マッチングアプリの闇!実際に遭遇した恐怖体験から対策を練ろう

「美しい楽園ハワイで、憧れのハワイ男子との出会いを果たしたい!」

そんな女子の夢を叶えるきっかけをくれるマッチングアプリ。

しかし、時としてその裏には知られざる闇が潜んでいることもあります!

今回は、実際に遭遇した恐怖体験の暴露大会第2弾。危険な目に遭わないための対策も併せてお伝えします。

起きてしまってからでは、時すでに遅し!

事前にできる回避方法を知って、不安なく安全で楽しいマッチングアプリ体験をしましょう。

恐怖体験③夜の営みでの大失敗編

恐怖体験最終章は、いよいよ踏み込んで夜の営み中の大失敗談と対策を公開します。

そう、あれはうららが奔放モードになっていた頃のこと…。

恐怖体験②のG君とは、

「こないだはいきなりごめんね」

という彼からの謝罪電話をきっかけに、再びやりとりをするようになりました。

2回目のデートは、ハッピアワーの時間に食事にいき、健全に終了。G君がうららの滞在先近くまで送ってくれ、爽やかに解散となりました。

そして、3回目のデート。

「友達がアラモアナのレストランバーで生演奏するらしいから、一緒に来ない?」

とのお誘いが。

興味があったので、一緒に行くことにしました。

生演奏で流れるハワイアンレゲエはお店の雰囲気にもピッタリで心地良く、美味しいご飯とお酒と一緒に楽しく時間を過ごしたうらら達。

時間はあっという間に過ぎ、帰る時間になりました。

「あー!楽しかった〜!」

アラモアナからワイキキへ向かうG君とうらら。

ワイキキに差しかかった頃にG君が

「もう少し飲まない?」

と言ってきました。

「うーん、もうやってるお店ないよ」

そう、ハワイはお店の閉店時間が日本と比べて早いのです!

大体22:00~23:00ごろに閉まるお店がほとんど。
(割と健全で良いなと個人的には思っている!)

「うん、僕の家に今ワインあるから、良かったら」

ついに家への誘いが来ました。

「これは!!」と酔っ払いながらも思ったのですが、G君のことは前よりも分かったし、今この瞬間は楽しいしなぁ…。

ということで、結局G君家に寄ることに…!!!
(あー…って思った読者の方がどれだけいるだろう…!)

途中で、うららが飲みたいお酒も買って、訪問しました。
(この時に買った、日本のスパークリング日本酒「澪」がなんと$11!ハワイだと輸入品だもんなぁ…)

体育会系のG君の家は、トレーニング用の器具やアイテムが並んでいたり、壁にはユニフォームが飾られていました。

しばらくは、買ってきたお酒とG君の家にあったワインを飲みながら、テレビを観ていたうらら達。

だんだん距離が近づき、カハラ再び状態に。

「移動しよう」

G君に部屋に案内され、結局3回目のデートで、G君のハワイと出くわすことに。(表現ごめんなさい…)

しかし、そこで恐怖体験が起きました。

いざ、夜の営みをする時の英語に慣れていなかった…!!!

たまにG君が何を言ってるのかが分からないうらら。

「???」

な、何だ?
何を言っているんだ??

とはいえ、深く考えている時間がある訳でもなく…。

「〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜?」

最後の方に、G君が何かを聞いてました。

もう分からないけど、「Yes」って言っとこ!

「Yes」と言った瞬間、G君のハワイが…!

(?!ちょっと待てよ?!)

そう思った直後、

「あ!G君だめ!」

「え?!!!」

時すでに遅し…。

G君はうららの中で果てたのでした…。

「G君、私ピル飲んでないよ!」

「え?!!!さっきYesって言ってたよ?!」

どうやらさっきの質問は、

「ピル飲んでる?このまま続けていい?」

ということだったようです…。

そんな英語知らないよ…。

急いでシャワーへ向かううらら。

ロマンチックな雰囲気は一気になくなりバタバタし出す2人。

体調管理をしているアプリを見たら、危険日に入っている…。

何かあった場合は、どうしよう…。

とりあえず日本に帰っていたとしても、何かあったらG君に言おう…。

そうなった場合は、G君はどうなる?

色々考えたら一気に全てが不安になってきました。

結果的に、何事もなかったことが後日わかり安心したのですが、わかるまでは頭の中でずっとモヤモヤが残り続け、緊張と恐怖の時間でした。

恐怖体験をしないための事前対策!

毎度ではありますが、今回も恐怖体験を事前に防ぐ方法はあったなと大反省しています…。

身体にも将来にも関わることなので、やはり慎重に臨むべき。

女子ができる危険回避対策をお伝えしていきます。

①セックスは慎重に

一番はこちらです。

自分を大切にすること。

その瞬間の楽しさや快楽、お互いに気持ちがあれば、ときめき、愛、と得られるものもたくさんありますが、妊娠や性感染症などで、人生が大幅に変わることもあります。

相手を受け入れるかどうかもそうですが、何かがあった時に後悔をしないように、避妊も含めて、慎重に判断、臨んでいきましょう。
(自戒です…!)

②避妊の対策は自分でもしておく

日本では男性主体の避妊(コンドーム)が多数なのに対し、欧米ではピルや避妊手術、子宮内避妊具という形で、女性主体の避妊方法にも多くの選択肢があります。

国連による、「各国で使われている避妊法」調査(2019年)では、米国男性がコンドームを使う割合は日本男性の4分の1ほどの割合と出ていました。

日本の慣習を常識としていたうらら。

確かに男子に頼ってしまっていたな、と大反省。

セックスに対しても、欧米では考え方や行動が違ってくる、ということを改めて学んだ今回の出来ごとでした。

セックスをする時に相手と確認することも大切ですし、女子自身もコンドームやピルなどで対策ができるようにしましょう。

③セックスの時に使う英語は事前に勉強しておく

今回は、英語でのコミュニケーションが上手くとれなかったことで起きた出来事でした。

ご飯や移動の時は、つたないながらも時にアプリを駆使して、割と相手と会話できていたのに…!

いざセックス、となるとボキャブラリーほぼゼロの自分がいました…。
(そして、そんな時にアプリを使っている時間も余裕もない…)

このようなすれ違いを防ぐためにも、基本的なことを伝えられるほどのボキャブラリーは必要だなと強く感じました…!

相手とお互いへの理解を深めながらのセックスの方が、より良い体験もできますよね。

ですので、ベッド英会話の知識もかなり大事!!!

セックスの時によく使われるフレーズについては、別記事でまとめていこうと思います。

一緒に勉強しましょう!

とにかく自分を大切に!事前にできる危険回避対策で安全なデート体験を

今回は、マッチングアプリで遭遇した恐怖体験と事前にできる対策の第3弾をお伝えしました。

セックスは誰にとっても特別な瞬間ですが、その前にはきちんとした判断やコミュニケーション、避妊のための対策が必要です。

海外で体験する場合には、言語やその国の考え方や慣習も知っておいた方が良いでしょう。

基本知識を持つことと冷静な判断をすること、相手とのコミュニケーションをしっかりとることで、良いセックス体験を!

これまでの恐怖体験を振り返ると、うららの場合は、自分自身の反省点も多い出来事でした。

勢いで突き進んでいたうららですが、やはり自分のことは大切にしないといけないなと改めて思いました。

そして海外であることも忘れてはならぬ。

自分自身をしっかり守りながら、滞在先での体験をしていこう!

うららのマッチングアプリ体験レポートはまだまだ続きます!
それでは、A Hui Hou!

関連するまとめ

【ハワイマッチングアプリ】ハワイ男子と行く!オアフ島絶景スポット ⑧カカアコウォータ…

【 体験者が語る!ハワイマッチングアプリの実情 】ハワイに魅せられ、ソロ旅を繰り返すまでとなった独身ライター…

【ハワイマッチングアプリ】メッセージを盛り上げる♡すぐに使える英略語を徹底解説!

【体験者が語る!ハワイマッチングアプリの実情】ハワイに魅せられ、ソロ旅を繰り返すまでとなった独身ライター女子…

人種や宗教を超えて・・ホノルル妙法寺住職が「幸せお稽古」出版!

ハワイの人たちの心のよりどころである「日蓮宗ホノルル妙法寺」。山村尚正住職による幸せへの手引き書が出版されま…

関連するキーワード

Urara

日本⇄Hawaii
大手通信系企業会社員からフリーランスへ転身。
Hawaiiに魅せられ、ソロ旅を繰り返すまでとなった独身ライター女子。
渡航回数30回。現地では常にアクティブに動き回り、Hawaii経験値を日々更新中。
ココヘッドに登るのが好き。