あへてクローズも一時休業もしなかったカフェが!

新型コロナウイルスの影響で2020年は、ハワイのレストランやカフェが大きな打撃を受けました。世界的な有名店でも休業やクローズを余儀なくされるほど、今回のパンデミックの影響は計り知れないものでした。

そんななか「この時期だからこそ何とかハワイの人たちに美味しいお料理やスイーツを食べてもらいたい」と、あへてクローズをすることなく営業を続けたお店もあります。(州やステイツのプロトコールに則っての営業です)そんなお店の中から、人気の2店舗をご紹介します。

ヘルシー志向のロコたちからの根強い人気!「ピースカフェ」

地元のグルメ誌などでも高い評価を受け続けている、ヴィーガン専門店「ピースカフェ」。「ピースカフェ」はキングストリートにある小さなカフェですが、2010年にオープン以来、ランチタイムに限らず、お客様の途切れる時間がないほど、ロコに絶大な支持を受けているカフェです。

ホノルル市では、5人以下であればレストランやカフェで同じテーブルでお食事ができるようになった今でも、テイクアウトのみの営業を続けています。

さらに健康を維持し、免疫力を上げることがとても大切だと叫ばれている今の時期だからこそ「ピースカフェ」の人気は高まりました。ヘルシー志向のロコたちや、ヴィーガンではない人たちまでが、漢方やマクロビ、そして食養生などを学び、食と健康について知り尽くしたオーナーの寺井さんが作りあげるお料理を絶賛。コロナ禍でありながら、毎日ランチタイムには行列をつくるほどの人気のお店となっています。

Peace Cafe
ピースカフェ

2239 S King St, Honolulu HI 96826
808-951-7555

栄養たっぷりのアサイボウルがロコに人気「アイランドビンテージコーヒー」

1996年に、ホノルル市内の小さなカフェとしてオープンしたお店は、ハワイ産の希少なコナコーヒーなどを提供し、ハワイの有名カフェに成長しました。特にアサイボウルは有名で、ロコたちはもちろん、日本人観光客にも大人気のカフェの一つです。パンデミックの間も、ロイヤルハワイアンセンター内にあるお店はテイクアウトのみで営業を続けました。今まで、店内に所せましと並んでいたオリジナルアイテムが販売されている棚やテーブルなどは撤去され、広い空間で、ソーシャルディスタンスが保てるよう工夫されました。

そんななか、シグニチャ―メニューのアサイボウルは、依然として大人気。ロコたちがパンデミックの前と同じように行列を作りました。ブラジルの人たちは、栄養素としても疲労回復剤のような形としてもアサイを食べていたそうです。成分の中には、ビタミン類やポリフェノール、鉄分など栄養素の宝庫。またポリフェノールには抗酸化作用があります。これをお肌で言えば、肌を錆びさせない、ということで、つまりシミやたるみなどのトラブルを防いでくれるということ。アサイの中の「ポリフェノール」は赤ワインの30倍以上なので、健康、そして美容にも良いとされているわけです。コロナ禍であってもロコガールたちが通い続けるわけですね。

現在は、店内飲食もできるので、アウトサイドのテーブル席で食事やコーヒーが楽しめます。世界的なコンペティションで何度も高く評価されているカウコーヒーなど、一杯一杯丁寧に淹れられるコーヒーやアイスコーヒーを、風に吹かれながら楽しむロコでいっぱいです。またフレッシュなフルーツをふんだんに使用したスムージーも人気です。コロナ禍も、できる限りの工夫と努力で営業を続けた大人気のカフェ、2021年も応援しています。

Island Vintage Coffee
アイランド・ヴィンテージ・コーヒー

2301 Kalakaua Avenue #C215
808.926.5662

関連するまとめ

美味しくてヘルシー!創作和食店ZIGUのランチに大満足♡

ハワイのローカル素材にこだわり、地産地消をテーマにしたレストラン「ジグ」がオープンしたのは2018年のこと。…

元スターバックスのメンバーが作ったカフェ”モーニング・グラス”

元スターバックスのメンバーが作ったた、こだわりがたくさん詰まったカフェの紹介です。

【ロコパル】早くもロコの間で評判に!ホノルルにタピオカティーのお店「ウェーブティー」…

ハワイは空前のボバティーブーム!そんななか、オープンしたばかりで早くもロコ達の評判になっている新タピオカティ…

アロハ☆ガール編集部

ハワイ好き女子の為にハワイローカル情報を日々取材しております♡♡♡