子連れの家族旅行に

バケレンで利用できるコンドミニアムや戸建てにはキッチンと最低限の調理器具が備えつけられています。そのため、ミルクや離乳食が必要となる小さなお子様がいる家族の旅行にはピッタリ。ホテルに泊まる場合は、フロントデスクにお湯や調理器具を頼まなければなりませんが、バケレンならその必要はありません。また、洗濯機と乾燥機が室内についている物件や、建物に共用のランドリールームがある場合がほとんどなので、頻繁に汚してしまう子供と一緒でも滞在中の洗濯にも困りません。

ハワイ女子旅に

仲のいい友だち同士のハワイ旅行にも、バケレンはピッタリ。オーナーが所有する部屋に滞在するため、オーナーの好みによって1件1件インテリアが異なります。南国風のインテリアにこだわった部屋、女の子が喜びそうなキュートな内装を行っている部屋など様々であり、お好みの部屋を狙って旅行するのもいいでしょう。コンドミニアムにはプールやジャグジー、BBQグリルなどの設備が充実した物件もたくさんありますから、ホテル以上にスタイルにあったステイが楽しめるかもしれません。さらに、現地のスーパーで食材を買い出しして、キッチンで料理を作るというのも、非日常的な体験となり盛り上がりそう。まるで、友だちと一緒にハワイに暮らしているような気分に浸れます。

リタイアした夫婦のロングステイ

ハワイで長期滞在する方の中には、時間にゆとりのあるリタイア層も多くいます。ハワイは1年を通して、穏やかな気候で過ごしやすいもの。だから、日本が冬や夏を迎える時期にハワイを訪れ、のんびりと過ごすケースが多いです。そんな方には、キッチンや調理器具、洗濯機などが一通り揃い、長期滞在でも自分たちのスタイルで生活できるバケレンでのステイがおすすめ。自然あふれる環境でゴルフを満喫したり、フラやウクレレなどの趣味を楽しんだり、健康的な日々を過ごせるでしょう。

海外リモートワークやワ―ケーションに

パンデミックをきっかけに広く浸透した、「リモートワーク」という働き方。場所を問わずインターネットで仕事ができる時代がやってきました。リモートワーク中心の方は、海外で仕事をすることも可能になりました。また、仕事と休暇をかねて旅先で仕事する「ワーケーション」という働き方にも注目が集まっています。そんな海外リモートワークやワーケーションには、バケレンが最適。実際にハワイではリモートワークをきっかけとし、本土からの移住者が増えたようです。ラナイ(バルコニー)の椅子に座って、ハワイの美しい景色を眺めながら仕事する……。そんな理想的な働き方を実現できます。

学生の留学・サマースクールに

「子どもに異文化を体験させたい」と考えている方は、きっと多いはずです。そんな方たちに人気なのが、夏休み期間に経験できる学生向けのサマースクールや留学。1日~数日などの短期間で参加できるものもありますが、せっかくなら数週間程度体験させてあげたいもの。そんなロングステイには、1週間以上の長期滞在向きなバケレンが最適です。キッチンとランドリー付きの物件なら、ハワイで暮らしているように滞在できます。そんなハワイでの生活も、貴重な異文化体験のひとつになります。

教育移住の方に

子どもの教育環境を考えて、ハワイに移住するのが「教育移住」。そんな教育移住を行う方は、現地で家を借りて滞在することになるでしょう。しかし、子どものことを考えると、居住環境にもこだわりたいはずですし、現地のことをよく知らないうちに家を探すのは難しいと考えられます。そこで、最初はバケレンに滞在して、現地の生活に慣れてきたら、家探しを始めるという方も多くいらっしゃいます。

まとめ

目的や期間、一緒に滞在する人などによって、スタイルは様々です。そしてバケレンは、様々な滞在スタイルに合わせて選べる宿泊形態です。アフターコロナの海外旅行は、これまで以上に体験型、個人旅行志向になっていくと言われています。そんなハワイ旅行の際に、バケレンを利用することを考えてみてはいかがでしょうか?

関連するまとめ

ハワイもステイホーム!お家で楽しむ和と洋のスイーツ

ハワイも日本と同じように、感染者の増大とともにステイホームが推奨されています。ストレスもたまるこの時期だから…

マウイ島の森林火災で大被害 寄付する方法は?

ハワイのマウイ島で起きた大規模な森林火災。8月10日までに少なくとも96人が亡くなり、負傷者も多く出ています…

ガイドブックには載ってない!ハワイの穴場クリスマスイルミネーション

12月に入るといたるところでクリスマスのライトアップが見れるハワイですが、穴場ライトアップ場所を紹介します。…

関連するキーワード