観光だけではわからない!街のパン屋さんが楽しい!

長くハワイに暮らしている人でも知らない人が多いのだけれど、地元では圧倒的な支持を得ている小さなパン屋さん。移民の国ハワイでは、様々な国の出身のオーナーたちが独自の美味しいパン屋さんを営業しています。その代表格が「ホヌ・ベーカリー」でしょう。場所はキングストリート。お店専用の駐車場はないので、店前のストリートパーキングに車を止めます。「空いていればラッキー!」ロコっぽく、そんな少々いいかげんな・・いえ緩い気持ちで立ち寄ることをおススメします。

カメパンが美味しい「ホヌ・ベーカリー」

ロコたちの間では古くからある街のパン屋さんとして人気で、2004年のオープン。当時の店名とは名前が変わりましたが現在の店名は「ホヌ・ベーカリー」。ホヌとはハワイ語でカメの意味。オーナーは韓国の方のようで、韓国のパン屋さんによくある、ふわふわの柔らかめパンが多く販売されています。さすがに韓国!とうなりたくなる小豆入りのパンも美味しいです。

さて、この店名がついた大きな理由はこちらのパンがシグニチャ―だから!とにかくこのパンが美味しいから!なのです。よーく見るとカメの甲羅のようになったパン、その名も「カメパン」!13個のパンがつながった大サイズと、7個のパンがつながった小サイズがあります。

ふわりとしたパンを割ってみると・・・。そこにはたっぷりのバタークリームが!生クリームではなく、バタークリームっていうところが、どこか郷愁を誘います。さらにレーズンと何と栗の甘露煮がごろごろと入っているのです。日本のバタークリームと比べるとほんの少し甘さが控えめ。レーズンと栗とのバランスも絶妙なのです。手のひらよりもさらに大きい13個入りのパンもぺろりと食べてしまえる美味しさ!一度食べたら絶対クセになる、大!おススメのパンです。

Honu Bakery
ホヌ・ベーカリー

(808)949-1588, (808)842-1588
HONUBAKERY@GMAIL.COM

ハワイでスパニッシュロールの美味しさを知るべし!

フィリピン系のパン屋さんの代表格と言えば「ナンディングズ・ベーカリー」でしょう。カパフルアベニューにあり、有名な「レナーズ・ベーカリー」に押され、観光客の方たちが夢中になるべーカリーではないのですが、地味にロコに愛され続ける街のパン屋さんです。

日本人にはあまりなじみのないパンですが、ハワイに暮らすフィリピン系の方たちで「スパニッシュロール」をしらない人はいないでしょう。フィリピンはスペインの植民地だったことからついた名前らしいのですが、とにかくこの「スパニッシュロール」がクセになる美味しさなのです。おそらく女性でも2~3口くらいでパクリと食べてしまえるほどの小ぶりのパン。中にはカスタードのようなほんのり甘いバターがたっぷり入っていて、出来立てのまだ熱いパンをパクリと食べるとあまりのフワフワ感に驚くはず!形も味もシンプルで素朴なパン。けれどアジア人ならどこか懐かしさを感じてしまう美味しいパンです。

フィリピンの方たちのソウルフードとも言える、肉料理アドボ。そのアドボをパンにはさんだ「アドボロール」も人気です。日本で言う惣菜パンの感覚ですね。パンの中に入っているポークアドボは柔らかく肉の旨味が存分に味わえます。

柔らかいコッぺパンのような生地とほんのり甘みのあるポークアドボのコラボレーションも、移民の国ハワイだからこそ味わえるもの。ぜひ一度試してみてください。

ロックダウン中のハワイで店内飲食が許可されていない今、簡単にテイクアウトができる美味しい街のパン屋さんに立ち寄って、お気に入りのパンを見つけてみるのも楽しいもの。さあ、お家で美味しいコーヒーを淹れて、ほっと優しい味のパンをほおばって・・・。ロックダウン中のハワイ、こんな楽しみ方もおすすめです。

Nanding’s Bakery
ナンディングズ・ベーカリー

918 Gulick Ave
Honolulu, HI 96819

関連するまとめ

ハワイでイタリア気分❤︎シチリア料理レストランTaormina

シチリア料理のレストラン「タオルミーナ」のレストランウィークメニューを食べてきました。

天婦羅が恋しくなったら、ここ:アラモアナセンターの「天ぷら一代」

ベタなキャッチですが、ほんとそのまんま、天婦羅が食べたいあなたに。アラモアナセンターにあるのでアクセス便利!…

大人気のボバティー、一歩ヘルシーな飲み方知ってますか?

日本でも大人気のタピオカティー、こちらではボバティーと呼ばれていますが、タピオカの代わりに美容に効果があるら…

関連するキーワード

アロハ☆ガール編集部

ハワイ好き女子の為にハワイローカル情報を日々取材しております♡♡♡