1 住みたいエリアを決める

まずはハワイのどこに住みたいか、希望するエリアを決めます。地域により賃料の相場も異なりますので、勤務地や子どもの学校へのアクセスなどを考えて、どのエリアに住みたいか選びましょう。観光業や旅行業の中心地となるのはワイキキで、ハワイで最初に暮らす場所としてワイキキを希望する方も多いでしょう。ワイキキに勤務地や学校がある方にとっては便利なエリアですが、家賃は全体的に高めです。一方再開発計画が進むカカアコやアラモアナ周辺も、ワイキキに近く住みやすいエリアとして知られています。

2 住みたい物件のタイプを決める

住みたいエリアを決めるのと同時に、希望する間取りや条件についても考える必要があります。ひとり暮らしならスタジオ(ワンルーム)で十分かもしれませんが、家族がいる場合は1ベッドルーム(1LDK)、2ベッドルーム(2LDK)なども検討しましょう。さらに家具付きの物件、駐車場付きの物件、各部屋に洗濯機と乾燥機が付いている物件を希望するか、高層のコンドミニアムが良い、共用施設が充実した施設が良いなど、希望の条件も考えておきましょう。賃貸物件探しでは、すべての希望に見合う物件と出あえることはないかもしれませんが、譲れない条件とそうでない条件を考えておくと良いでしょう。またハワイにはペット飼育可の物件もありますが、ペットの大きさに制限が設けられていることも多くあります。

3 賃貸物件を探す

ハワイで賃貸物件を探す際、もっとも一般的なのがインターネットを使った方法。在住者の間ではアメリカで有名な情報ウェブサイト「クレイグスリスト(Craigslist)」を使って物件を探す方法が人気です。また地元新聞「ホノルルスターアドバタイザー」に掲載されている物件情報を見る方法もあります。ただインターネットに掲載されている物件の中には、デポジット(預り金)を先に要求するような詐欺まがいの情報もまぎれている場合がありますので、ご注意ください。

「アロハ不動産」では賃貸物件の紹介も行っており、希望のエリアや間取りなどの条件で物件検索ができます。気になる物件があれば担当する不動産会社や日本人エージェントの連絡先もわかりますので、日本人の方も安心してご利用いただけます。

4 内覧する

インターネットなどで興味のある物件を見つけたら、必ず内覧を申し込みましょう。インターネットに掲載されていた写真以外の部分はどうなっているか、部屋の細部まで自分の目で確認することが大切です。さらに物件の周辺の治安面についても、問題がないかぜひ確認しましょう。内覧して気に入らない場合は、断ることもできます。

5 申込書を提出する

物件を気に入って賃貸を希望する場合は、その旨を不動産会社やオーナーへ伝えましょう。不動産会社を通じて申し込みする場合は、不動産会社が用意する申込用紙に必要事項を記入します。この情報をもとに審査が行われます。

物件を所有するオーナーから直接借りる場合は、オーナーが用意する申込用紙に必要事項を記入して、プロセスについても確認しましょう。

6 必要書類を提出する

申込書とあわせて、さまざまな書類の提出も求められます。提出が必要なものは、クレジットレポートや給与明細などです。アメリカに初めて暮らす方や住み始めて間もない方などクレジットヒストリーがない方は、銀行の残高証明書や職場の雇用証明書などが必要になることも多いでしょう。

また契約する場合には、家賃1ヶ月分のデポジット(預り金)と、最初の1ヶ月の家賃を前払いし、不動産会社への仲介手数料はないことが一般的。デポジットは解約時に返金されますが、退出する際必要な修理箇所があった場合、そこから清算されます。

7 契約を結ぶ

審査でOKが出ると、最終的に契約を結ぶことになります。賃貸期間がいつからになるのか、鍵の引き渡しなどについて確認して、これで契約はすべて終了です。万が一水漏れや備え付け家電の故障などが起きた場合の緊急連絡先なども確認しておくと安心です。

関連するまとめ

ハワイ不動産 ホテル? コンド? コンドテル?

ハワイの不動産は高いと思っていませんか?比較的手ごろな値段で購入できる物件も実はあります。

コロナで金利が低下!リファイナンスで抑えておきたいポイント6つ

新型コロナウイルスの感染拡大で世界経済が打撃を受け、それによってアメリカの住宅ローンの金利が下がっています。…

ハワイ島在住不動産エージェントに聞いた 購入前に知っておきたい、ハワイ島不動産の魅力…

オアフ島から飛行機で約45分のハワイ島は、トロピカルな果樹や花に囲まれたハワイ州の中で1番大きい島。カメハメ…

関連するキーワード