの手を引いてくれるA君。

学生時代をほぼ女子校で過ごしたうらら。

この年になって…、ハワイで青春を味わえるなんて…(感涙)

なぜかやたら青春感があるA君とのデート。

A君はこの後も絶景スポットを案内してくれたので、また続きを書いていきます!

知る人ぞ知る、秘密の絶景スポットで、ダイナミックなハワイを味わおう

ハワイローカル男子がおすすめする「スピッティングケーブ」。

入り口から冒険感たっぷり、住宅街から小道を通って別世界に迷い込んだような、不思議な感覚が味わえる超穴場スポットです。

「有名観光地を周るのには飽きた、せっかくのハワイ、もっと冒険したい!」という方におすすめ!

想像以上の感動があなたを待っています♡

ぜひ行ってみてくださいね。

ローカルの生きた情報も手に入るマッチングアプリ。
すっかり観光を楽しんでいますが、肝心な恋愛は果たして…?

うららのマッチングアプリ体験レポートはまだまだ続きます。
それでは、A Hui Hou!

関連するまとめ

【 ハワイマッチングアプリ♡コミュニケーションどうする問題 】3つの突破口を大公開!

【 体験者が語る!ハワイマッチングアプリの実情 】 ハワイに魅せられ、ソロ旅を繰り返すまでとなった独身ライタ…

【ハワイマッチングアプリ】メッセージを盛り上げる♡すぐに使える英略語を徹底解説!

【体験者が語る!ハワイマッチングアプリの実情】ハワイに魅せられ、ソロ旅を繰り返すまでとなった独身ライター女子…

ハワイの恋のおまじない♡女子力&恋愛運UPのプルメリア

ハワイに魅せられ、ソロ旅を繰り返すまでとなった独身ライター女子・うららが、現地で聞いた恋にまつわる情報をご紹…

関連するキーワード

Urara

日本⇄Hawaii
大手通信系企業会社員からフリーランスへ転身。
Hawaiiに魅せられ、ソロ旅を繰り返すまでとなった独身ライター女子。
渡航回数30回。現地では常にアクティブに動き回り、Hawaii経験値を日々更新中。
ココヘッドに登るのが好き。