初めてでも安心!

オアフ島のシンボル、ダイヤモンドヘッド。その雄大な姿をひと目見て、ハワイに来たことを実感する人も多いのではないでしょうか。ワイキキから山頂を眺めるとすごく高く見えますが実際は232メートルとそんなに高くなく、頂上までは1.3キロ。初心者でも気軽にチャレンジできる距離のハイキングなので、子供や年配の方の姿もよく見かけます。

ダイヤモンドヘッド豆知識

ダイヤモンドヘッドは、約30万年前の噴火でできた噴火口のある死火山です。火口部分でキラキラ光るひし形の結晶がダイヤモンドと間違えられこう呼ばれるようになりました。ダイヤモンドヘッド全体のシルエットがマグロの額に似ていたことから、ハワイ語ではマグロを意味する「レアヒ」と呼ばれています。

持ち物はコレ!

6月のハワイはもうすっかり夏!9:00をまわれば太陽がジリジリと照りつけてくるので日焼け止めは必須です。そして忘れてはならないのが帽子・サングラス・水分。飲み物はトレイル入り口で販売もしていますが少し割高のため、マイボトルに入れて持参するのが賢い方法です。

そして代謝の悪い私でも汗をかく暑さなので、吸収性のいいアクティブウエアが便利!持ち物はなるべく身軽に、両手のあくリュックやウエストポーチにスニーカーで行くのがおすすめです。

トレイルの入り口はすぐそこ

バトレイルの入り口まではダイヤモンドヘッド通りから約10分。ほどなくして、パーキングとチケット売り場が見えてくるので入場料を1ドル払います。年間パスが10ドルなので、長期で滞在する方や年に何度もハワイを訪れる方は持っているとお得ですよ。チケットとトレイルの案内を受け取っていざ、出発!

興味があれば各オーディオポイントで立ち止まって話を聞ける、日本語音声ガイド付きツアー( $4 )にも参加できます。

自分のペースを守って歩くのがコツ

最初は舗装された道ですが、すぐに砂地や少し岩場のような部分が現れ乾いたガタガタ道に変わります。道は細くすれ違うのがやっとなので、マナーを守って譲り合いながら自分のペースで進みましょう。しばらく歩くと渋滞も始まります。(笑)

この後、暗くて狭いすれ違うのがやっとのトンネルを抜けたら階段が現れます。以前はこの階段だけでしたが、今はもう少しなだらかな階段のほうかどちらか選べます。

あと一息!もう少しで頂上に。

この時点でもすでに景色がキレイです。

途中で休憩はできる?

いくつかのベンチやビューポイントがあるので、列から外れて一息つけます。ただし途中にお手洗いはないので注意してください。

ついに頂上へ!

頂上まで来ると、楽しみにしていたワイキキのショアラインがキラキラと輝き、美しい青が目に飛び込んできます。

その先には空港やパールシティーの街並も一望でき、この絶景は頑張った自分への最高のご褒美!心地よい貿易風が全身をクールダウンさせ、汗がスゥーと引いていくのが分かります。反対側には、きれいにココヘッドも見えますよ。

ゆっくり景色を目に焼きつけて楽しんだあとは、来た道を戻るだけです。

所要時間は?

今回は早朝7時に登り始めて、頂上までは45分ほどかかりました。人が比較的少ない時間帯や、普段運動をしている方なら30分ほどで到着できるでしょう。頑張って登った分、下山はとても楽であっという間に感じるはずです。

出入り口付近にはビジターセンターがありお土産なども買えますよ。

フードトラックも出ているので、冷たいシェイブアイスでホッと一息つくのもいいですね。

ワイキキからの行き方

ザ・バスでは #2 または #23に乗り、KCCファーマーズマーケットのあるダイヤモンドヘッドロードの道沿いで下車。車の場合は約10分程度で到着し、駐車場代が別途5ドルかかります。

気軽にチャレンジできるハイキング、ぜひ旅のプランに入れてみてくださいね!

Diamond Head State Monument
ダイヤモンドヘッド ステート モニュメント
Diamond Head Rd, Honolulu Hi 96816
808–587-0300
6:00am-6:00pm (4:30pm最終)

関連するまとめ

泡盛テイスティングが大人気!オキナワンフェスティバルへ行ってきました

先週9月1日、2日にハワイで行われた「オキナワン・フェスティバル」(沖縄フェスティバル)。三線の響きを聞き、…

ハワイの今。ホールフーズマーケットが花だらけに!

徐々に活気が戻ってきつつあるハワイ。今週は母の日ウィークということでお花があふれてます。

自転車シェアサービス Biki Hawaii を使いこなそう!

ホノルル市内で新しく始まったサービス、自転車シェアサービスのレポートです。

アロハ☆ガール編集部

ハワイ好き女子の為にハワイローカル情報を日々取材しております♡♡♡