ハワイはゴミが流れ着く場所

アロハ〜、ドルフィン&ユーのスタッフのゆいです。

時代が進むにつれて、どんどんインスタントになる今日この頃ですが、その代償として、ゴミ問題という大きな問題が止まらなくなってきました。

お買い物のプラスチックバック、そして、ペットボトルは、すでに皆さんの意識の中に入ってきていることと思います。ハワイでも、ほとんどのお店で、プラスチックバックが禁止され、その代わりに何度でも使えるバックを配布したりしていますが、これは、まだあまり成功しているとは思えません。何度でも使えるバックは、結局プラスチック製だったり、紙袋だったりするからです。やっぱり、マイエコバックを持って行くべきだと思います。

ペッドボトルにおいては、世界中で1分間に100万本のペットボトルが消費されているそうです。10年前までは、年間で約3000億本でしたが、2016年には、過去最高の4800億本に増えたそうです。今でもリサイクルされずに無駄になるペットボトルがたくさんあると言われていますが、このまま増え続けると一体どうなってしまうんでしょう。

そして、最近注目されてきたのが、ストローです。使い捨てのストローは、特にビーチで最も見られるゴミの一つです。ワシントンポスト紙によると、アメリカでは、毎日約5億本ものプラスチックストローを使っているそうです。この数は、地球を2周半もできるような長さになります。ペットボトルのリサイクルはありますが、ストローは、その細い形状や小ささのためにリサイクルされずに、ただ捨てられることになります。

現在は、スターバックスやマクドナルドでもプラスチック製のストローを廃止する計画を立てているそうです。またすでに紙製のストローを起用しているカフェなどがありますが、紙なので、よれよれになってしまったり、口の中で紙の味がしたりとまだまだ改良が必要なようです。しかもコストが高いそうです。個人的には、そもそもストローなんか使わなければいいのにと思ってしまいますが。

ハワイでは、ビーチ沿いのゴミのほぼ半分がプラスチックだということです。このプラスチックのゴミは、ハワイ島内だけではなく、遠くから流れ着いたものもあります。ハワイ諸島周辺は、海流の関係からゴミが流れ着く場所でもあるんです。特にアジア地域からゴミが多く流れ着いています。そうなると、日本や中国、韓国のみなさんの協力が大きなものになってきます。

海に漂うプラスチックごみは、年間1000万トンと言われています。そして、それらが海洋生物たちの生態系を壊していると問題になっています。ドルフィン&ユーは、ハワイ州のエコツーリズム協会から、エコフレンドリーツアーに認定されており、ハワイの自然や海洋生物を守るべく取り組んでいます。ツアー中もゴミを拾いながらツアーをしています。下のビデオは、ある日のゴミ回収の映像です。楽園ハワイもよく見るとゴミがこんなに漂っています。

海のゴミを回収ードルフィン&ユー - YouTube

出典:YouTube

またドルフィン&ユーのお店「トレジャー&ユー」では、使い捨てプラスチックを減らすため、ハワイに拠点を置くガラスアーティスト、アーリー・ペンバートンと新しいパートナーシップを組み、手作りのガラスのストローを販売しています。

このストロー、飾って置くだけでもすごく可愛いので、使ってないときは、インテリアとして飾り、飲み物を飲むときは、ストローとして使うなど、楽しさと便利さ2倍です。ガラスなので、持ち歩く場合は、ケースなどプロテクトするものも一緒にお持ちくださいね。

マイストローを持ち歩く時代が来るかもしれませんね。みなさまも環境について考えてみてくださいね。

トレジャー&ユーは、ワイキキDFS(Tギャラリア)のすぐ近くです。

Treasure and You
トレジャー&ユー
307 Lewers St. #401
tel: 808-696-4414
open: 7:30 am – 8:00pm

関連するまとめ

アロハガール初の試み!日本のライフスタイルフェスティバルでブース出展

ハワイ好きのための雑誌「ハワイスタイル」などの出版社が提案するライフスタイルを終結したイベント「ライフスタイ…

ハワイの女性のホットパンツをチラチラみて、思ったこと

皆様、ボンキュボンな方が多いのですが、なぜか分かりませんが、セクシーさを感じないのです。 その答えとなる仮説…

関連するキーワード

ドルフィン&ユー

ドルフィン&ユー は、「野生のイルカと泳ぐツアー」を1989年にハワイで初めてスタートしてから今年で32周年を迎えるハワイの元祖ドルフィンスイムツアーです。その間、延べ30万人以上のお客様に笑顔と癒しをお届けしてまりました。2022年12月からは、NOAA(アメリカの自然保護団体)の規定により野生のイルカと泳ぐことが難しくなり「野生のイルカウオッチングツアー」へと変更させていただいております。