条件 1  オーシャンビュー&オーシャンフロント

ハワイの不動産価値で最も重視されるといっても過言ではないのが、物件からの「眺望」です。ハワイでは、コバルトブルーに輝く美しい海が最大の魅力。そのため、リビングルームやベッドルームなどの居室から海が一面に臨める物件は、時を経ても大きな魅力としてアピールできます。サンセットやマリーナ、公園の緑なども眺めることができれば、さらにポイントもアップします。

また建物のすぐ目の前がビーチという「オーシャンフロント」はさらに価値が高い物件となります。現在の建築法ではビーチからすぐの場所に高層の建物は建てられないため、現在ハワイにあるオーシャンフロントの物件は、建築基準法が制定される前に建てられた古い物件のみ。例えばダイヤモンドヘッドの麓にある地域は「ゴールドコースト」と呼ばれる、特に希少価値が高いエリアとして知られています。

条件 2  ダイヤモンドヘッドビュー

ハワイを象徴するのが、ダイヤモンドヘッド。そのためダイヤモンドヘッドがきれいに眺められる物件も、価値が高くなります。ダイヤモンドヘッドは普段は茶色の岩肌が見えますが、雨が多い雨季になると緑が茂り青々と見えます。そんな季節の移り変わりを、ダイヤモンドヘッドを眺めて感じられるなんて、最高の贅沢かもしれません。ダイヤモンドヘッドビューに加え、オーシャンビューも楽しめると、さらに物件の評価は上がります。

条件 3  高層階

コンドミニアムであれば、日本と同じように、低層階よりも高層階の方が価格は上がるもの。階数が上がれば眺望も良くなっていくため、高いフロアの物件の方が価値が落ちにくいでしょう。

ちなみに、ハワイではオーシャンビューの物件が人気ですが、昼間は山の緑を眺められて、夜には町の夜景を楽しめる山側の物件も好まれます。高層階から望むマウンテンビューも、また格別の美しさがあります。

条件 4   コンドミニアムの共用施設の充実度

コンドミニアムの場合、施設の共用施設も注目するべきポイントです。プールやBBQエリアは多くの物件にありますが、高級物件ならそれに加えてパーティルームやジムスペース、シアタールーム、エステルームなどが用意されているものもあります。ラグジュアリーホテルにも引けを取らない、充実した共用施設があると、「住みたい」という人がコンドミニアム全体の価値もも落ちにくくなります。

条件 5  人気の地区

日本でも高級住宅街と呼ばれる地域は、そのエリアにあるだけで物件の価値が高く維持されるもの。それと同じように、ハワイでも価値の高いエリアがあります。例えばカハラ地区は、昔から高級物件が建ち並ぶ住宅街。そのほか、近年の開発が目覚ましいカカアコ地区も、注目度が高いエリアです。

またワイキキは多くの観光客の拠点となる場所のため、旅行者の需要が高く資産価値が落ちにくい場所と言われています。

オアフ島のおすすめ物件

ここで紹介した条件にあてはまる物件には、例えば「ロイヤルクヒオ」があります。ワイキキの中心という便利なロケーションにありながら、高層階からはワイキキビーチも眺めることができて、旅行者にとっても定番のコンドミニアム。

さらに「ワイキキ・バニヤン」や「ワイキキ・サンセット」も、ワイキキビーチまで徒歩圏で眺望も良いと人気の物件です。

売却時の価値をさらに上げるためには、リノベーションを行うほか、マーケットの動向を見て適したタイミングを見計らうといったことも大切になります。

しかしハワイで高い資産価値をキープするのなら、物件選びの際、これらの条件について確認してみてはいかがでしょうか?

アロハ不動産
Aloha Fudosan

TEL03-5962-0775(代表)
FAX03-5962-0774

関連するまとめ

不動産でいうクロージングって何のこと?

ハワイで物件を購入する際、オファーが受け入れられてから45日~90日以内に決済となります。この決済日のことを…

みるみる分かる!ハワイの家『賃貸VS購入』どちらがお得?

知っていますか? ハワイで3ベッドルームを借りた場合の家賃。 なんと平均月2,691ドル!もします。 …

【ハワイの不動産の基本】コンドミニアムとは?家の種類

ハワイの不動産選びをする上で最初に戸惑ってしまうのが、家の種類や呼び方です。ハワイでは日本語とは違う意味で使…

関連するキーワード