全米初!守らなければ罰金と懲役も!厳しい隔離制裁を実施

3月21日の午後2時49分に、ハワイ州のデービッド・イゲ知事は次のような発表をしました。

~地元メディア「Hawaii News Now」から~

「3月26日の木曜日から、ハワイを訪れる全ての旅行者(帰国者を含む)に14日間の隔離を要求する。観光客から持ち込まれる感染を防ぎ、感染をストップさせることが目的である。」

同時にイゲ知事は次にようにも述べています。

「この隔離政策は国として初めてのこと。ハワイを愛してくれる皆さんに感謝を。しかし訪問は延期してほしい」

またこれを破った場合には最高5,000ドルの罰金や最高1年の懲役という厳しいものとなっています。

ハワイ時間の3月17日午後、イゲ知事は記者会見で新型コロナウイルスの感染拡大を受け、国内外問わずハワイ州への訪問を30日間差し控えるように要請したばかりでした。

レストランは休業!テイクアウトやデリバリーのみ

一方市民の生活に目を向けると、3月19日にホノルル市のコールドウェル市長による会見での「3月20日午後8時30分より15日間、市内のバーやクラブを閉鎖し、レストランについては店内での飲食を禁止、テイクアウト、ドライブスルー、デリバリーのみに営業にする」との発表を受け、現在ホノルル市内の多くのレストランが休業中です。

けれど、そんな状況にあっても「美味しいテイクアウトのお料理を提供したい」とオープンしているお店もたくさんあります。ハレイワ名物フードトラックなどもその場での飲食はできませんが、テイクアウトが大盛況のよう。ハワイの人たちも少しでも明るく、ローカルビジネスを助け合おうと頑張っています。

観光の島ハワイで、観光客をストップするという状況は悲劇的ともいえること。とにかく今は、感染を防ぐことが一番の優先事項。その対策の一つが島を完全に隔離しウイルスの侵入を防ぐという、州としても苦渋の決断だったはず。だから終息を迎えるまで、ハワイ在住者たちも、今私たちができることを頑張っていくしかない!というのが現状。ハワイを愛する日本人観光客の方たちが、また笑顔でこの島を訪れてくれる日まで、私たちも頑張っていきます!

関連するまとめ

外出規制が続くハワイ。あのドラゴンビートはコロナをどうやって乗り切っているのか。

ハワイではまだまだ外出規制が続いていますが、徐々に許可される活動も増えてきました。

お守り画像付!ハワイのヒーラー・マリさんが教えてくれる「2020年の開運法」

スピリチュアルの世界では2月の立春からが新しい年!今年の恋、仕事、全体運などハワイの人気ヒーラー、マリさんに…

「コクアマーケット」のエコっぷりがすごい!ハワイ土産にもなるマイフォークがかわいい♡

最近世界各地どこでもエコが叫ばれてますが、ハワイも例外ではなく、地球に優しい生活・お買い物方法が推奨されてお…

関連するキーワード

アロハ☆ガール編集部

ハワイ好き女子の為にハワイローカル情報を日々取材しております♡♡♡