ハワイアンジュエリーの老舗「コアナニ」の姉妹ブランド「アラメア」

ハイアットリージェンシーワイキキのホテル1階、カラカウア通りに面した便利なロケーションに、このたび新しいジュエリーショップ「アラメア by コアナニ (Alamea by Koa Nani)」がオープンしました。

ハワイアンジュエリーとして知られる「コアナニ」の姉妹ブランドで、特に「ラリマー」と呼ばれるヒーリング効果のあるパワーストーンを使ったペンダントやピアス、リングなどが特徴です。さらに、どこのブランドにも負けないほどのジュエリーの品数も魅力的です。

ハワイアンジュエリーの始まり

ハワイアンジュエリーの起源を辿ると、ハワイ王朝最後の女王、リリウオカラニにたどり着きます。当時、イギリス王室との親交が深かったリリウオカラニは、 19 世紀に、イギリスのアルバート王子の死を悼み、追悼の意を込めてゴールドのバングルを作らせました。 リリウオカラニが生涯ずっと身に着けていたと言われるこのバングルには、 黒のエナメルで「HO’OMANAO’MAU( 永遠なる想い)」の文字が描かれていました。

これが、ハワイアンジュエリーの誕生とされています。

コアナニは、そのようなハワイアンジュエリーの伝統に基づいて2008年7月に創業されました。その姉妹店として2018年8月31日に店舗をオープンしたのが「アラメア」というブランド。本土ではかなりの認知度を得ており、世界中のジュアラーが集い競うJCKジュエリーショーにて、2015年より4年連続で作品賞を受賞しています。そして今回ついにワイキキ中心地のカラカウア通りに店舗がオープンしました。

「アラメア」の特徴は、カリブ海のパワーストーン「ラリマー」を使ったジュエリー

「アラメア」の特徴のひとつが、「ラリマー」というパワーストーンが使われていること。

ラリマーという名前の語源は、発見したミゲール・メンデズの幼い娘の名前「ラリッサ」と、スペイン語の海という言葉「マー」を足して名付けられたとか。

ラリマーは、カリブ海に浮かぶ小さな島、ドミニカ共和国から産出され、正式名称を『ブルー・ペクトライト』と言います。ドミニカ共和国のバラオナ地方にある鉱山一箇所でしか採れない宝石で、実はそのような宝石は非常に珍しいと言われています。

通常のダイヤモンド等のカットストーンは、複数の国で発掘されるので、世界で一箇所しか採れないという意味でラリマーは非常に珍しい宝石とされています。

昔から現地の人々の間で、海で見つかる石として知られていたそうで、1974年にアメリカの平和部隊員によって再発見されました。土壌の侵食などによって崩れ落ち、川に流れ落ちて海に到着したものをたどって山奥で発見されたそうです。アメリカでは、1980年代半ばから知られるようになったそうです。

アラメアのオーナーの方が、このラリマーを目にした際に、空と海を象徴するような宝石でこれ以上ハワイにふさわしいものはないと一目惚れされたそうです。

世界三大ヒーリングストーン「ラリマー」のヒーリング効果

ラリマーはアトランティスの石と呼ばれています。アトランティス大陸は昔栄え水没したと言われており、ラリマーはアトランティス大陸の一部なのではないかと唱える学者が多くいるそうです。預言者であるエドガー・ケイシーも、パワーストーンがカリブ海で見つかると予言していたと言われています。

ラリマーがもたらすと言われている効果は以下の通りです。

●怒りや恐怖などのマイナス感情を鎮めてくれる

ラリマーは、「水」の要素を持つ石にも関わらず、火山の火によって生まれた両極のエネルギーバランスを持った宝石で、熱い感情を冷まして気持ちのバランスをもたらすと言われています。ラリマーのジュエリーをプライベートでも多く所持されている店員の方も、身につけるようになってから、だいぶ気持ちが落ち着くようになったとおっしゃっていました。

●コミュニケーション能力への効果
ラリマーは喉のチャクラに関連があり、スムーズなコミュニケーション、明確な表現を助けると言われています。大勢の前でスピーチをしたり、パフォーマンスをされる方にはとても効果があるそうです。

●鬱などへの効果
●他を許したり、自分自身の良いバランスを取りやすくしてくれる

ラリマーを使ったジュエリーの紹介

とにかくジュエリーの種類が豊富なアラメアでは、ホヌ(亀)のペンダントだけでご覧の通りのバラエティ!ホヌだけで10種類はあります。1つずつ微妙に違うのでどれにするか迷ってしまいますね。

こちらはシーライフコレクション。海の生き物なら何でも揃っているのもアラメアの魅力です!

特に若い女性の方には、大きなペンダントよりも、小さくさりげないネックレスやピアスが人気のようです。写真(下)にある波のネックレスは、ローズゴールド、ホワイトゴールド、ゴールドの3色がラインナップ。シルバーのものより少しお値段は上がりますが、カラーの種類が豊富なのはとても嬉しいですよね!

ラリマー以外のハワイアンジュエリーも勢ぞろい

ラリマーだけでなく、他のジュエリーもゴールド、ローズゴールド、ホワイトゴールド、シルバーなど複数色が用意されています。

ハワイの縁結びストーリー「ナウパカ伝説」がテーマのジュエリー

こちらの半分しかない花びら、皆さんご存知でしょうか?ハワイのお花には様々な伝説があると言われており、この花びらもその1つなんです!

このジュエリーは、ナウパカ伝説がコンセプトになっているそうです。

昔、ナウパカという美しい姫と、カウイという平民の青年が恋に落ちました。しかし、当時ハワイでは身分の違う者同士の恋愛は禁止されており、ナウパカとカウイは悲惨なことにも引き離されてしまいます。ロミオとジュリエットのハワイバージョンのようですよね。

ナウパカは山に、カウイは海へ逃げ、やがてそこには白い花が半分ずつ咲きました。山に咲いた花はマウンテン・ナウパカと呼ばれ、海に咲いた花はビーチ・ナウパカと呼ばれており、見つけるのは大変難しい花と言われています。

ナウパカが海サイドだという説もありますが、マウンテン・ナウパカの花びらのほうが繊細で華奢なことから、山サイドがナウパカという説が強いようです。

この2つの花びらを合わせると雨が降るそうで、なぜならナウパカとカウイがついに結ばれて2人の喜びの涙を表しているとか。このお話を元にして、ナウパカジュエリーが多く売られており、恋愛成就のお守りとしてカップルで購入される方が多いそうです。

こちらはナウパカ伝説をモチーフにしたペアリング。

2つ合わせるとホヌが出来上がるこちらのペアリングもとても可愛いらしいですよね!ハワイのお土産にぴったりです。

「アラメア」の落ち着いた店内

ウッド調の温かな雰囲気の中にも、コアナニから引き継がれた洗練されたハワイアンジュエリーブランドの趣が感じられます。店内右側には海を取り入れたハワイらしい壁が一面に広がっています。

こちらのガラスケースには、赤サンゴ、多種パールなど、あらゆるジュエリーが豊富に揃ってます。

お値段やデザインの面でも、アラメアはコアナニよりももう少し気軽に、若い方にもアプローチしてもらいやすいブランド。ロケーションも抜群で、日本語スタッフも常時対応しています。ぜひ気軽に足を運んでみてはいかがでしょうか?

Alamea by Koa Nani
2424 Kalakaua Ave space 110
Honolulu, HI 96815
http://alameahawaii.com/

関連するまとめ

ハワイの優しい風景をお届け!プロカメラマンが作ったD2Cブランド

20年以上のキャリアを持つハワイ在住プロカメラマン、TAKAが作ったD2Cブランド。ハワイの美しさをまるごと…

ハワイ限定品は1時間で完売★ヨガ女子に大人気「ルルレモン」潜入

日本では、2017年の時点で年1回以上をヨガを楽しんでいる人が約770万人、2020年には1000万人超えと…

アロハ☆ガール編集部

ハワイ好き女子の為にハワイローカル情報を日々取材しております♡♡♡