ステートIDとは?

「ステートID」とは、アメリカの各州が発行する身分証明書のこと。ハワイのステートIDといえば、ハワイ州が発行する身分証明書です。ハワイで生活していると、アルコールやタバコを購入するときの年齢確認の際に、身分証明書の提示を求められる等、さまざまな場面で身分証明書が必要となります。しかし、いつもパスポートを持ち歩くのは、紛失や盗難のリスクがあるため、危険です。ステートIDを取得して、ハワイ滞在中にそれを携帯すれば安心かつ便利です。

ステートIDがあれば、ハワイ住民向けの各種割引「カマアイナ・ディスカウント」を行っているレストランやショップ等でも、割引を受けることができるようになります。

誰が取得するべき?

ハワイ州の運転免許証を取得した方は、その運転免許証を携帯すれば、身分証明書として使えます。運転免許証を取得する予定のない方は、ステートIDの取得をおすすめします。またハワイ州の運転免許証を取得するまでの期間に、ステートIDを身分証明書として持ち歩くこともいいのではないでしょうか。

発行場所

ハワイ州のステートIDを発行するのは、運転免許証を発行するのと同じハワイ州ホノルル市群です。ステートIDを発行するドライバー・ライセンシング・センターは、ホノルルに5か所あります。

・カパラマ  925 Dillingham Blvd., #101, Honolulu, HI 96817

・ワヒアワ 330 N Cane St., DLC, Wahiawa, HI 96786

・ワイアナエ 85-670 Farrington Hwy., #3, Waianae, HI 96792

・カポレイ 1000 Uluohia St., #101, Kapolei, HI 96707

・コオラウ 47-388 Hui Iwa St., Suite 19, Kaneohe, HI 96744

申請方法

ハワイ州のステートIDを申請できるのは、10歳以上。ただし、14歳以下は、保護者が申請する必要があります。上記のライセンシング・センターでオンラインで予約を取り、予約日に窓口に行って申請します。

申請に必要な書類

申請には次の書類が必要です。

・ステートIDアプリケーションフォーム(ハワイ州ホノルル市郡のウェブサイトからダウンロードできます)

・法的な名前、生年月日、ソーシャルセキュリティナンバーを証明するもの

・ハワイの住所が明記された書類2点(銀行のステートメント(取引履歴)や、光熱費の請求書等)

申請費用

ハワイ州ステートIDの申請費用は、1回(8年間有効)40ドルです。アメリカの法的な滞在期間が限定されている場合は、1~7年間有効のステートIDを申請することができ、1年ごとに申請費用5ドルがかかります。

発行までの期間は?

申請してから発行されるまでの期間は、6~8週間。申請したときに紙の仮ステートIDが発行されます。本物のカードは郵便で送られます。

パスポートを紛失すると帰国できない等、大きな障害となりますから、パスポートを普段持ち歩くのは危険です。ハワイの不動産を取得して長期滞在する方や、ハワイに頻繁に訪れる方などは、ハワイでの身分証明書として、この「ステートID」を取得してみてはいかがでしょうか。ハワイ住民向けの割引「カマアイナ・ディスカウント」を受けられるなど、メリットも多いはずです。

関連するまとめ

ハワイのキャットカフェ穴場!Pounce Hawaiiでの猫ちゃんタイムは至福の時間…

素敵なキャットホテルで大人気のPounce Hawaii。今回はキャットラウンジの方にお邪魔してみました!

ウォールアートだけじゃない!買い物も楽しめるフィッシャー・ハワイ

オフィス用品や文房具が豊富に揃う「Fisher Hawaii(フィッシャー・ハワイ)」。有名な壁画をみた後は…

【ニュース速報】全ての観光客と帰国者に規制!14日間の隔離を要求!

3月21日、ハワイ時間の午後発表されたばかりのニュースです。新型コロナウイルスの感染が拡大するハワイ州。デー…

関連するキーワード