2022年6月12日からアメリカ入国時の陰性証明書が不要に

アメリカ政府は、これまでアメリカ国外からアメリカに入国する旅行者に対して、渡航の前日に新型コロナウイルスの検査を受けて陰性証明書を提示することを義務付けていました。しかしこのシステムを撤廃し、2022年6月12日からは陰性証明書を提示せずに入国できる新しいルールをスタートさせました。

アメリカはこれまで新型コロナウイルスの患者が急増し、さらにオミクロン株によって多くの患者が増えてきた国。しかし利用客の回復を期待する航空会社などの旅行業界から撤廃の声が上がっており、アメリカ国内での感染率が下がってきた状況などを考慮して、この措置に踏み切ったようです。

ただし、CDC(米疾病対策センター)は旅行者に新型コロナを疑うような症状があれば旅行を控えるよう推奨しています。また今後、新しい変異株が出現して新型コロナ患者が増えるなど状況が変われば、この陰性証明提示の義務化が再び導入されることもあるそうです。

2回のワクチン接種は今も必要

アメリカへの入国に陰性証明書の提示義務は必要なくなりましたが、アメリカ行きの飛行機に搭乗するすべての人は、ワクチン接種を完了していてその証明を提示しなければなりません。ワクチンは2回目を接種してから14日以上が経っていることが条件です。(3回目の接種は求められていません)

日本-ハワイ間の旅行関連情報はこちら

新型コロナの規制によって、日本とハワイの海外からの受け入れや、隔離などの条件も変わっています。ぜひ最新情報を確認して、旅行を楽しんでくださいね。またハワイ旅行関連の情報は、下記の記事も参考にしてください。

関連するまとめ

コロナ過でハワイローカルはみんなこれに夢中になりました!新しいポップアップストアもオ…

コロナウイルスの影響で日常の生活に様々な規制が課されてからほぼ1年。その間にロコの間でむちゃくちゃ流行ったも…

キングスビレッジに建設!ヒルトンの32階建て高層ホテルの全貌を紹介

ワイキキの中心地で現在キングスビレッジがある場所に、32階建ての高層ホテルが建設予定であることをご存知ですか…

関連するキーワード

M

ハワイで暮らしてます。海が大好き。