キッズ・シティへ行こう!

ハワイにキッズ・シティが誕生したのは、2019年の12月。場所は、カポレイ地区にあるカマカナ・アリイというショッピングモール内です。

ハワイ初のラグジュアリー室内プレイグラウンドで、オープン以来ローカルのキッズに人気のスポット。日本にはどこでもあるような子ども向けの施設、実はハワイにはあまりなく、遊ばせる場所を探すのに一苦労だったのですが、今ではキッズ・シティのおかげでハワイ在住のママ・パパも大喜びなのです!

気になる室内の様子は…?

利用方法はとても簡単で、入口のカウンターで支払いを済ませたら靴をロッカーにしまい、カギをスタッフに預けるだけ。大人も子供も靴下が必要なのでお忘れなく!貴重品入れや荷物入れのロッカーはないので各自お持ちくださいね。では、早速施設内の様子をエリアごとに紹介していきます。

キッチン

入り口付近にあるキッチンコーナー。

キッチン、ダイニングテーブル、フルーツや野菜など、何種類ものケースに分別された食べ物なども豊富!おままごとが好きな子にぴったり。

また、キッチンエリアの近くには、スーパーのレジなどもあり、お買い物ごっこができます。

レゴ

大人もつい真剣に遊んでしまうレゴ。子供と一緒にクリエイティブな遊びができます。

ボール

番人気なのが、ボールゾーン。

思い切りジャンプしたり、ボールにうもれたり、壁に映るゲームで遊んだり、自宅では出来ない遊びが楽しめます。

バウンスハウス

アメリカのキッズパーティーやイベントでよく見かけるバウンスハウス。ここにもやっぱりありました!

よじのぼったり、滑り台を滑ってボールゾーンに入ったりと、見ていてとても楽しそうです!

ジャングルジム

トンネルや滑り台、ぶら下がるボールなど、思い切り体を動かしたい2〜3歳のキッズにおすすめ。マットレスだから転んでも痛くないし、ネットで囲んであるので歩き始めの子どもでも安心です。

ベイビー専用エリア

お兄ちゃん、お姉ちゃんたちと一緒だと、ぶつかったりして怪我をしないかとなにかとヒヤヒヤしてしまうのですが、ベイビー専用のエリアがあるので安心してハイハイをしたり、小道具で遊ばせることができます。

授乳室もあり

新生児がいると、気になるのが授乳室やオムツを変える場所。ちゃんと施設内に完備してあるので、慌てて施設外のトイレまでダッシュ、なんてこともなく気軽に利用できるのはとてもありがたいです。

かわいいテントやチェアも。

男の子に人気のダイナソーゾーン。

このように、1度では遊びつくせないほどの充実ぶりです。

ルール・料金

利用料金は、子ども1人$20(大人1人含む)、大人2人の場合はプラス$5で入場でき、最大2時間利用可能。その他の詳しいルールなどは、ぜひウェブサイトをチェックしてください。

ワードエリアにやってくる!

今まではカポレイ地区に足を伸ばしていたタウンに在住の方や観光客のみなさんにも嬉しいニュース!なんと2021年の春に、ワードセンターの一角にキッズ・シティがオープンします。便利なワードエリアにあれば、観光客の方も気軽に利用できるので、ママが買い物してる間にパパと子どもでキッズ・シティ!なんて過ごし方も。タウンに住むママたちは、今からワクワクです。

たっぷり遊べるな、と思った2時間はあーっという間に過ぎ、子どもと一緒に大人も楽しめて大満足でした。今日はどこで遊ばせよう…と頭を抱えるママ・パパさんはぜひ遊びにいってみてください。

Kids City
キッズ・シティ

91-5431 Kapolei Pkwy Ste1117 Kapolei, HI 96707
808- 393-7909
MON-THU, SUN 10am~6pm
FRI, SAT 10am~8pm

関連するまとめ

ホノルルマラソンにあのダンディな男性が参加!2018年の有名人ランナーは?

毎年12月に開催されるハワイの一大スポーツイベント、ホノルルマラソン。毎年様々な有名人、スポーツ選手などが参…

無料で楽しめる美術館「ハワイ州立美術館」へ行こう!

ダウンタウンにあるHawaii State Art Museum(ハワイ州立美術館)をご紹介します。

ハワイのドルフィンスイムツアーが来年にも全面禁止!? 実際のところどうなのか

ハワイの人気アクテビティである野生のイルカと泳ぐドルフィンスイムツアーが、来年にも全面禁止になるかもしれない…

アロハ☆ガール編集部

ハワイ好き女子の為にハワイローカル情報を日々取材しております♡♡♡