行列ができているけど人気カフェに行ってみたい!ママたちのこんな声

こんにちは、ノリエグリーンです。私の大好きなカフェのーつなのですが、トップシェフ自らがファーマーズマーケットで食材を選ぶほど、地産地消にこだわるヘルシーカフェ「ヘブンリー・アイランド・ライフスタイル」(以下ヘブンリー)。ワイキキの中心、シーサイドアベニュー沿いにありランチタイムには行列ができる人気カフェです。

先日、お昼時のこと。取材の途中、行列ができている「ヘブンリー」の前を通っていたら、ベビーカーを押している30代くらいのママたちのグループからこんな声が聞こえてきました。「ここ、行ってみたいよね~。でもこんなに並んでいたら待ってる間に子どもたちがぐずっちゃうしねぇ~。」

わかるわかる!!私もハワイへ来た時は、娘がベビーカーに乗っていました。ベニーカーを押しながら並んでいるお店を横目で見ながら歩いていたものです。わかるなぁ、ママたちの気持ち!でもヘブンリーは行列さへクリアできれば、アウトサイドのテーブル席もあるし、店内には一番奥にソファー席もあるし、比較的に子どもたちを連れて行きやすいカフェなんです。

ランチタイムを外してフォトジェニックなデザートを!

だから、思い切ってランチタイムを外し、すいている時間帯に心地よく過ごせる外のテーブル席やソファー席でデザートタイムはいかがでしょう?ワイキキショッピングの途中のホッと一息できるハワイアンタイムに「ヘブンリー」へGO!というわけです!美味しいランチメニューや朝ごはんメニューが雑誌などで多く紹介されていますが、実は「ヘブンリー」ではスイーツだけのオーダーもOKなのです。しかもこちらのアサイボウルは絶品!サッパリしていてフレッシュフルーツがたっぷりです!

ハワイらしいハワイアン・クラウン・パイナップルとココナッツのジェラート。暑いハワイの夏にぴったりの冷んやりデザート。ほんのりしたパイナップルの酸味がお買い物で疲れた身体に沁みますよ!また、レストランで子どものためにアイスクリームをオーダーしたくても3スクープのアイスクリームがドーン!と運ばれてきたりもしてママたちもそれにつきあうしかない・・・なんてことありますよね。でも、「ヘブンリー」は、1スクープからのオーダーもOK。小さなお子さんにも適度な量のおやつを与えてあげることができますよ。しかもバニラはもちろんリリコイなどハワイらしいフレイバーもそろった手作りアイスクリームです。

せっかくのハワイ旅、ママたちも思いっきり楽しんで!

もちろん、ブレックファーストメニューやランチメニューもどれもヘルシーで美味しいです!何と言ってもオーガニックを目指すカフェなので、子どもたちに食べさせるメニューとしても安心。お昼はワイキキで働くロコたちのランチタイムを外し、午後1時を過ぎた時間なら比較的すいていることもあります。せっかくのハワイ旅、お子様連れのママたちだって「行きたかった場所、食べてみたかったもの」できるだけ叶えたいですよね。ぜひ時間の調整などしながら、楽しいハワイ旅を!

日頃、日本で頑張ってママの皆さん、可愛い子どもたちと、ハワイのリゾート気分が盛り上がるヘルシーカフェ「ヘブンリー」で、素敵なハワイアンタイムをお過ごし下さい。

Heavenly Island Lifestyle
ヘブンリ―・アイランド・ライフスタイル

Shoreline Hotel Waikiki
342 Seaside Ave
Honolulu, HI 96815
(808) 923-1100
6:30AM–11PM

関連するまとめ

ワイキキの中心で本格派のスンドゥブを!「ソウル豆腐ハウス」オープン

ワイキキ、クヒオ通りの「レイローホテル」1階横に、高級スンドゥブのお店がオープンしました!新鮮で上質な素材を…

ハワイのビーガン専門店「ピースカフェ」が愛される3つの理由

日本人が選ぶハワイのカフェランキングでも1位を獲得。化学調味料も添加物も一切使わないビーガン料理が美味しいと…

この時期でも本格派!テイクアウトでシーフードを満喫!

現在ロックダウンが続いているハワイでは、レストランのテイクアウトは、限定メニューの中から選ぶ店舗が多いのが実…

ノリエ・グリーン

Norie Green(ノリエ グリーン)プロフィール

ハワイ唯一のコスメライター。アナウンサー。
ハワイの素材を使ったハワイアンコスメをこよなく愛し、農園まで取材に行き、生産者へインタビュー。自らが生活の中で使って、本当に良いと思ったコスメだけを記事にするスタイルにこだわる。

JTBハワイストのコスメコラムを長く担当。
ハワイスタイル、ハワイ本、ホノルル本など、コスメ、美容に関する記事、自らのライフスタイルを書いたエッセイなど掲載雑誌は多数。
またアナウンサーとして、美容、ライフスタイル、コスメについてのセミナーなどでも活躍。

2005年、国連ハビタットを支援するボランティア団体「ハビタットフレンズ仙台」を設立。日本で初めて国連組織を民間が支援、ボランティアに関わる組織団体代表として就任、アジア各国の孤児院やアフリカプロジェクトに携わる。
2011年より日本ハビタット協会理事に就任、現在に至る。

プライベートでは2016年、ヨーロッパ人男性と3度目の結婚。