15日から!モールや小売店などのビジネス再開!

5月初頭から繰り返し報道されてきた経済再開への動き「モールと小売店の再開」。何度か発表が覆されたりもしましたが、今まで入り口がふさがれ、完全にクローズされていたワイキキの「ロイヤル・ハワイアン・センター」も、ようやく一部再開を発表されました。5月15日からの再開予定で、さらに同日から許可されるその他の再開業種も発表されました。

再開が許可される業種

花屋など、食品ではない農業。
ペットのグルーミングなど出張サービス。
ホールセールビジネス。
などとなっています。

これらは、以前から州や市の記者会見等で言われていた「感染への確立が低い業種の再開」に入ります。

一方、多くの人が集まるショッピングモールの再開は大きなニュースです。ワイキキ最大のショッピングモール「ロイヤル・ハワイアン・センター」も5月15日の午前10時からの再開を、正式発表しました。以下、詳しくお伝えします。

「ロイヤル・ハワイアン・センター」も再開!

5月15日、金曜日からの営業再開。午前10時から夜10時までの営業時間ですが、店舗により異なるとのこと。(センターのウェブサイトでの確認をおすすめします)各テナントでの安全対策や営業形態も異なりますが、州や市から発表されているガイドラインに従ったものになります。客と従業員のマスク着用は必至でソーシャルディスタンスの確保も必要となります。これら、健康と安全のための対策を徹底するための案内板等を「ロイヤル・ハワイアン・センター」内に設置されるようです。

センター内のレストランについては依然、店内での飲食は禁止。引き続きテイクアウトと宅配サービス、そしてカーブサイドのピックアップが許可されます。

また「ロイヤル・ハワイアン・センター」では、センター内でのフラやレイメイキングなど無料カルチャーレッスンや中庭などでのライブエンターテイメントが大人気ですが、現在は大人数での集会が禁止されているため、依然休止が続きます。

観光大国ハワイでの経済復帰。

観光の島ハワイでは、日本からの旅行者をいつから受け入れるのかが、ハワイの経済立て直しのキーとなるのは明らかです。現在は旅行者はもちろん、ハワイ在住の住民にさへ14日間の隔離措置が強制され、違反した場合は罰金や禁固刑という厳しい状態が続いています。これらの規制措置の解除が必要となるでしょうし、そしてその前段階としてフライトの受け入れ、そして各航空会社のフライト状況が必至要項ともなります。

しかしながら現在、37%を超える失業率のハワイで、本格的経済復活に向けてのステップが進んでいます。多くの課題を前にしてはいますが、まずは島内での住民たちによる経済活動再開!よりいっそう安全と健康を守るためのルールに真摯に向き合いながらではありますが、まずは明るい希望が見える1歩となりそうです。

関連するまとめ

ハワイで人気!3つの『ナル』(Naru, Nalu, Nalu)のお話♡

ハワイで「ナル」と名乗るお店はどこも人気というお話です。

子連れwelcome&ハワイでホットなカカアコの観光スポットはここ!

小さいお子さんがいてもハワイを満喫したい方にオススメのスポットをご紹介します。場所は、今ハワイで注目のエリア…

アンドユークリエーションズのオーナー、リチャード・ホーランドがハワイの魅力について語…

アンドユークリエーションズのテーマは「感じる、見つける、私のハワイ」です。自分らしい、それぞれのハワイを見つ…

関連するキーワード

アロハ☆ガール編集部

ハワイ好き女子の為にハワイローカル情報を日々取材しております♡♡♡