皆さんaloha!コスメライターのNorie Voinovich です。

アウェイなLAのERで友人が駆けつけてくれたとはいえ1人で受けた緊急手術。さすがに不安でした。でも術後、「絶対 元気になるっ!」という強いモチベーションは!!これでした。⬇︎

日本未上陸コスメ「benefit」

サンフランシスコ発、日本未上陸コスメ「benefit」。ベネフィット。
術後、すぐには飛行機に乗る許可は出ず、ハワイからLA入りしてくれたファミリーと静養のため訪れたラホヤには!!benefit ベネフィットのアメリカ国内でも一番大きな直営店があるのです!!

コスメおたくからコスメライターになった私としてはベネフィットのショップに行けるなら、緊急手術も良しとしよう!と思えるほどのポジティブな思いを与えてくれるわけです。(でもこれを友人に言ったらただのアホ、と言われてしまった。が!!それでも良いのです。好きなんだもん)。

可愛いアシカくんたちがゴロゴロしているビーチのすぐ近くにありました。
⬇︎

benefitのアイテムをご紹介

ベネフィットはサンフランシスコ発のコスメブランドですが、お値段のわりに品質が素晴らしい。何と言ってもパッケージングの可愛いさやネーミングのユニークさでとにかく持っているだけでテンションを上げてくれるブランドです。

例えばこれ。

毛穴ケアの下地クリーム。英語で、毛穴はPore(ポア)。ネーミングがThe Pore fessional。ザ ポア フェッショナル。
⬇︎
プロフェッショナル、にかけてるわけですね。この下地クリームで毛穴ケアはプロフェッショナルな仕上がりになる、ってことです。このクリーム、余分な皮脂を吸収し毛穴を目立たなくします。メイク直しにも使えるスグレモノで私のメイクポーチには欠かせないアイテムです。それにしてもこのユニークさとこの可愛いパッケージ!

傷の痛みも忘れるというもの。そんな私は夢が叶い、術後、少々痛い傷あとに気がつかないふりをしてでも出かけたショップは!!とにかく広々としていて女子の夢がギュッと詰まった空間でした。

⬆︎
ここに住みたい。

スキンケアもこんな素敵なコスメテーブルでいくらでもお試しできます。

ハワイにはないアイテムももちろん全部揃っていて。私の影響で12歳の時にはベネフィットが可愛い!と言い始めた娘のチナも、興奮してちょい怖いくらいの笑顔...

使いやすさ抜群のアイブロウ

ベネフィットのアイテムの中でおススメのものを少しご紹介。以前もブログに書いたアイブロウ。

とにかく使いやすい!全体のぼかしにも眉の隙間を埋めるにもキリッとしたラインを引く時も色んなシチュエーションで使いやすい!アナスタシアのアイブロウより少しだけ柔らかめです。

シェーディング・ハイライトに使えるスティック型コントワー

スティックタイプのコントワ。Contourとは輪郭のことを言うのですが、アメリカでは良く使われるメイクアイテム。輪郭をはっきりさせ、いわゆる3Dメイクを作るものですがチークのように使います。シェーディングとハイライトが一緒になったもので、ひと塗りでお顔にメリハリがでます。いや本当、ベネフィット使えるコスメです!

benefitの自動販売機が可愛い!

そしてロングビーチの空港内には、ベネフィットの自動販売機がっ!!!可愛いすぎる自動販売機がっ!!素晴らしい。

やはり私、コスメが好きすぎてどうしようもないようで、手術のあとですら、ベネフィットのおかげでアドレナリンは放出し続けられたようです。ベネフィット、日本未上陸コスメですが、ハワイではセフォラやメイシーズなどで購入できます。大!おススメのコスメブランドです。

今日もありがとう。
ハワイからmahalo!

Norie Voinovich

関連するまとめ

【前編】芸能人にも大人気!ハワイに来たら絶対欲しいコスメ土産『Belle Vie(ベ…

最新のコスメや日本未発売の話題の化粧品をいつも取り揃えている、ハワイのコスメショップが『Belle Vie(…

マスク生活だけど・・やっぱり綺麗でいたいよね!おすすめハッピーコスメ

コロナ禍、今までのようなメイクができなくなってしまいましたが、やはりコスメ好き女子なら、いつでも綺麗でいたい…

ワイキキのど真ん中のコスメショップ『Belle Vie(ベルヴィー)』で大人気の商品…

ワイキキのど真ん中にあるコスメショップ『 Belle Vie』の日本未発売や日本で買うより断然お得な価格の人…

関連するキーワード

ノリエ・グリーン

Norie Green(ノリエ グリーン)プロフィール

ハワイ唯一のコスメライター。アナウンサー。
ハワイの素材を使ったハワイアンコスメをこよなく愛し、農園まで取材に行き、生産者へインタビュー。自らが生活の中で使って、本当に良いと思ったコスメだけを記事にするスタイルにこだわる。

JTBハワイストのコスメコラムを長く担当。
ハワイスタイル、ハワイ本、ホノルル本など、コスメ、美容に関する記事、自らのライフスタイルを書いたエッセイなど掲載雑誌は多数。
またアナウンサーとして、美容、ライフスタイル、コスメについてのセミナーなどでも活躍。

2005年、国連ハビタットを支援するボランティア団体「ハビタットフレンズ仙台」を設立。日本で初めて国連組織を民間が支援、ボランティアに関わる組織団体代表として就任、アジア各国の孤児院やアフリカプロジェクトに携わる。
2011年より日本ハビタット協会理事に就任、現在に至る。