1 セカンドハウスとして自分たちだけで利用したい

別荘やセカンドハウスとして、ハワイに自分たちの「もうひとつの家」を持ちたいと考える方のケースです。ハワイの魅力に引き込まれ、毎年のように繰り返しハワイ旅行を楽しんでいる家族なら、「毎回ホテルに宿泊するより、ハワイの自分の家に滞在したい」と思うようになるかもしれません。年に何度もハワイの高級ホテルに家族で滞在するファミリーなら、その滞在費を不動産購入費用にあてることを考えてみても良いでしょう。

ロケーションや間取りなど不動産選びの条件は、いつもビーチに出かけてアクティブに過ごしたいか、静かに非日常の時間を楽しみたいかなど、ハワイ滞在時の過ごし方を基準に考えることが大切です。

また自分たちが滞在しない期間は空き家となるため、セキュリティが確かな物件を選び、信頼できる管理会社に管理を依頼することも必要になるでしょう。

2 セカンドハウスとして使うけれど、利用しないときは収益も確保したい

ハワイの物件は別荘やセカンドハウスとして使うけれど、自分たちが使わない期間はバケーションレンタルとして人に貸し出し、収益を得るという方法もあります。これならハワイに自分の家を持ちながら、半分投資として利用することもできるわけです。

ただバケーションレンタルで利益を出すことを考えるのなら、自分たちの意向だけで物件選びを行うのではなく、ワイキキ中心部などハワイの旅行客に人気の高い物件を選ぶのがおすすめ。また住居用コンドミニアムでは、短期間のレンタルができない物件もあるため、バケーションレンタルが可能な物件を探す必要があります。

またハワイには、コンドミニアムだけれどホテルと同じようにフロントやハウスキーピングなども行っている「ホテルコンドミニアム」タイプの物件も多くありますので、ホテルコンドミニアムの所有も考えてみていいでしょう。

3 投資目的で収益を確保したい

自分で使うことは考えず、完全に投資目的としてハワイに不動産を購入する方も多くいます。ハワイは世界中の投資家が注目する場所のひとつで、不動産取引が活発に行われ、価格も安定しています。さらに長期的に見て、ハワイの不動産価格は上昇し続けており、特にオーシャンビューが特徴の物件や、ハワイのランドマークとなっているダイヤモンドヘッドがきれいに望める物件などは値上がりが期待できます。そのため、日本国内での投資とあわせて、分散投資として海外に不動産を所有するという方も少なくありません。

投資目的での不動産所有なら、旅行客の需要が高いエリアや賃貸に人気のエリアにしぼり、間取りや物件価格などの条件を揃えていくことが大切です。

4 親子留学や日本&ハワイのデュアルライフを満喫したい

インターネットとパソコンがあれば場所を問わず仕事ができるようになってきている現代。働きながら休暇をとる「ワーケーション」という言葉も生まれ、リモートワークやワーケーションを導入する企業も増えてきています。そんな社会変化を背景に、今後人気が高まりそうなのが、日本とハワイを自由に行き来するライフスタイル。企業のオーナーやフリーランスなど、自由度の高い職業の方なら、そんな暮らしをハワイと日本で実現できるかもしれません。

また親子で現地の語学学校に通うといったケースでも、現地に不動産を購入しそこに滞在することもできます。

5 ハワイに移住したい

これまで紹介した4つのケースは、あくまでも生活の拠点は日本にありますが、生活のすべてをハワイに移す完全移住を希望する方もいるでしょう。ただし、ハワイに移住するためには、不動産の購入以前にアメリカで生活するためのビザを取得することが必要です。アメリカ国内に規定額以上の投資を行うことで、永住権を取得する「EB-5プログラム」もあります。

ハワイはリゾート地としても不動産投資先としても、世界でも人気の高い場所。でも、予算やエリア、間取りなどの不動産選びは、目的によって大きく変わるものです。ハワイに物件を所有してどんなことをしたいのか、まずはその目的からクリアにしていきましょう。

アロハ不動産
Aloha Fudosan

TEL03-5962-0775(代表)
FAX03-5962-0774

関連するまとめ

~ハワイ不動産ミニ辞典~

ハワイの不動産に興味があるけど、専門用語が分からず、何のこっちゃ?とおもっているそこのあなた~、、、。 とり…

ハワイの不動産購入の第一歩「オープンハウス」とは

ハワイの不動産購入を考えるのなら、ぜひ積極的に利用したいのが毎週各地で開かれている「オープンハウス」です。そ…

移民法専門弁護士ミチコ先生に聞く!ハワイで夢を叶えるということ

トランプ政権後に大きく変化したアメリカの移民法。ハワイでの起業や結婚などでのビザ取得、グリーンカード取得を目…