フードパントリーの跡地にオープン!

ワイキキのクヒオ通り沿いに最新スーパーマーケット「ワイキキマーケット」と「ピコ・キッチン+バー」が2023年1月11日にオープンしました。ここは、かつて『フードパントリー・ワイキキ』として1960年にオープンし、約60年もの間ローカルや観光客から愛されていましたが、複合施設『リリア』開発のため2019年に多くの顧客に惜しまれながら閉店していました。そして、この度『ワイキキマーケット』として新しく生まれ変わりました。

この「ワイキキマーケット」は、地元の著名な企業家であった故モーリス・J・“サリー”・サリバンが創業したフードパントリー・リミテッド社の運営によるもので、ハワイの多様な食文化や伝統を尊重した店づくりを目指しており、地産食材やハワイで製造された食品を数多く取り入れ、世界中から訪れる観光客にハワイの食文化を紹介する役割も担っています。

また、「ピコ・キッチン+バー」と「オリリ・ワイキキ」(今年3月オープン予定)という2つのレストランも併設されれているので、「ハワイの食体験」をさらに深く楽しむことができるのも魅力です。

クヒオ通りを望みながら楽しめるレストラン

まず、クヒオ通りから「リリア」の1階に入ると広がるのが「ピコ・キッチン+バー」。ピコ(ハワイ語でおへそ、命の中心という意味)の名前通り、店はエントランスの真ん中に位置しており、2階にあるワイキキマーケットの行き帰りやワイキキ散策中、カジュアルに立ち寄れるのが魅力です。座席は、今後ライブ演奏も行われる予定の屋外席と、スタイリッシュな屋内席から選べます。

メニューはポークベリー、椎茸、ジンジャーチキンを挟んだ中華風蒸しパンや、韓国風味のガーリックヌードル、カルビ・スマッシュバーガー、オックステイルブロスで茹でたピーナッツ、フィリピン料理のマニラクラム・ピナクベットなど、ハワイらしいローカル好みの料理が揃っています。

バーメニューは、モイリイリにあったビストロ「Nook」の元経営者である、ミクソロジストのヘイリー・バーキーさんがプロデュースしており、ミックスプレートマルガリータやスコッチ&アヴァプヒ、ピコパンチ、ライチーフローゼなどのオリジナルのハンドクラフトカクテルが楽しめます。

多彩なラインナップのテイクアウトフード

「ワイキキマーケット」のロケーションは、「ピコ・キッチン+バー」横の階段またはエレベーターを上った2階。エントランスを入ると、すぐにテイクアウトフードコーナーが広がります。ここで提供される料理は全て、シェフ・デ・キュイジーヌのオーウェン・イマイズミ氏が監修しており、どのフードアイテムにもハワイの物語とこの島々に住む国際色豊かな食文化が表現されているのも注目のポイントです。

鮮魚、サイド、ソース、トッピングを選んでカスタムメイドのポケボウルを作ることができる「Poke All Day ポケ・オールデー」、

各種おにぎりや好きなトッピングを選んで自分好みのチャーハンボウルを作ってくれる「It’s All Rice イッツ・オール・ライス」、

バラエティ豊かなメニューを日替わりで楽しめるボリュームタップリのプレートランチの「Local Plates ローカルプレート」、

揚げたてのマラサダや、オーダーしてから焼き上がるフラットブレッドが揃っている「Bake Shop ベイクショップ」の4つのステーションが並んでおり、テイクアウトはもちろん、店内に設られた広々としたイートインスペースやテラス席に座って、その場でゆったりと味わえるのも魅力のポイントです。

また、この一角にはレストラン「オリリ・ワイキキ」も今年3月にオープン予定。「オリリ・ワイキキ」は、クヒオ通りを見下ろす大きな窓が特徴の開放的な空間で、ハワイのミックスプレートを本格的かつ現代的にアレンジした多彩なメニューを朝~夜まで提供予定です。

ハワイ語で「きらめき」を意味する店名「オリリ」の通り、高い天井から吊り下げられた水疱のような電球や、ガラス窓に映るワイキキの輝きを楽しめるおしゃれな空間で食事を楽しめます。

生鮮食品やお土産など充実の品揃え

テイクアウトフードコーナーを過ぎると、野菜や果物、肉、鮮魚などを揃えた生鮮食品コーナー、コンドミニアムステイに重宝する日用品コーナー、

ワインやウイスキーやローカルビールなど多彩なセレクションを揃えたアルコールコーナー、滞在中もハワイ土産としても楽しめるスナックや雑貨コーナー、お花まで揃っているワイキキ唯一のフルサービス食料品店です。

注目は、「ワイキキマーケット」ロゴが入ったオリジナルアイテム。エコバッグやウォーターボトルなど、レイやレインボー、波などが描かれたハワイらしいデザインのアイテムが揃っているので、ハワイ土産としても最適です。

店内のアート作品も注目!

ここを訪れる際は、アトリウムと階段に設置されている、ネイティブハワイアンアーティストのカイリ・チュン氏による2つのオリジナルアート作品にも注目を。アトリウムに設置された吊り下げ式の作品「オリリ」は、ワイキキ沖に生息するハラールフィッシュの煌めきと、水平線から登る月の輝きを表現した作品で、

2階へ上がる階段にある「ムリワイ」は、ワイ(淡水)とカイ(海)が出会う場所、穏やかな水の流れや、ワイキキがその昔、ハワイアンに豊かな資源を提供した場所であるという歴史的背景に敬意を表した作品となっています。

ワイキキにオープンしたばかりのスーパーマーケット「ワイキキマーケット」で、ショッピング&ダイニングを楽しんでみてはいかがですか?

ワイキキマーケット
2380 Kuhio Ave., Honolulu
808-923-2022
8:00~20:00

@waikikimarketjp
@waikikimarketjp

ピコ・キッチン+バー
808-532-6420
11:00~21:00 日~木曜
11:00~22:00 金~土曜

@PikoWaikiki
予約:オープンテーブルまたは電話

関連するまとめ

☆ワイキキ☆ カラカウアと小路をのんびりおさんぽしませんか?

以前クヒオ通りをおさんぽしましたが、今回はザ☆王道!カラカウア大通りです。 でもそれだけではつまらない(?)…

カカアコファーマーズマーケットに行ってきました【海側編】

前回の山側編に続き、今回は海側をチェック。こちらも山側に負けず、魅力的なブースだらけでした。

9月7日から日本帰国時の陰性証明が不要になります!

海外から日本に入国するときに必要だった陰性証明書の提示。これが2022年9月7日から、新型コロナのワクチンを…

アロハ☆ガール編集部

ハワイ好き女子の為にハワイローカル情報を日々取材しております♡♡♡