2度のロックダウンで休業を余儀なくされたホテル・・・

ハワイ全州がロックダウンに入ったのは、2020年の3月25日でした。ハワイの経済は激変。新型コロナウイルスの感染拡大防止策によりハワイへの渡航者も激減し、ハワイのホテル業も大きく変化せざるをえない状況となりました。観光の島ハワイの観光業は大きな打撃を受けたのです。特にハワイのホテルは軒並み休業を余儀なくされました。そんなハワイのホテルが、ようやく元気になってきています。アメリカ本土からの観光客の方たちも増え、特にホテル内の人気レストランは、ロコや観光客の方たちでいっぱいです!

最高のビューでいただく「ラムファイヤー」のランチ

ワイキキの中心に位置するホテル「シェラトン・ワイキキ」内にある「ラム・ファイヤー」は海が目の前!ロイヤルハワイアンショッピングセンタ―からも歩いて数分の距離なのでとても便利な場所です。名前のとおり、100種を超えるラムを取り揃えたバー&グリルです。

オーシャンフロント、そしてワイキキビーチやダイヤモンドヘッドも一望。バーなのでもちろん夜の雰囲気も素敵ですが、ハワイらしいビューを楽しみながらいただくランチが格別です。

ホテル内でありながら、カジュアルに入ることができるこの場所では、豪快にハワイのハンバーガーなどいかがでしょう?ロコが大好きな場所で過ごすランチタイム。ハワイの景色を満喫してください。

ハワイの風を楽しむ「プルメリア・ビーチハウス」

ハワイの名門ホテル「カハラホテル」は、世界中の観光客を温かいホスピタリティで受け入れてきた歴史があります。海の目の前のアウトサイドのテーブル席でお食事がいたただける「プルメリア・ビーチハウス」でのランチはプライスレスです。待ちかねたロコたちも連日訪れています。

サラダやスープなど、アラカルトで選ぶことができ、アレルギーがある方にも丁寧に相談に乗ってくれ、しっかりと対応をしてくれます。テラス席も店内も、驚くほどゆったりとした空間で食事ができるので、安心です。

シンプルなエッグベネディクトにはまろやかなオランディースソースがたっぷり。バターの香りとクリーミーななめらかさは何度でも食べたくなるメニューです。

カジュアルに楽しむ!ビーチバー

ワイキキで最も歴史のあるホテル「モアナサーフライダー・ウェスティンリゾート&スパ」。1901年3月にワイキキ初のホテルとしてオープンしました。オーシャンフロントでハワイの風を感じながらくつろぐことができる美しい場所です。「ビーチバー」に入るには、ホテルのシンボルとも言えるバニヤンツリーの木陰を歩きます。1930年代にハワイ観光を全世界にアピールしたラジオ番組「ハワイ・コールズ」もここから始まりました。

ビーチバーにはステージもあり、時間によってローカルアーティストたちの生演奏が楽しめます。2度のロックダウンを経た2020年には、音楽の生演奏などはどこもほぼ中止。ようやくエンターテインメントを楽しめるハワイが戻ってきました。そんななかでいただく食事は格別です。ポケなどのシーフードが美味しいです!ハワイの名物の一つ、ガーリックシュリンプも素材の新鮮さがいきています。日本語メニューもあるので安心してオーダーできますよ。海からの風が心地よい空間で、みんなでワイワイと楽しみながらゆったりと過ごしてください。元気になっているハワイ。ようやくホテルも本格始動で日本の皆さんをお待ちしています!

関連するまとめ

ロコボーイが教えてくれた★カイムキにある超穴場プレートランチ店!

カイムキにある、ローカルに愛され続けるプレートランチ店、North Shore Grindsをご紹介します。

サーファーも通う、モンサラットにある人気プレートランチやさん♡

がっつり食べたい人にもオススメの、ロコサーファーが通うプレートランチのお店、South Shore Gril…

ハワイで食べるイタリアン!おススメ3選!

来年こそハワイへ!そう思っているハワイ好きの方は多いはず。その時にはハワイで美味しいイタリアンを。おススメの…

関連するキーワード

アロハ☆ガール編集部

ハワイ好き女子の為にハワイローカル情報を日々取材しております♡♡♡