まずはアロハガールの皆さんへ!

ハワイには雨季と乾季があります。そろそろ本格的な夏に突入です!そしてこの時期は、南国ハワイの花のシーズンでもあります!今回はハワイの風景を切り取ってご紹介しますが、まずは、アロハガールの皆さんが大好きなプルメリアの花。

南国ハワイでは、プルメリアの花が1年中咲いているイメージがありますが、実は花の見ごろは4月から11月くらいまで。つまり、今が花盛りなのです!古代からプルメリアは神聖な花、そして女性を幸せにする花として大事にされてきました。ハワイの伝統文化、フラを踊るダンサーたちのレイフラワー(フラを踊る際の首飾り)としても人気の花です。

プルメリアには様々な色がありますが、白い花はシンガポールという名前がついています。ワイキキを散歩していて、一番見かけるのも、この白いシンガポールではないでしょうか?香りも甘く濃厚で、ぷっくりとした花が可憐なプルメリア。女性のみなさんが幸せになりますように!

やっぱり海!ハワイの海!

どこまでも広がるハワイのブルーオーシャン。周りを海に囲まれたハワイは、美しいビーチや海岸が存在します。毎年ドクタービーチが選ぶ、全米ビーチトップ10。今年は1位に、ハワイ島のハプナビーチが選ばれました!世界中の人たちが憧れるハワイの海、これからがますます美しい輝きを持つシーズンです!

遠くにダイヤモンドヘッドをのぞめるビュー。波や空の色によって、時間によって、色が変わっていく海。エメラルド色の美しい海はやはりハワイの宝物です。見ているだけで癒される風景です。サーフィンをしなくても、海に入って泳がなくても満喫できるハワイの海。皆さんが一日も早くハワイに来て、波の音を聞きながら癒されるハワイアンタイムをエンジョイできますように。

ダイヤモンドヘッドをのぞむ風景

東京ドームの26個分もの広さがある「カピオラニ公園」。ハワイで一番大きな公園であり、ホノルルマラソンのゴール地点としても有名な場所です。何と言っても「カピオラニパーク」は、ダイヤモンドヘッドが目の前!緑にあふれた公園の目前にあるのがダイヤモンドヘッド、やはりハワイの代名詞ですね。

ふ~っと深呼吸したくなるほどの癒しの風景。標高は232メートルと高い山ではないのですが、美しい稜線も、季節の降雨量と緑によって変わる山の色も、ハワイ好きの方たちにとっては特別なもの。夏に向かって、乾季となっている今のシーズンは、山は薄いブラウン。雨季の山に緑が茂る季節は、ダイヤモンドヘッドがエメラルドに変わる、と言われるほど緑に!とにかく1年を通して美しい山でありハワイの、そしてオアフ島のシンボルです。

見ているだけで癒されるパームツリー

パームツリーは古代から、ハワイアンの生活の中になくてはならないものでした。パームツリーにココナッツが育てば、それはジュースとして飲まれ、実は食べることができました。ココナッツのツリーの大きな葉は家を作る際にも用いられていたし、生活にまるごと使われていた大切な植物でした。今もビーチ沿いを歩てみても、パームツリーは、ハワイの風景の中に溶け込んでいます。

特にこのシーズンは、ビーチで寝ころんで、青空を見上げた時に、パームツリーの間からまぶしい日差しが輝いています。強い太陽の日差しが何とも心地よく、ハワイを感じる方も多いのではないでしょうか?パームツリーが空に向かって伸びる力強さも、私たちに元気をくれるもの。今はまだ日本の皆さんがハワイに気軽に来ることはできないかもしれませんが、ハワイはいつもあなたを待っています。

関連するまとめ

ハワイの今。ロコの健康維持に欠かせないあそこは今どうなった?

免疫強化からケガのリハビリまで、ロコが足しげく通うカマイナアキュパンクチャーはどうなってるのかな?

ドルフィン&ユー(Dolphin and You)ハワイNo.1ツアーの人気の秘密に…

「111ハワイアワード」にてハワイツアーNo.1の座を二年連続獲得している「アンドユークリエーションズ(An…

ハワイ復活物語。ハワイの復活はスモールローカルビジネスから!

コロナウイルスの影響で大打撃を受けたハワイの経済。そんな中でも、新しく生まれ、動き出した元気なビジネスもあり…

アロハ☆ガール編集部

ハワイ好き女子の為にハワイローカル情報を日々取材しております♡♡♡