ワンストップでいろんな味が楽しめる!

「デュークス・レーン・マーケット&イータリー」は、レストラン、ベーカリー、アイスクリームショップなどが並ぶグルメスポットでもあり、ワイキキの真ん中にありながら、生鮮食品までそろうマーケットでもあります。何と総フロア面積は13,000平方フィート!とにかく広い!お洒落で開放的な空間です。

「イル・ジェラートカフェ」は、10年以上にわたって、上質なジェラートを作り続けているハワイの企業です。あまり知られていませんが、ハワイ大学で物理化学の博士号を取得したダーク氏がイタリアで修業を積み、ハワイの素材を大切にしながら作り上げたジェラートなのです!ハワイの素材がいきたジェラート、ロコに大人気です!

ロティサリーチキンやフラットブレッドピザの専門店「スピットファイヤー」。お好みのホットフードをテイクアウトできます。忙しい時でもサッと選んでテイクアウトできます。そのうえお味は本格派!フレッシュなポケも様々な種類がそろっていて、ホテルで部屋飲み・・・なんていう観光客の方たちもワイキキで手軽にローカルポケが買える場所として、とても便利です。

ここでは「デュークス・レーン・マーケット&イータリー」で扱うベイクドアイテムを毎日手作りしているそう。ハワイの素材をふんだんに取り入れた焼き菓子やペイストリー。甘いもの好きの方たちにも立ち寄っていただきたい場所です。

人気のチャコールパンケーキをぜひ一度!

レストラン「BASALT(バサルト)」は、ハワイの多様な食文化を大事にした、コンテンポラリーでグローバルキュイジーヌのレストランです。ハワイの素材を十分いかしたメニューがそろっています。バーコーナーも充実。ハワイのマイタイやブルーハワイなどのカクテルはもちろん、様々なお酒を気軽に楽しむことができます。

そんななかでもシグニチャ―メニューとして人気なのが、黒いパンケーキ「バサルト特製チャコールパンケーキ」です!そもそも「BASALT(バサルト)」という店名は、ハワイを形成する溶岩を意味しているそう。そして驚きの黒い色は、ハワイのココナッツの殻の炭を使用しているので、ヘルシーでナチュラルなパンケーキでもあるのです。炭入りのホイップクリームは甘すぎない大人の味です。溶岩に見立てた赤いソースは、グアバのフレイバー。甘酸っぱいソースがパンケーキによく合い、ぺろりと食べてしまえる美味しさです。

ロコが大好きなメニュー「ロコモコ」。ハワイ産ビーフパテにキノコのグレービーソースのコラボが抜群です。とろりとした卵をからめていただくロコモコ。ワンランク上の美味しさです。

レストラン「BASALT(バサルト)」は、デュークス・レーン沿いに、開放感あふれるオープンエアのラナイ席もあるので、コロナ禍でも安心して食事ができる場所です。本格派のお料理をカジュアルにいただけ「BASALT(バサルト)」。ワイキキのお散歩の途中に、「デュークス・レーン・マーケット&イータリー」内にある素敵な場所で、ハワイの風を感じながら美味しい時間をどうぞ。

関連するまとめ

手軽にふらっと日本のおかずが買えるのはここ!「KuruKuruすし」のお惣菜屋さん

こんなお惣菜屋さんを待ってました!!10ドルでどれだけ買えるか実験含む!

カリフォルニアスタイルのピザが人気!ロコが大好きなレストランに行ってみた

ローカル・観光客に人気、黄色いサインが目印のカリフォルニア・ピザ・キッチン(以下CPK)に初めて行ってきまし…

アロハ☆ガール編集部

ハワイ好き女子の為にハワイローカル情報を日々取材しております♡♡♡