人種と宗教をこえる癒しの場

1930年にその歴史が始まった日蓮宗「ホノルル妙法寺」は、ハワイに暮らす日本人の心のよりどころであり、多くの人たちを癒してきたお寺です。お釈迦様の遺骨も収められている由緒正しきお寺でもあります。

パンデミックの前まではお寺では、マインドフルネス瞑想が行われたり、様々なイベントが開催されたり、ヨガのレッスンまで行われたりと宗教の枠を超えた、癒しの場として多くの人たちが集まっていました。

特に参加費無料のマインドフルネス瞑想クラスは評判で、ロコたちだけでなく時には日本からの観光客の方も参加されていたものでした。ハワイが2度のロックダウンに入り、以前のように境内に集まり瞑想を行ったり、ご住職のお話を聞くことができなくなった時も、「この不安な時代だからこそ再開してほしい」との多くの信徒さんからの声を受け、日曜礼拝をフェイスブックライブで開催してきました。

ご住職の人柄に多くの芸能人も訪れる寺

そんな「ホノルル妙法寺」でご住職をつとめていらっしゃるのが、山村尚正さん。驚くことに6歳の頃にはお経を唱え始め、14歳で得度されたというご住職です。音楽をこよなく愛し、人種や宗教を超えて誰かの幸せのためにつとめたいと言うご住職の人柄にひかれ、寺を訪れる芸能人たちも数多くいます。

そんななかに、スプリチュアルの世界ではまさに重鎮とも言えるスピリチュアルカウンセラーの並木良和さんがいます。並木さんは温かい語り口で宇宙の法則をわかりやすく教えてくれ、ユーチューバーとしてもダントツの人気を誇っています。

実はそんな有名な並木さんも、以前はこのお寺で毎年講演会を開催されていたそうです。またフォトグラファーのチヒロ☆なうさんとYouTubeチャンネルの撮影もされています。

「並木さんは一言で言って、本当に良い方ですよ。とても純粋な方ですね。こうして妙法寺とのご縁をいただいてとてもありがたいことだと思っています。今の活躍をとても嬉しく思っています。」山村住職は、そう話してくれました。

ここからが宇宙的新しい年・・・。

モデルのSHIHOさんが「ホノルル妙法寺」を好きで、寺の中の風を感じることができる美しい空間で、瞑想をし、時を過ごしていたというのは有名な話です。その他にも数多くの芸能人やVIPも訪れるこの寺にはきっと何か、人を引きつけ、癒し、そして開運に導く不思議な力があるのかもしれません。

コロナ禍で、誰もが将来を心配し、不安を感じるこの時代だからこそ、宗教の枠にとらわれず、心静かに境内で深呼吸をしてみる・・・。並木良和さんが、毎年通い続けるほど魅力のあるこの寺で、ゆっくりと散歩をしてみる・・・。日本にいても、フェイスブックライブを開いてみる・・・。そんな小さな行動が、今のあなたを開運に導いてくれるのかもしれません。

2021年、3月の春分。並木さんも「宇宙元旦」と呼びますが、ここからが2021年の本当の意味でのお正月になるのだとか。つまりこの3月からが新しい年のスタートということ。今年が皆さんにとって良い年になるように・・・。「ホノルル妙法寺」のブログやフェイスブックライブはこちらから。ぜひハワイの癒しに触れてみてください。

関連するまとめ

独占インタビュー!元テラスハウスの福山智可子さんLA移住の真相告白

テラスハウス ALOHA STATE(アロハステート)に出演しカップル成立となり卒業した福山智可子さん。大志…

【YouTube】今ハワイで大注目の「カハラマーケット」潜入リポート!

11月18日にオープンしたばかりの「カハラマーケット(Kahala MKT. By Food Land)」に…

ハワイのイルカのエネルギーを使って作る波動エッセンス

波動エッセンスを作るエッセンスアーティスト服部みゆきさんを紹介します。みゆきさんは、2019年に行われたドル…

アロハ☆ガール編集部

ハワイ好き女子の為にハワイローカル情報を日々取材しております♡♡♡