ココヘッドトレイルとは?

ココヘッドトレイルは、オアフ島南東部のハワイカイエリアに位置するハイキングコース。

正式には「ココクレーター・レイルウェイトレイル」という名前で、ハナウマ湾の道路を挟んで向かい側にあります。

全長約1.6km(往復で2.6km)、高低差は約366mと、距離は短いものの急勾配が続くため、体力的にチャレンジングなコースとして知られるココヘッドトレイル。

このトレイルの特徴は、第二次世界大戦中に作られた旧軍事鉄道の線路跡を利用していることです。

戦時中、この鉄道は砲台や監視所への物資輸送に使用されていました。

現在では、この歴史的な遺産が自然と融合して、観光客やローカルの人々に愛されるハイキングコースとなっています。

線路を一歩一歩進んで頂上を目指していく、他にはない珍しいトレイルです。

トレイルの魅力

ココヘッドトレイルの魅力は、何と言ってもその景観と他のトレイルでは味わえない冒険感と登りきった時の達成感にあります!

スタート地点から頂上まで、ずっと急勾配の線路を登っていくトレイルで、気分はすっかりアドベンチャー映画の主人公に!

途中は正直けっこうハードですが、頂上に到達すると、そこには息を呑むような絶景が広がっています。

頂上からの景色は圧巻!

ハナウマ湾や、ハワイカイの高級住宅地、淡いエメラルドブルーの海、そして遠くにはダイヤモンドヘッドも見えます。

逆側は、南東部の美しい海岸線とクレーターを見下ろすことができ、360°のパノラマビューが楽しめるオアフ島屈指の絶景ポイントです。

ココヘッドトレイルへの行き方

アクティブな休日を過ごしたい人にぴったりなココヘッドトレイル。

おすすめの行き方をご紹介します。

車(レンタカー・Uber)

ワイキキ中心部からココヘッドの駐車場までの所要時間は約30分ほど。
72号線「Kalaniana’ole highway(カラニアナオレ・ハイウェイ)」でハワイカイエリアまで移動。

左手にショッピングモール「Koko Marina Center(ココマリーナセンター)」が見えてきたら、そこの大きな交差点を左折します。

左折したら、2本目の道を右折し、まっすぐ進むと駐車場に到着します。

駐車場の名前は「Koko Crater Trailhead Parking(ココクレーター・トレイルヘッドパーキング)」。

駐車料金は無料です。

駐車場から歩いて5〜10分ほどでトレイルの麓に着くので、車での移動が一番便利です。

The Bus(公共交通機関|ザ・バス)

公共交通機関のバスを使うと、ワイキキからは35~40分ほど。

カラカウア通りにあるバス停から22番ルートのバスに乗って、ココヘッドの登山口に一番近いバス停、「Kalanianaole Hwy + Hanauma Bay Rd」で下車します。

バスを降りたら道路をわたり、ココヘッドの登山口につながる「ココヘッド・パーク・ロード」に入ります。

ここから登山口までは、徒歩約10分です。

ココヘッドトレイルの注意点

頂上に辿りついた後の達成感もそこから眺める360°のオアフ島の絶景も最高でしたが、実際に現地行ってみて、気づいたことがあったので、まとめてみました。

ココヘッドトレイルを楽しむために、ぜひ参考にしてみてください。

トレイル中の直射日光に注意!

勾配が急な一直線の線路をひたすら上っていく、ココヘッドトレイル。拓けた道が続いているため、日陰がありません。

時間と天気にもよりますが、上っている間はずっと直射日光を浴び続けることになります。

うららが上ったのは、快晴の日の午後1時ごろ。

正直暑すぎて死ぬかと思ったのと、かなり日焼けしました!(笑)

日焼け対策は必ずしていきましょう。

また、上る時間も可能であれば調整した方が良いです。

見たい景色にもよりますが、ローカルの友達からは「早朝がおすすめ!」と言われました。

涼しくて、直射日光もなく、快適に上れるそうです。

さらには、頂上から見る日の出が最高、だとか!

次回は、日の出を見に行こうと思っています!

体調は万全に!無理をせずに進もう

標高は400m弱で、それほど高くはないのですが、直線急勾配の道を上り下りするのはけっこうハード。

体調が万全な時に挑みましょう。

また、途中で岩場の小さい休憩スペースもあるので、休憩と水分補給もしながら進むことをおすすめします。

「1日でも若いうちに上れ」とジョークまじりで言われているココヘッドトレイル。

無理は禁物です。

通常は、線路の枕木の下にも道があるのですが、一部枕木のみで下の崖が丸見えの「デンジャーゾーン」があります。

こちらは迂回コースもあるので、決して無理はしないよう、自分で安全な道を選んで進んで行ってください。

トレイルに必要な持ち物・服装

持ち物と服装についてもまとめてみました!

上る時はできる限り身軽が良いのですが、下記はあった方がいいです。

【 持ち物 】
① 水・スポーツドリンク(絶対!)
② タオル
③ 日焼け対策ができるもの(日焼け止め、帽子、サングラスなど)

【 服装 】
① 動きやすい服装(めちゃくちゃ汗かきます!ドライ素材の服をおすすめします)
② スニーカー(足元の安全を確保したいので、必須)

【 体験レポ 】ココヘッドトレイルに行ってきた!

ハワイに行くたびに気になっていたココヘッドトレイル。

ついに興味を持ってくれた友達が現れたので、一緒に行ってきました!

当日はワイキキから車で、「Koko Crater Trailhead Parking(ココクレーター・トレイルヘッドパーキング)」へ。

駐車場から5~10分でスタート地点の麓に着きました。

長く一直線に頂上まで続く道…。

さぁ、これから何が待ち受けているのでしょうか?

麓で写真を撮っていたら、犬を連れたアメリカ人カップルに話しかけられました。

「君たち、初めて?」

「はい、そうです!」

「Wow!初めての時はハードだと思うけど、頑張ってね!」

「よく来るんですか?」

「僕たちは、体力作りと犬の散歩でよく来てるんだよ」

そう、こちらのトレイル。

トレーニングで何往復か上り下りしているローカルの方もちらほら。

「すごい!慣れてるんですね!」

「そうだね、じゃあ僕たちは出発するよ!また頂上でね!」

爽やかに上っていくカップル&ワンちゃん。

うらら達も彼らの後に続きます。

最初は、なだらかな角度の階段です。

なだらかなのは良いのですが、歩幅を大きくしないと次の段に進めない!(足の長さの問題なのか?!)

2歩進んで上って、2歩進んで上ってを繰り返すうらら。

枕木の幅が広いと逆に辛いかも?!

なんだか地味に体力が削られる気がしました。

上り始めて10分ほど。

ふと後ろを振り返ると、すでに絶景!

写真を撮ったり、たまに端に避けて休んだりして先を進みます。

トレイルは一本道のため、上り下りする人たちがすれ違う感じ。

お互いに譲り合って、進んで行きます。

(どちらかというと、体力や視界的に余裕がない下りる人を優先してあげる感じ)

だんだん一段一段の幅が狭くなり、坂道が急になってきました。

しばらくすると前方に看板が。

ついにきた、噂のデンジャーゾーン。

ここから枕木だけのゾーンが始まります。

高所恐怖症のうらら。

枕木と枕木の間からは崖が見える…

踏み外したら大変なことになりそうです。

はしごのような道を普通に歩いていく友達たち。

一方で、崖を上るかのように手を使って一段一段上るうらら…。

「大丈夫?!」

優しい男友達がうららの後ろを上ってくれましたが、体勢的に彼にお尻(最近太った!)を突き出すような感じで、枕木を一段一段上るという何とも情けない状況に…。

(怪我したくない一心で、上っている最中は気にしている場合でもなかった汗)

20〜30mほどのデンジャーゾーンをどうにか抜けて、先へと進みます。

体力も精神力も奪われたうらら。

「休憩したい!」

友達に声をかけて、端の岩場で休んでいたその時、

「Hi!頑張ってる?この先また急勾配になるけど、もうすぐ頂上だよ!」

なんと麓で会話をしたカップル&ワンちゃんが下りてきました。

「えっ?!もう上ったの?!」

「まぁね!僕たちはもう1往復するから、またどこかで会うかもね!」

日々トレーニングで上っていたら、いつか彼らのように軽々と往復できるようになるのでしょうか?!

楽しそうに枕木をトントンと下りていくワンちゃんの姿が眩しかったです…。

疲れもピークに達してきた頃。

最後の激しい急勾配が出現します。

だんだん振り返って後ろの絶景を見る余裕もなくなってきたうらら。

もう、絶景は頂上に着いた時の楽しみにしよう。

「頑張って!あとちょっとで頂上だから!」

下りてくる人たちがフレンドリーにエールを送ってくれます。

アメリカのトレイルでよくある景色。

彼らの声に後押しされながら、気力で頂上を目指します。

いよいよ、線路の最終地点が見えました!

到着〜〜〜〜〜〜!!!

舞台のような簡易的な展望台スペースに移動すると、そこにはオアフ島の絶景が…!!!!

下に広がる美しい景色に思わず息を飲みました。

遠くには、ダイヤモンドヘッドも見えます!(写真右上)

途中辛かったけど、上って良かった…!達成感で胸がいっぱいになりました。

心地良く吹く風でクールダウン。

みんなでその場に座り、オアフ島の景色をしばらく眺めていました。

「あれ?さらに上があるよ!」

ココヘッドトレイルの頂上は、2段階層になっているようです。

さらに上へと上っていくと、軍事施設の屋上部分が現れました。

そこから見る景色はさらなる大パノラマ!

ハナウマ湾の中も見えるようになりました(写真左上)。

ハワイカイの淡いエメラルドブルーの海と太平洋の真っ青な海。美しく色が変化していくグラデーションもくっきりと見えます。

さらに後ろ側を振り向くとココクレーターとオアフ島南東の海岸線が…!

贅沢な景色に思わずため息が漏れます。

「ここにずっといたい…!!!」

下りが恐怖なこともあり(笑)、しばらく皆で景色を見ながら休憩をしていました。

しかし、流石にずっとい続けるわけにはいかない…!

意を決して、下ることにしました。

正直…、下りこそが辛かったです…!

枕木の幅と歩幅がなかなか合わず、大苦戦!

さらには目の前に広がる急勾配の階段。

かなり個人差が出ると思うのですが、高所恐怖症のうららにはかなりの試練でした。

絶景を見ながら下りたい気持ちもありながら、遠くを見ていると足を踏み外しそうで怖い!

結局足元ばかりを見ていました。

そして帰りも現れたデンジャーゾーン!!

ふと横を見たら、なんと迂回ルートを発見!!

うららは迂回ルートで下りました。

かなり安全!

最初から迂回ルートを通れば良かった!

デンジャーゾーンを過ぎたらあとはひたすら、一直線の道を下りて行くだけ。

下りきった後は、速攻で「Koko Marina Center(ココマリーナセンター)」のファーストフード店に移動し、みんなで炭酸を一気飲み!

ここで飲んだジンジャーエールが人生で一番美味しく感じました笑。

翌日恐ろしいほどの筋肉痛(太腿が…)になりましたが、美しすぎる絶景と上り切ったことへの達成感で、かなり良い思い出になりました!

「また行きたい派」と「もう2度と行かない派」に大きく分かれるらしい、ココヘッドトレイル。

うららは「また行きたい派」です!
(迂回ルートを通って笑)

チャレンジングなアドベンチャー!ココヘッドトレイルで最高の絶景と達成感を味わおう

オアフ島を訪れるなら一度は体験してほしいココヘッドトレイル。

チャレンジングなコースと素晴らしい景色があなたを待っています!

興味のある方は、次のハワイ旅行の計画にぜひ取り入れてみてください。

アクティブで楽しい(時にハード)時間を過ごしながら、心も身体もリフレッシュできること間違いなし♡

かなりインパクトのある思い出になるでしょう。

あなたのハワイ旅行が、より一層特別なものになりますように!

うららのハワイ情報発信はまだまだ続きます。
それでは、A Hui Hou!

関連するまとめ

ノースショアへ行く途中に絶対寄りたい!定番カフェ2選

せっかくノースショア方面へ行くなら、ここだけは行ってほしい!というオススメカフェ2店をご紹介します。

ハワイのクリスマスイルミネーション!ローカルが愛する穴場スポット。無料イベントあり

通年温暖なハワイでも12月になるとクリスマスの飾り付けがあちらこちらで見られます。その中でも絶対おススメイル…

ノースショアの絶景で超感動!ハワイでスカイダイビング体験レポ♡

一生に一度はスカイダイビングを体験してみたいと思う方も多いと思いますが、スカイダイビングをする場所も大切!ス…

Urara

日本⇄Hawaii
大手通信系企業会社員からフリーランスへ転身。
Hawaiiに魅せられ、ソロ旅を繰り返すまでとなった独身ライター女子。
渡航回数30回。現地では常にアクティブに動き回り、Hawaii経験値を日々更新中。
ココヘッドに登るのが好き。