ハワイでの不動産エージェントの役割は?

ハワイで不動産取引を行うとき、売り手は売り手の不動産エージェントが、買い手には買い手の不動産エージェントつきます。取引を行うときは担当エージェント同士が連絡を取り、売り手と買い手が直接会ったり交渉したりすることはありません。また1つの不動産会社または不動産エージェントが、売り手と買い手の双方を仲介する「両手取引」という概念はありません。

買い手側のエージェントの役割としては、買い手の要望を聞き取り、その条件に見合った物件を紹介し、内覧を希望する場合はその物件を管理するエージェントに内覧希望の申し込みを入れ、内覧の案内を行います。さらに買い手と売り手の条件が見合ったら、契約が完了するまで、必要書類のやりとりや次のプロセスの案内など、手取り足取り買い手をサポートしていくことになります。

ハワイの不動産物件はMLSで一元管理

ハワイで売りに出されている不動産物件は、全米リアルター協会の「MLS(Multiple Listing Service)」という物件情報データベースに登録され、ここで一元管理されます。つまり、日本のように不動産会社ごとに取り扱う物件が異なるのではなく、ハワイではどの不動産会社、どの不動産エージェントを利用しても、取り扱える物件は同じということになります。そのため、買い手の要望をくみ取っていかに最適な物件を選んでくるかが、担当エージェントの腕の見せ所にもなるわけです。

不動産エージェントの手数料は?

ハワイでの不動産取引におけるエージェントの手数料は、取引価格のおよそ6%。これを3%ずつ、売り手側のエージェントと買い手側のエージェントが受け取ることになります。しかしこの手数料を支払うのは、売り手側のみと決められています。そのため不動産を購入する側にとっては、不動産エージェントに支払う手数料は一切かからないこととなります。

信頼できるエージェントを選ぶときのポイント

信頼できる不動産エージェントを選ぶとき、次のようなポイントを確認するようにしてみましょう。

(1)日本人エージェント

日本人の方がハワイでの不動産探しを行うのなら、やはり日本人のエージェントが安心できるはず。もちろん英語でのコミュニケーションが可能な方なら現地のエージェントでも問題はありませんが、日本語でやりとりできて、日本人のライフスタイルや考え方を理解してもらえることは、きっと重要なポイントになるはずです。ハワイには、不動産エージェントとして活躍している日本人の方もたくさんいます。

(2)日本とのやりとりの経験が豊富

日本にいる方がハワイの不動産購入を行うのなら、日本とハワイの間で書類のやりとりなども必要になります。日本人のクライアントを多く持ち、日本とのやりとりに慣れているエージェントなら、安心してサポートをお願いできるでしょう。

(3)エージェントの得意分野を確認する

投資物件として不動産の購入を考えているのなら、投資物件を多く取り扱った経験があるエージェントがやはりおすすめ。エージェントによっても、投資物件や商業物件が得意な方など、それぞれの特徴があるため、目的にあったエージェントを選ぶようにしましょう。

(4)コミュニケーションの取りやすさ

担当エージェントとは、メールや電話、インターネット電話などを使って、頻繁に連絡を取り合うことになります。そのためコミュニケーションが取りやすく、レスポンスがすぐに返ってくる相手がおすすめです。また当然ながら、人と人との相性というものもあります。「この人なら任せられる」と感じられるかどうかも、大切なポイントになるかもしれません。

自分の担当エージェントは、物件探しを始める前にできれば決めておきたいところ。ただ、なかなか良い人と巡り会えないと感じていたら、物件探しと並行しながら行ってもいいかもしれません。同じ不動産会社であっても、担当者が変われば相性の良い人と出会える可能性だってあります。気持ちよくハワイの不動産購入を進めるためにも、まずはエージェント選びから考えてみましょう。

アロハ不動産
Aloha Fudosan

TEL03-5962-0775(代表)
FAX03-5962-0774

関連するまとめ

【ハワイの不動産の基本】コンドミニアムとは?家の種類

ハワイの不動産選びをする上で最初に戸惑ってしまうのが、家の種類や呼び方です。ハワイでは日本語とは違う意味で使…

必見!ハワイのホテル以外のお得な3つの滞在方法

最近、ワイキキのホテルの宿泊代が高くなっているとよく耳にします。限られた土地にこれ以上ホテルの部屋数を増やす…

不動産でいうクロージングって何のこと?

ハワイで物件を購入する際、オファーが受け入れられてから45日~90日以内に決済となります。この決済日のことを…