ハワイのホリデーシーズンの風物詩、ホノルルハレ

ホノルルハレと呼ばれ親しまれている、ダウンタウンのホノルル市庁舎。毎年12月最初の土曜日には、市庁舎前に飾られたクリスマスツリーの点灯式が行われます。1985年からスタートしたこのホノルルの風物詩。ロマンティックなイルミネーションが大人気のイベントなのですが、今年は残念ながら点灯式などが新型コロナウイルスの影響で中止になり、規模も縮小されてしまいました。ただ、ツリーは例年通り飾られました。ツリーのテーマやデコレーションは毎年変わるのですが、今年は「HOPE(希望)」がテーマ。2度のロックダウンを乗り越えたハワイ、ホノルルらしいテーマです。来年に希望を持って生きていこうという、ハワイの人たちの前向きな気持ちがあふれたテーマのクリスマスツリーです。

そしてコロナ禍にあっても、私たちの目を楽しませてくれているのはミスター&ミセス・サンタクロース。2人ともブーツを脱ぎ捨て、裸足なんです!しかもサンタさんはシャカポーズ。何とも南国らしいサンタさんご夫妻は、ハワイのホリデーシーズンらしい明るさにあふれています。

ロイヤルハワイアンセンター!ワイキキの巨大ツリー

ワイキキ最大のショッピングモール「ロイヤルハワイアセンター」。ワイキキのカラカウア通り沿いに、高級ブランドのお店はもちろん、ハワイのローカルショップ、レストランなどが軒を連ねています。この「ロイヤルハワイアセンター」で毎年、ロイヤル・グローブと呼ばれる美しい中庭にお目見えするのが、34フィート(約10メートル)もある巨大ツリーです。白く輝くのはハワイを代表する花、プルメリア。またハワイ伝統のパカラ、幸せを運ぶと言われるモンステラの葉などがデコレーションされた、いかにもハワイらしいツリーです。昼間に見る、明るく輝くツリーも、夜に見るロマンティックなきらめきを持つツリーも、それぞれに素敵です。

今年で40周年を迎える「ロイヤルハワイアンセンター」はパンデミックの間、多くの小売店がクローズしていましたが、年末に向け小売店やレストランなどそのほとんどが再オープン。メインラインドからの観光客の方たちも増え、以前の賑わいを取り戻しています。

歴史あるホテルのフェミニンなピンククリスマスツリー

1927年の創業で「太平洋のピンクパレス」とも呼ばれる歴史ある「ロイヤルハワイアンホテル」。ホノルルでは3番目に古いホテルです。数あるハワイのホテルの中でも華やかなピンクの外観はひときわ目を引き、女性の憧れホテルでもあります。創業以来、世界中から多くのセレブリティを受け入れ、今も王族たちからも愛され続けているホテルです。スペイン風建築が優雅なこのホテルにも、毎年ホリデーシーズンを告げるかのようにクリスマスツリーが飾られます。

「ロイヤルハワイアンホテル」のロビーで私たちを迎えてくれるのが3本のツリー。ホテルのテーマカラーに合わせ、フェミニンなピンク色のツリーです。キュートなピンクのオーナメントに、優しいピンクの胡蝶蘭などが飾られた上品なクリスマスツリーです。

ハワイをふくめ、世界中で新型コロナウイルスの勢いは収まりそうになく、例年のようなホリデーシーズンを過ごすことができないかもしれませんが、気分だけは明るく過ごすことができますように。皆さんが素敵な年末年始を過ごすことができるように、ハワイからメレ・カリキマカ!

関連するまとめ

話題のカフェ・スイーツも!センスが光る★サウスショア マーケット人気8店

開発の進むワード・カカアコエリアには、行くたびに新しい建物やショップ・レストランが増えています。そんな最新お…

ハワイ経済再生へのステップ!ショッピングモールや小売店が再開!

新型コロナウイルス感染者数が1ケタを継続しているハワイ。そんななか経済再生の動きも!ショッピングモールや小売…

アロハ☆ガール編集部

ハワイ好き女子の為にハワイローカル情報を日々取材しております♡♡♡